« サンフレッチェ優勝 | トップページ | 国会本格始動? »

2008.10.02

清原引退

清原選手引退
昨夜遅く帰宅してテレビをつけると、
清原和博選手の引退試合の模様が映し出されていました。
清原和博41歳。
そうかぁ、、、41歳になったのか、清原。
今の清原、そして23年前の清原、、、
テレビは過去に、現在に、そして過去にと、私たちを清原とともに誘ってくれます。
気がつくと私はうっすらと泣いていました。
清原の最後の挨拶や清原の入団のときのアレコレ、そして巨人との日本シリーズ。
走馬灯のように流れる過去は、
少なからず私も走っていたのだから、、、

清原が西武に入団した頃は、私は夫の影響でライオンズ贔屓でした。
以前、スローカーブを、もう一球と言うタイトルでライオンズファンだった頃を懐かしんだエントリーを挙げた事があります。
あの頃、私は清原が好きでした。

が、
巨人に入る頃から、あまり好きではなくなりました。
ううううう〜〜〜ん。
なぁんていうか、苦悩の野球を見ているようで、こちらの方が辛かったのです。
いつの間にか、私自身も野球よりはサッカーの方が動きがあってワクワクするし、
何よりも世界が勝負だから野球から遠ざかりました。

そんな私も時々の野球については、しっかり観ています。
そういえばイチロー選手の史上最多安打は4年前の今日10月2日のことでした。
プロフェッショナルと言うタイトルで私も記事に書きました。
そこではイチローのひたむきでストイックなまでの野球にかける生き様を書いたのですが、
今、読み返すと、
そこに清原の顔がしっかりと重なるではないですか、、、

清原和博。
野球にかけた人生。
野球一筋の生き様をみせて、
おとこ清原は昨日引退しました。
清原に似合う言葉はこれかもしれないと思いながら葉隠れの一説を彼に贈ろうと思います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
修行においてはこれまで成就というところはなし
成就と思うところ、そのまま道に背くなり
一生の間不足不足と思いて『思い死に』するところ、後より見て成就の人なり
純一無雑に打ちなり、一片になることは、なかなか一生になり兼ぬべし
混じり物ありては道にあらず
奉公武篇一片になること心がくべきなり
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

現役選手の時は、
なによりも本人がアレモコレモと思い、
そしてファンはなおさら多くを望み、
不足不足ではあったが、
が、
人知れずひたすらにひたむきに野球に打ち込んでいた清原和博。
そんな彼に贈りたい。
「成就の人」と言う言葉を。

つらつら、、、つらつら思えど最後はやはり、

本当にお疲れさまでした。

そして、

ありがとうございました。

|

« サンフレッチェ優勝 | トップページ | 国会本格始動? »

コメント

本当に悲しかったです

投稿: ftghfgt | 2008.10.02 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/42660418

この記事へのトラックバック一覧です: 清原引退:

» <<オリックス清原10/1引退試合、ヒットで花道飾る!>> [<毎日武勇伝?日記>まったり、のんびりいこう!]
<<オリックス清原10/1引退試合、ヒットで花道飾る!>> http://news.www.infoseek.co.jp/topics/sports/n_kiyohara2__20081001_4/story/01nikkansfbbtp00810010124/ http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20081001-OYT1T00800.htm★☆暮らしへ、クラシエ☆★昨...... [続きを読む]

受信: 2008.10.03 12:12

« サンフレッチェ優勝 | トップページ | 国会本格始動? »