« ノーベル化学賞も!!! | トップページ | 補正予算をつらつら見ると »

2008.10.13

新テロ特措法はどうなるのか?

新テロ特措法案:審議巡り「逆ねじれ」 与党引き延ばしへと言う事で、テロ特措法。
なんだぁか党利党略に使われています。
が、
が、
通そうという意思は自民党も民主党もあまり大差なさそうです。
民主党は短時間での審議・採決を迫り、7日、次には20日の二日間だけの審議で採決、衆院を通過させる予定。
うううううう〜〜〜〜ん、
どうなっ〜〜〜〜たんだぁ、民主党?????

テロは戦争では根絶できない。
なのに、
なのに、、、
テロ勢力を取り締まり、根絶する為と言う政府。
現行の新テロ特措法で海上自衛隊は今年2月から8月までに、アメリカなどの艦船に延べ44回、7600キロリットルの給油をしたわけですが(国民がガソリン値上げでキューキューと言っていたあの頃です)
その給油支援の先には何があったか?
平和。
治安復活。
とんでもない。
今年1月から8月だけでアフガニスタンの民間人が1400人以上犠牲。
ここ最近はとみに民間人の犠牲が増えています。
つまりこれは米軍が空母などからの空からの攻撃を強め無差別に殺りくをくりかえしているためです。
もう一度確認。
アメリカの空軍などにより、無差別攻撃が数を重ねている。
民間人が犠牲になる。
その結果、
アフガニスタンでは今まで沈黙を守っていた民間人も怒りと憎悪を広げています。
そして武力勢力を勢いづかせることにもなっています。
それがさらに、、、さらに、、、
地上戦での米軍をはじめ有志連合国の兵士の犠牲は増え続け、いまや1000人にせまっていると言います。
これはもうとどまる事の知らない悪循環。
憎しみの連鎖です。

戦争で、武力で、力で、
平和や安寧は得る事ができない。
今、世界はようやくこの結論にたどり着こうとしている、
そんな矢先に。
またまた給油支援ですかぁ、、、
ふつ====
ため息です。
 
さらに陸上自衛隊をアフガニスタン本土に派兵するという民主党の対案。
何を考えているのやら???
私は首を傾げます。

アフガニスタンのカリム・ハリリ副大統領は、アフガニスタン政府が旧政権勢力タリバンと手紙などを通じた和解交渉を開始したと言うニュースを先日、私もここで書きました。
また、エイデ国連事務総長特別代表も問題解決は「政治手段によるべきだ」と主張。
さらに、さらに、駐アフガニスタン英国大使でさえ外国軍の存在そのものが問題と言っているのです。
そんなときに、なぜ自衛隊をアフガンに在駐させるのか???
これは小沢さんの思惑でしょうか?
陸上自衛隊をアフガン本土に派兵しすることで、武器使用基準を緩和。
そして「任務遂行上の使用」を容認する。
自衛隊を随時海外に派兵できる恒久法。
小沢さんのシナリオか???
昨年秋、政権をとったらアフガンの国際治安支援部隊(ISAF)に自衛隊を派遣すると明言していましたね。

ふつ〜〜〜〜
ため息です。
と、同時に怖い。
麻生さん顔負けか???
と、思ってしまいます。
ただ、民主党の中には疑問、異論もあります
だからこそ、
とりあえず給油延長案の「事実上の容認」で「場つなぎ」でもしておきましょう、、、
と、言う事か?
民主党。

なぁんだか、
なんだか、
自民党と変わらない民主党を見せられると、
私たちはどうして良いのか、ひたすら悩んでしまいます。

もうすぐ選挙。
本当に、しっかりと見ていく必要を感じています。

|

« ノーベル化学賞も!!! | トップページ | 補正予算をつらつら見ると »

コメント

<陸上自衛隊をアフガニスタン本土に派兵するという民主党の対案。>
911の時でさえ国連では正式に容認しなかったものを、今更改めて容認する訳がありません。小沢さんがそんな事も理解しないで口にしたとは思えません。最初からアフガニスタンに派兵する気は無かったのではないでしょうか?!

投稿: Y | 2008.10.13 13:34

Yさん。
コメントありがとうございます。
連休中は家事に追われ、いつも出来ないところまで掃除していました(;;;´Д`)
本当はもっといつもこまめにしなくちゃいけないのに。
と、言うことでお返事遅くなりゴメンナサイ。


小沢さんですかぁ〜〜〜
思えば一年前ですよね。小沢さんが雑誌に出した論文が物議を醸したのは。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/scope/CK2007102202058253.html

当時は沢山のブログでも問題になりました。
あの折りは私も以下の記事を書いています。
http://ts.way-nifty.com/makura/2007/10/post_ca97.html

Yさんが言われるように最初から派兵する気はなかったとしたら、どうして民主党は昨年の12月、政府・与党の新テロ特措法への「対案」として「アフガニスタン復興支援法案」を国会に提出したのでしょうかね???
そして今国会でも拙速なまでに採決を急ぐ民主党の姿が浮き彫りになっています。
うううううう〜〜〜〜〜ん。
悩みますね。

いずれにしても私は何度も書いているように、
武力での制裁が問題解決を遅らせると言うことだと考えています。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2008.10.14 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/42772108

この記事へのトラックバック一覧です: 新テロ特措法はどうなるのか?:

« ノーベル化学賞も!!! | トップページ | 補正予算をつらつら見ると »