« 世界人権デー | トップページ | 健保肩代わり法廃案へ »

2008.12.10

教科書検定は透明化できるか??

<教科書検定>概要公表へ 議事録は作らず 文科省と言うニュースを読みました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
非公開としてきた教科書検定の審議内容について、検定終了後に概要を公表することを盛り込んだ検定制度の改定案をまとめ、教科用図書検定調査審議会の作業部会で了承された。来年度の検定から適用される見通し。昨年、沖縄戦の集団自決を巡る高校教科書検定で審議の密室性に批判が集まったことなどを受けた措置だが、議事録は作成せず詳細は公開しないため、さらなる公開を求める声も出そうだ。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これに関しては上記新聞社が社説も出しています。
それによると、
やはり透明性をはかるためには公開、その後の議事録の提出など、まだまだ道のりは遠い感がします。

教科書は学校教育の根幹、基本です。
この教科書が今までのように密室で作られていたことへの反省から、「透明性」を打ち出した文科省には、
いっていの評価をしつつも、
さらに中身が充実していく事を望みます。

なお、教科書検定については以前、かなり調べたので、過去のエントリーを以下にあげておきます。
お時間がおありでしたら是非ご覧下さい。
教科書検定
教科書特殊指定廃止
検定教科書の歴史

|

« 世界人権デー | トップページ | 健保肩代わり法廃案へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43376642

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書検定は透明化できるか??:

» 今の日本の窮状を招いた構造改革主義者を許すな [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
この記事のトラックバックを受けたブログオーナーの方、ぜひ、お読みいただき、ご賛同が得られれば、さらに内容を広めていただけるよう、ご協力をお願いします。 さて、今の日本の格差社会、ワーキングプア、そして今吹き荒れる派遣切りや雇い止めの嵐を招いた責任はだれ..... [続きを読む]

受信: 2008.12.11 04:31

« 世界人権デー | トップページ | 健保肩代わり法廃案へ »