« 改めてサンフレッチェ | トップページ | 中山発言 »

2008.09.25

麻生内閣発進

麻生太郎さんが第92代首相に選ばれました。
そして、内閣が麻生さんのもとで発足。
早速マスコミはワイノワイノと言っています。
上記朝日新聞では「選挙管理内閣」だそうです。
あと「ワンマン内閣」やらいろいろ言われています。
ここでは改めて閣僚の一人、一人を取り上げませんが、
国民庶民の暮らしに直接影響ありそうで、しかも国民の代弁者に本当になってくれるかどうか、要注意、いや、要注目の閣僚先生を見ていきます。

官房長官には、河村建夫元文部科学大臣。
教育基本法改悪法案の国会提出に反対し、改悪を阻止する運動に全力を尽くす決議を自由法曹団が提出した時の文部科学省大臣。
「教育勅語」を「大事な倫理力がある」と賛美していました。
中川昭一さん。
この人も過去には失言が多くていつもマスコミを騒がさせていました。ソフトな雰囲気とは別になかなかの強面な中川さんです。財務相兼金融担当大臣です。
中曽根さんは外務大臣。この方も強硬路線派です。

経済部門では、二階俊博経済産業大臣と与謝野馨経済財政担当大臣。
「消費税10%」の主張論者です。
舛添さんは厚生労働大臣続投。

防衛大臣は浜田靖一さん。
問題多き農水大臣は石破茂さん。

ザザッと見ただけでも、かなり改憲推進派が多い内閣ですね。
うううう=====ん。
これは、ちょいと今後をしっかり見ていく必要がありそうですね、、、

政府自身の調査でも「生活が苦しい」と訴える国民が6割近くになっている今、
本当にすべき事は何か?
輸入米問題。
金融ショック。
医療問題。
景気問題。
まだまだ山積みのこれらの問題に関して、表面的、つけ刃的な解決ではなく、
根本の問題を見据えて、じっくりと取りかかってほしいものです。


さてさて、
話は変わり、麻生さん 自民党政調会長時代の座右の銘は、
「天下為公 」です。
為公会と言う麻生さんの政策集団もあるくらいです。
もともとは礼記にある言葉です。中国革命の父と呼ばれる、孫文が好んで使ったと言われ、
「天下国家は君主の私物ではなく、公(そこに暮らす全ての人々)の為のものであるべき」と言うものです。

ふぅ〜〜〜〜〜ん。
改めて麻生さんの「公」の意味を考えると、
これは、そこに暮らす全ての人々というよりは、国家(しかもこの国家、ちょっとばかりちょっとばかり、、、なきがします)のような雰囲気ですね〜〜〜〜

ここで麻生さんご自慢の華やかなる先祖、祖父の座右の銘はいかなるものかと、調べてみました。
大久保利通は「為政清明」[堅忍不抜」です。
政治を行うものは清らかでなければならない死の直前に書いたと言う 為政清明。
また、どんなことがあっても心を動かさず、じっと我慢して堪え忍ぶこと言う事で「堅忍不抜」。
私腹を肥やさなかった人として有名です。

祖父の吉田茂氏。
「大志を抱けば天下何ものか恐れるに足らず」。

ふっ〜〜〜〜〜
大志ですかぁ。
さてさて、この大志ですが、
どんな大志か、気になるところです。


と、言う事で麻生さん。
これからどんな政治を展開してくれるのか、注目です!!!

|

« 改めてサンフレッチェ | トップページ | 中山発言 »

コメント


麻生は好きでないですね
部落差別発言や大韓民国人の差別までしやがりました

>大志ですかぁ。
>さてさて、この大志ですが、
>どんな大志か、気になるところです。

わたしは期待していません
古来日本人は何一つ成し遂げたこともないし
アジアと世界に迷惑しか掛けていません・・・
麻生も同じです

>中国革命の父と呼ばれる、孫文が好んで使ったと言われ

あの孫文氏の言葉を麻生が使うとは許せませんよね?
あの人は何を考えているのでしょうw

投稿: 金 | 2008.09.26 05:38

金さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

麻生さん、いろいろ問題発言、失言が多いですね、、、
人権感覚、民族感覚、
ちょいと、前近代的なところがありますね。
国際社会や民主主義国家に齟齬を来すのではと危ぶまれます。
また経済感覚も庶民とはかけ離れ、これまた大変です。
今後、どうなるか、、、
本当に、目が離せませんね。


>あの孫文氏の言葉を麻生が使うとは許せません>よね?
>あの人は何を考えているのでしょうw

本当に、何を考えていらっしゃるのでしょうね???
フ====ム

投稿: せとともこ | 2008.09.26 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/42587255

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生内閣発進:

» 麻生太郎首相の衆議院解散を占う [逝きし世の面影]
『意味不明の地味な麻生太郎内閣』 今回の組閣の評判が悪い。 『超お友達内閣』とか、『俺様だけ目立てばよい内閣』とか。一般のマスコミの褒め言葉(ご祝儀)が全く無い。 選挙で勝つ為の華やかさが無い。サプライズ人事とは到底いえない地味さ。 名前を知られた政治家の名前が殆ど無い。 かといって各省庁の専門家、実務家集団とはいえない派閥重視の順送り大臣が目立つ。「目立たない」のが目立つようでは救いが無い。 何時もなら自民党新内閣なら必ず褒める週刊新潮までが辛口で全く褒めていない四面楚歌状態。 何の為に麻生太... [続きを読む]

受信: 2008.10.05 13:49

« 改めてサンフレッチェ | トップページ | 中山発言 »