« リーマンの綻びから見えてくるものは? | トップページ | 水伝汚染が広がりつつあるのか? »

2008.09.20

再び景気後退期?

昨年の民間給与、10年ぶり増加 国税庁調査と言うニュース。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
民間企業に勤める人が昨年1年間に受け取った平均給与は437万2000円と、前年を0.5%(2万3000円)上回り、1997年以来10年ぶりに増加したことが19日、国税庁の民間給与実態統計調査で分かった。
景気拡大がようやく給与の増加に結び付いた形だが、専門家は「すでに景気後退期で2008年は再びマイナス」と予想している。
昨年1年間を通じて民間企業に勤めた給与所得者は前年比1.3%増の4542万5000人。給与総額は同1.8%増の198兆5896億円だった。いずれも2年ぶりに増加に転じた
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

実感が伴わないのですが、、、
景気拡大かぁ????
一方、同調査では、
年収200万円以下の給与所得者の人数が昨年に続き1000万人を超えています。

給与所得者4543万人。
年収100万円以下の階層が366万人。
100万円〜200万円以下の階層が666万人。
前の調査では200万円以下の階層は1023万人。
約10万人増加。
また高額階層も前よりは増えています。
次第に中間層が少なくなり、格差が広がりつつあると言う事なのでしょうか?

さらに見ると、
平均給与を業種別。
最も高いのは金融・保険業の691万円で、次いで情報通信業の630万円となっており、最も低いのは飲食店,宿泊業の273万円となっている。(国税庁HPより)。
最も高いのは金融とか保険とか情報通信かぁ〜〜〜〜
低いのは飲食店や宿泊業だそうですが。
私たちの生活に直結している衣食住がいじめられているのかな?
集計に当たり、パート、アルバイト、正規・非正規等の給与所得者の従業上の地位は区分していないと言う事なのでパートやアルバイトの方々が多いのだと思いますね、この分野は。


で、
先のニッケイのニュース、
〜〜専門家は「すでに景気後退期で2008年は再びマイナス」と予想している〜〜
とのことですが、私もそう思います。
すでに景気後退期突入。
と、いうか回復期なんてあったけ???

|

« リーマンの綻びから見えてくるものは? | トップページ | 水伝汚染が広がりつつあるのか? »

コメント

昨年平均給与が0.5%上昇したそうですが、定率減税廃止などの税負担の増が何倍も大きく、可処分所得は下がりっぱなしです。だから生活は苦しくなる一方です。ここ数年の戦後最長と言われる景気拡大も、一部で感無景気と呼ばれるほど実感の無い景気回復でした。それは労働者を派遣社員にし、中小企業の納入価格を抑え、工場を海外に移転し、成果主義を導入しその目的は総給与の抑制にある等の結果の大企業のみの収益回復だったからです。しかし労働者の給与にほとんど反映されないまま、日本経済は未曾有の大不況突入目前です。最近の調査で日本人の消費マインドは失われた10年、バブル崩壊の時より、今のほうが低い史上最悪なのです。昨年10月の住宅着工件数は耐震偽装の影響による改正のため、着工件数は過去最低で半減してしまいました。自動車も若者の半数が派遣社員では買えませんし、売れません。住宅と自動車この裾野の広い業種が大幅に落ち込めば不況は深刻です。そのうえに日銀の超低金利政策の弊害で、円キャリーとして外資の投機マネー40%の原資になっています。超低金利政策は原油価格高騰等の原因である外資の投機マネーになっているだけでなく、日本国民に本来払われるべき利息を100兆円以上も失わせています。実質その本来国民に払われるべき利息で銀行の不良債権も処理をしました。処理後も銀行の利益のため、また外資の投機マネーのために、構造改革派、上げ潮派は絶対に超低金利政策の緩和に反対しています。
私は諸悪の根源に日銀の超低金利政策があると思っています。以上のように多くの国民は可処分所得が減る一方なのですから、循環型の景気拡大するはずがありません。コイズミカイカクそのものが多くの国民の購買力を失わせる政策の連鎖でした。それを主導した竹中平蔵が、今頃テレビで日本は米国よりも活力が無いと嘆く資格は全く無いと私は思うのです。

投稿: scotti | 2008.09.21 00:18

scotti さん。
おはようございます。
示唆に富むコメントありがとうございます。

定額減税。
本当に腹立たしい。
確定申告するたびに、政治の冷たさを思っています。
このごろになって公明党、選挙対策か、定額減税復活なんて言い出していますが、
舛添さんの後期高齢者見直しに関しても同様です。
選挙のためのリップサービスなのでしょう。
こんなときだからこそ、ますます国民の声を大きくしていく必要を感じています。

なお、日銀の超低金利政策に対しては、
以前「量的緩和」というエントリーで言及した事があります。
お時間がございましたら、またご覧頂けると嬉しく思います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://ts.way-nifty.com/makura/2006/03/post_ef54.html
http://ts.way-nifty.com/makura/2006/03/post_8a9c.html
http://ts.way-nifty.com/makura/2006/03/post_d9c1.html
http://ts.way-nifty.com/makura/2006/03/post_463c.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


では、またね♪

投稿: せとともこ | 2008.09.21 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/42533335

この記事へのトラックバック一覧です: 再び景気後退期?:

» 民の声は天の声。 「下野」の天命も降りたぞ。 [ブログ blog で 情報交換]
総裁選の勢いを維持したまま早期の衆院解散・総選挙に打って出る-。こうした与党の戦 [続きを読む]

受信: 2008.09.21 21:45

« リーマンの綻びから見えてくるものは? | トップページ | 水伝汚染が広がりつつあるのか? »