« 小学校学習指導要領解説 理科編 | トップページ | インドのテロ »

2008.11.28

麻生放言出るわ、でるわのこの頃です

首相の「放言」 患者の気持ちを逆なでした
麻生発言、今や発言なんて志の高いものではなく「放言」「暴言」です。
多くの方が既に言及なさっていますが、
何と言うかぁ〜〜〜
あまりのお粗末さに言葉もありません。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今度は社会保障費の抑制を議論した20日の経済財政諮問会議で「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」などと発言したことが分かった。同諮問会議の少し前、全国都道府県知事会議で行った「医師は社会的な常識がない人が多い」との発言の撤回を求めた日本医師会に対し麻生首相は「言葉が不適切だった」と陳謝したばかりだった。日々闘病を続ける患者の気持ちを考えれば、このような放言は到底できないはずだ。

中略

麻生発言の問題点を二つ指摘したい。第一は先天的に病気を抱えている人や摂生していても病気になるケースもあるということだ。難病や重い病と闘っている患者の立場になって考えれば、不摂生によって病気になった人の医療費を「何で私が払うんだ」などという発言はできないはずだ。患者に気を配り、救済するために医療を充実させることが本来、政治が目指すものであるはずだ。

中略

問題の2点目は、首相発言が医療保険制度の根幹を揺るがしかねないという点だ。日本は国民皆保険制度を取っている。国民がかけた保険料と税金で、手術や治療などに必要な費用を国民全体で支える共生の仕組みになっている。首相が主張するように、元気で健康な人が「なぜ自分が金を払うんだ」と言い出したら、皆保険制度は崩壊してしまう。
皆保険制度の仕組みを知りながら、なぜこんな不適切な発言をしたのか。患者だけでなく、多くの国民が理解に苦しんでいる。こうした放言が続けば、首相としての資質を問う声が強まることは避けられまい。
(上記社説より)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ううううう〜〜〜〜ん。
麻生さんって、その場での「リップサービス」のつもりで、軽口を叩くようですが、
なにしろ「事の本質」が分かっていらっしゃらないので、
ドドド〜〜ンと放言するようです。


まぁ、そんな麻生さんの「その場限り」の思いやりの無い発言はともかく、
上記社説が指摘するように、国民皆保険の制度そのものへの「挑戦」かともとれる内容については、
今後、矛先にぶる事無く追求、確認をして行く必要を感じます。

それにしても、「やれやれ」ですねぇ、、、

きっこさんが相変わらず舌鋒鋭く書かれていますが、、、、、

|

« 小学校学習指導要領解説 理科編 | トップページ | インドのテロ »

コメント

 今日、待望の党首討論を聞かせてもらいました。何か言うと野次が激しく、よく聞こえないことがままありました。
 そんな中で最後まで麻生総理の論理は間違ったままでした。おまけに総理の暴言が取り上げられ、ご注意ありがとうございます、と認識しているのかいないのかよく分からない言葉で、言い訳を言っていましたが、よくもまあ自分から党首討論をやろうと言い出したものだと呆れ返りました。
 どうやら2次補正を1月の通常国会に提出して、解散総選挙は何時になるかさっぱり分かりません。
 解散総選挙は遅くなればなるほど不利になることが分かっていないようですから、先が思いやられます。

投稿: hitoriyogari | 2008.11.28 16:57

うちも書いちゃいました。
ただし総理としての資質でなくですけど。

投稿: あゆ | 2008.11.29 09:35

hitoriyogari さん。
あゆさん。
こんにちは。
コメントありがとうございました。

書くことがいつも一緒ですが、
ため息です。
ふっ〜〜〜〜

hitoriyogari さん。
私はリアルで見る事はできなかったのですが、
ニュースやネットで色々知りました。
個人的にはどっちもどっち。
お二人とも選挙しか頭に無いように思えてなりません。
もっと庶民の生活をみてほしい、、、
と思います。
さてさて、、、

あゆさん。
拝見しました。
相変わらず面白い切り口でしたね。
吸う権利、、、って言われてもね。
この「権利」ってやたら濫用されているようで、
難しいですね。
ううううう〜〜んです。
それにしても、どうなることや。

投稿: せとともこ | 2008.11.30 17:28

麻生さん、「こういう一部の喫煙者の費用払いたくない。でもなりたくないのになった人のは喜んで払う」と言えば拍手されたかも?
自己責任・愛国心教育いう相手がちょぃずれてるかも?
税金あげるなら、外国いっちゃうから~と公言した某お金持ちにこそ愛国心教育だったりして(笑)

投稿: あゆ | 2008.11.30 20:03

こんにちは、せとさん。

>この「権利」ってやたら濫用されているようで、
>難しいですね。

間違えて欲しくない事として、「権利の濫用を抑制するのは抑制意識ではなくて権利の尊重意識である」という事なんですね。憲法にも民法にも「私権は公共の福祉に適合しなくてはならない」はある訳です。公共の福祉に適合しない権利の濫用は許されないという事です。でもね、このときに理解して欲しいのは「公共の福祉」というのは、「他の人の権利」を意味しているという事なんです。つまり他の人の権利を守るために自分の権利を濫用してはならない訳です。この理解が無いまま、「権利の濫用はいけない」となってしまうと「権利の尊重」が危なくなるんです。

