« 不当逮捕ではないでしょうか? | トップページ | 麻生邸見学ツアー逮捕劇  さらに感じた事 »

2008.10.28

緊急市場安定化策:決定と言うが

緊急市場安定化策:決定 銀行保有株、買い取り年度内と言う事で予想通り、税金投入で銀行を救うことになりそうです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
政府は法整備が必要なものを除き、手続きが整い次第、緊急安定化策を順次実行していく方針。今国会で成立を目指す金融機能強化法改正案の公的資金による資本注入枠を2兆円から10兆円規模に拡充するほか、「銀行等保有株式取得機構」と日銀による銀行保有株式などの買い取りも年度内に再開したい考えだ。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
強き者、汝の名は金持ちなり。
弱気もの、汝の名は貧乏人なり、、、
かぁ〜〜〜〜〜

国民にはやたら「自己責任」を押し付けるのですが、
金融機関にはこの自己責任とやらはなさそうです。
勿論、当面の危機回避のために救済策は必要ですが、今回のように、そもそもの金融業界の責任は曖昧にして、公的資金だけ投入していくやり方は、問題の解決にはならないと考えます。
自己責任さえない国民にツケと痛みを押し付けて、
一体、この国の政治は何を守り、何を豊かにしたいのでしょうか???
ふふふ。答えはアレよ。
アメリカと大企業と金融とそして私。
なぁんて言わないでね、麻生さん>

「日本の公的資金投入の経験」。
かなり自信がおありの麻生さん。

が、識者によれば、
90年代の金融危機のために、欧米にくらべてアメリカ型「金融モデル」の採用が遅れたことによるもので、アメリカ型の破綻を反面教師にして、自らの経験に活かしたゆえに大きくこけなかったそうです。

詳しく見ると、90年代後半から総額46.6兆円の公的資金が当時投入されました。
公的資金の投入と引き換えに、銀行には徹底的な「経営健全化」が強制され、90年に12行あった都市銀行は、今日までに、三菱UFJ、みずほ、三井住友の三大メガ・バンク体制に、ほぼ統合・再編。
銀行の名前がドンドン変わっていった時代です。
名前だけでなく多くの銀行員がリストラの憂き目にあったりと、銀行「合理化」の嵐が列島を吹き荒れていました。

そして、銀行再建の御旗のもと、異常な低金利政策が国民に押しかぶさった時代です。
少ないながらもそれまでチョイチョイとしていた貯金の楽しみがなくなりました。
そうそう、手数料の負担。
自分のお金をおろすのになんで手数料なんやぁ〜〜〜と思ったものです。
また、国は銀行に税金も大幅に減免。
こんな、あんなの手厚い法のおかげで復活した大銀行。
このやり方のどこを経験として活かせというのでしょうか?
あっそうか。
国民から徹底的に絞れ、、、ということか。
なるほど。
納得。
そんな経験を鼻高々にご披露して来たのでしょうか?麻生さんは国際会議で。

そして、当時よりもっと深刻になった銀行の中小企業への「貸し渋り」「貸しはがし」。
また、消費税率をあげる公算はバッチリの現政権。
これについては自己責任なんていうんでしょうかね?
歳をとるのは自己責任でっせ。
公立の学校に行かないのも自己責任でっせ。
食事も医療もそれから、それからなんでもかんでも、国民は「自己責任」です。
いやなら、出ていってくれ、、、
なんて、大阪の知事は言うのかもしれないが、そんな事言ったら、
誰もいなくなる、、、のでは。橋下さん>

あらっ?
金融について書こうと思ったのに、
いつのまにか橋下語録になったのですが、
お二人は似ているのでしょうか???

|

« 不当逮捕ではないでしょうか? | トップページ | 麻生邸見学ツアー逮捕劇  さらに感じた事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/42932040

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急市場安定化策:決定と言うが:

« 不当逮捕ではないでしょうか? | トップページ | 麻生邸見学ツアー逮捕劇  さらに感じた事 »