« 見る事ができたらいいなぁ、ふたご座流星群 | トップページ | 篤姫終了 »

2008.12.14

ブラッディ・マンディ Kの正体

ブラッディ・マンディもいよいよ来週で最終回。
昨日はKの正体が明らかになり、
ええええっ、と驚きました。
この人が黒幕だという伏線ってあったっけ???
普通は「ああああ、、、そういえば」とか、後から振り返って納得するんですが、
どうも影が薄すぎたので、納得いかない私はネットで検索。
「ブラッディ・マンディKの正体」って。
そうしたら、やはり私のように思っている方って沢山いるんですね、、、
「Kはだれ」に始まり、
やっぱりという意見、
ええええ???という意見。
そんなこんなを見ながらも、いつものようにお役立ちがYahoo!知恵袋
どんな事でも検索をかけると必ずありますね。
「あっ、同じ悩みあるんだ」と安心したり共感したり、笑ったり。

まぁ、それはそれとして、先の話題。
ブラッディ・マンディ。
どうなるんでしょうか???

うううう〜〜〜ん。

犯人、黒幕探しとか、裏切り者は誰か、とかとか。
一つ一つの話題は面白く、ドキドキしてみていたのですが、
人物像が浅くて少々残念な面もありました。
「どうしてこの人がテロリストに???」という動機が描きこまれていないので、説得力がない。
したがって、普通はドラマ仕立てでは獲得出来る犯人のそれなりの事情に共感ができないんですよねえ、、、
ただただB級になってしまうのは、本来惜しいテーマである筈なのに、、、

そういう意味では、
金曜日の「流星の絆」は、原作とは別のものとして、
上手に描きこんでいるように思います。

ブラッディ・マンディは、原作も執筆中なので、全体の見通しができないままの発進だったので、
どうしても描きが不十分になるのかもしれません。

そういう意味では十二国紀も原作が仕上がっていないままの放映でしたが、
あれは一つひとつの作品は完だから、OKでした。

本当はブラッディ・マンディも原作が終わってからの方が、より綿密な仕上がりになったのではと思ったりして、
少々残念。
でも、
そうはいっても楽しみにして最終回をまっています!

|

« 見る事ができたらいいなぁ、ふたご座流星群 | トップページ | 篤姫終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43416925

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッディ・マンディ Kの正体:

« 見る事ができたらいいなぁ、ふたご座流星群 | トップページ | 篤姫終了 »