投稿: 技術開発者 | 2008.12.01 10:29

あゆさん。
技術開発者さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

あゆさん。
麻生さんのもあゆさんのようなフィクサーがいればいいのに、、、
そしたらもっとウィットにとんだ事言えるのにね、、、
今や、支持率森さん並???と言われ、自民党の苦悩が目に浮かびます。
自業自得。
自縄自縛。
まぁ、そんなところですね。何しろ国民不在なんだから。
さてさてです。

技術開発者さん。
そうですね。
権利って、本当に「「権利の濫用を抑制するのは抑制意識ではなくて権利の尊重意識である」と言う事わあKります。
自分の権利を主張するよりも相手の権利を守る意識が大切なんですね、、、
おっしゃること、すごく分かります。
これって、「自由」に関してもいえそうですね。
例の田母神さんの「表現の自由」ってアレです。
権利や自由って、如何に使うべきか、、、
そこに人としての資質が問われることだと改めておもいます。
丁寧に教えていただき、
いつもありがとうございます。

投稿: せとともこ | 2008.12.01 15:06

こんにちは、せとさん。

>これって、「自由」に関してもいえそうですね。
>例の田母神さんの「表現の自由」ってアレです。
>権利や自由って、如何に使うべきか、、、

私は良く「思想の自由」と「表現の自由」の違いって言うのを説明していたんですね。思想の自由というのは、完全な自由であるが表現の自由はそれなりの制約を持つなんてね。なぜなら、表現とは否応なしに「その表現を受け取る人に影響が出る」可能性を持つ行為だからです。それは「その通りだ」かも知れないし「こいつはバカだ」かも知れません。「こいつはバカだ」と思うのもまたその表現を受け取った人の思想の自由である訳です。でもね、例えば多くの人が「こいつはバカだ」と思うなら、その人に責任在る地位を任せられないと考えることも起こりえる訳です。なぜなら、現実に影響が出るからです。例えば誰かが「円高になると輸入品が高くなるよね」と言えば、「こいつは常識がないな」と思われる訳ですが、これが町工場の工員さんが言っても、まあ、「おまえに工場で働いて貰うわけにはいかない」とはなりません。でもね、例えば貿易している商社の社長が皆の前で言って、「言い間違いじゃないですか」と言っても「いや、円高になれば輸入品が高くなるんだ」と言い張るなら、「こんな奴が社長をしている貿易商社は怖くて取引に使えないな」となり業績に影響がでますから、例えば役員総会で罷免動議を出して罷免されることもあり得る訳です。

なんていうか、週刊朝日だったか、「こんなバカが自衛隊のトップにいるということこそ、最高機密として秘密にしないといけないトップシークレットだから、それを漏洩した論文は機密漏洩だ」なんて記事があったかと思います(笑)。軍人に限らず、組織のトップのあたりというのは、いろんなデマ情報が飛び交う中でも真実を見極める能力が無ければやってはいけない立場なんですね。ところが、あの論文は見事に歴史上のデマに踊らされている訳です。つまり「その職に堪えるだけの能力がない」事を示した訳ですから、免職して当然なんです。

なんていうか「表現の自由」というのは、「私はこの表現により、人が自分の能力や品性を評価する事を認めます。それは人の思想の自由に関して刺激を与える行為を為すからです」という事も含んでいる自由なんです。その結果として、沢山の人が「あいつは、その仕事をさせるには能力・品性において相応しくない」とする結果になることも覚悟して行使するべき自由だという事です。

投稿: 技術開発者 | 2008.12.01 17:03

その自衛隊のTさんに面白いのみつけたんで、書きました。

投稿: あゆ | 2008.12.01 17:58

技術開発者さん。
あゆさん。
こんにちは。

おおおお〜〜〜
開発者さん。
さすが。
いつもながら最後でビシリと決まります。
「「表現の自由」というのは、「私はこの表現により、人が自分の能力や品性を評価する事を認めます。それは人の思想の自由に関して刺激を与える行為を為すからです」という事も含んでいる自由なんです。その結果として、沢山の人が「あいつは、その仕事をさせるには能力・品性において相応しくない」とする結果になることも覚悟して行使するべき自由だという事です。」

うううう〜〜〜ん。
本当に分かりやすい。
まさに仰せの通り。
私もこんな風に書きたいと思いながら読みました。

さて、
表現の自由についてですが、
これまた、人をはかるものさしではなく、己を律するためのものである。
と言うことなのですね、、、
とかく人は節操ある自分よりも規範を守るべき他人というものを言及したがるものだと、このごろ、とみに思うものです。
しみじみと味わっています、、、、、
ではまたね!


あゆさん。
OKです!!!
今日はもう読む時間がないのですが、今度ゆっくり読むね。
楽しみです!!!

