« 温暖化交渉で化石賞 | トップページ | Jリーグ最終節 »

2008.12.05

源氏物語の地

IMGP0303

源氏物語:「辞書」の版木、古書店から奈良大が発見と言う事で、源氏物語千年紀にふさわしいニュース。
上の写真は紫式部邸宅と言われた廬山寺に掲げられている案内です。

もう、京都の紅葉もチラホラです。
昨日は朝早く夫と自転車にのって、廬山寺、梨木神社に行ってきました。
その時の写真をご覧下さい。

廬山寺の紅葉です。
まだ赤さが残るなかに朝の日が輝きます。

IMGP0317

IMGP0305

このような自然に囲まれて紫式部はきめ細かい男女の愛を書き込んだのでしょうか???

そして、すぐ向かいには梨木神社があります。
竹垣の道が廬山寺と梨木神社の間を結びます。
この神社もまた源氏物語の舞台として知られています。

IMGP0301

後ろの石垣にも紅葉の陰が映ります。
IMGP0294

千年前、紫式部はこの地で大作源氏物語を生み出しました。

|

« 温暖化交渉で化石賞 | トップページ | Jリーグ最終節 »

コメント

本は売れてるけど、安近短だそうです。微妙な心えがいた長編本格」小説は売れにくいそうです。心の健康に源氏物語よもうと学者とか言ってました。梨木のお水は有名です。うちは水道の方が安心ですけど・・。

投稿: あゆ | 2008.12.06 00:08

せとさん。今晩は。
お蔭様で、はるばる念願の秋の京都を尋ねなくても、せとさんの秀作を通して、京の紅葉を鑑賞させていただいております。 感謝、感謝です。 m(_ _)m
廬山寺の紅葉。 「源氏物語」執筆中の紫式部の心奥、かくもあらんか。 なーんて、我が直感?に悦に入ったりしております。
海外のインターネット・ユーザーも本ページを見て、喜び、感動していると思います。今海外では、結構日本語を愛好する人も多くなり、日本語の勉強が盛んなんだと、聞いてことがあります。
普段は、こ私の入力が、海外にも発信していることになるということを忘れてしまっている私ですが、時々この新しいメディアの使用に緊張する時もあります。

投稿: hamham | 2008.12.06 17:05

あゆさん。
hamham さん。
こんばんは。
いつも、いつも暖かいコメント、本当に嬉しく思っています。
ありがとうございます。


あゆさん。
そうですね。梨木神社。
有名な水で、私が行った時も多くの方がみえていました。
それにしても、なかなか原文は読む事が出来ない私ですが、あゆさんはどの女性がお好きですか????


hamham さん。

フリッカーもようやく慣れました。
もしお時間がありましたら、またご覧下さいね。

さてさて。
ネット。
本当に緊張ですね。
時として思わぬ反応があったりして、
ええええ???
いや、違うよ、そんなつもりでは。
とかアセアセのときもあります。
それでも、やはり楽しい。
hamham さんやあゆさんや愚樵さん、開発者さん、面影さん。hitoriyogariさん、、、、
ドンドン輪がひろがりますから。
と、言う事で、またね

投稿: せとともこ | 2008.12.06 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43327076

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語の地:

« 温暖化交渉で化石賞 | トップページ | Jリーグ最終節 »