投稿: せとともこ | 2008.12.01 18:16

こんにちは、せとさん。まあ私もこうやって「表現」していますから、常に「そのとうり」という同意だけでなく「ちょっと違うんでないか」とか「こいつはバカだな」と人から評価される覚悟でやるわけですね。でまあ、「バカだな」と評価されるのは嫌だから、できるだけ、まともなことを書こうと努力はしているつもりです。

麻生発言に関して言うと「予防医学」的には考えて欲しい面はありますね。昔は病気になると家族に迷惑を掛けたり、近所に迷惑を掛けたりするという形で「顔が見える迷惑」だったので、「おまえ、そんな生活していると病気成るぞ」という周囲の注意が「家族や近所に迷惑かけるぞ」の意味も持っていたのですが、それが「自分が苦しむだけだろ」になってしまいやすいめんがありますからね。でもね、なんていうか「病気に成りたくてなる人はいない」の面がありますから、病気になったことを責める様な言い方というのは正しくないんですね。抑止力としては責めるというより「生活習慣病に対する知識の普及をきちんとする」みたいなことに向かないとならないものです。

別な観点から見ると、社会とか経済にも「予防政策」みたいな部分はきちんとあって、本来、麻生さんのような政治家というのはその分野の専門家にならなくてはならないものなんです。景気がバブル化しはじめた時点をきちんと見極めてバブルを冷やすような政策を行う方が、バブルがはじけて不況対策に走るよりもよほど楽なんですね。医師が多すぎになる前に医学部の定員を減らし、医師が足りなくなる前に医学部の定員を増やすとか、高齢者人口の増加を予想して健康保険の高齢者対策分を積み増ししておくとか、政治というものの本来の役割のはずなんですよ。それを「たらたらとその時その時の場当たり政策をした」事のつけは国民が払うしか無いんです。

投稿: 技術開発者 | 2008.12.02 08:44

技術開発者さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

「でまあ、「バカだな」と評価されるのは嫌だから、できるだけ、まともなことを書こうと努力はしているつもりです。」
なんだか笑ってしまいました。
カワイイイ〜〜〜開発者さんって。
微笑ましいですよ(*^-^)

私はいつもいつも開発者さんのように丁寧に筋道を立て、諦めないで書く姿勢を見習いたいと思っています。
関係ない話で恐縮ですが、poohさんちでもニセ科学批判についての批判で先般盛り上がっていましたが、
開発者さんのコメントって、その場の緩急をみはからって書かれるので、論者にとって凄くありがたいと思うのですよ、、、
私自身は此のごろは批判よりは納得・説得の方法について考える事大です。
討論では、直接の対話の相手ではとくにネット上では噛み合ないもどかしさをお互いに感じ、ついには物別れが多いように思うのです。
討論する時、なぜか勝ち負けや折伏させようとするように感じることがままあります。
「分かってもらいたい事柄」を丁寧に説得していく態度を開発者さんから学んでいます!


さてさてさて。
麻生さん。
以前、はやった自己責任にもこうした議論が飛び交いましたね、、、
あの折を思い出しています。

投稿: せとともこ | 2008.12.02 16:09

こんにちは、せとさん。

>討論では、直接の対話の相手ではとくにネット上では噛み合ないもどかしさをお互いに感じ、ついには物別れが多いように思うのです。
>討論する時、なぜか勝ち負けや折伏させようとするように感じることがままあります。

私はネットの議論というのにこんなたとえ話をしたことがあります。街のあちこちに出入り自由な会場があって、そこのステージでパネリストが自分の意見を述べている訳ね。でもって、観客はただ意見を聞いて居るだけでも良いし、ステージに上がってパネリストになっても良いわけです。でもってパネリスト同士で意見が合わなければ議論にもなるんだけど、それは他に人が居ないところで議論しているのとは違って観客の前の議論だという事ですね。だから、観客が「こっちの人の言っている事の方が筋が通っているな」と思ってくれたら、別にその討論相手のパネリストが納得しようがすまいが関係ないのじゃないか、なんてね。

投稿: 技術開発者 | 2008.12.02 17:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43252033

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生放言出るわ、でるわのこの頃です:

» 麻生首相の暴言、失言は彼の真意だ。自公政権党の本音だ。 [ブログ blog で 情報交換]
「たらたら飲んで、食べて、なにもしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」 [続きを読む]

受信: 2008.11.28 18:24

» 全国町村長の怒り。 地方「丸投げ」を地方分権。「アホウ」と呼ばれて有名人、麻生首相はどうする。 道州制問題。 [ブログ blog で 情報交換]
全国町村会は二十六日、都内で全国町村長大会を開き、「強制合併につながる道州制には [続きを読む]

受信: 2008.12.03 18:19

» 大企業は「首キリを止めよ」!! 麻生首相は「必ず国民の生活を保障する」と宣言せよ。 [ブログ blog で 情報交換]
大企業は今、もうけがあるのに、沢山の労働者の首をキリ、労働者とその家族をこの寒空 [続きを読む]

受信: 2008.12.11 22:59

« 小学校学習指導要領解説 理科編 | トップページ | インドのテロ »