« 師走になりました | トップページ | 細い月と金星、木星が接近 »

2008.12.01

京都の紅葉 その3 

IMGP0128

法然院に行くには観光客がまだ来ない朝早くがベスト。
それでも紅葉の時季は、
多くのカメラマンが閑静なたたずまいの茅葺きの苔むした門を写すために朝早くから来ています。
この門をくぐるとどんな世界が待っているのか、、、
ワクワクさせるものがあります。
一段一段と登って行くと、次第に見えてくる門の向こうのパノラマ。
IMGP0125


そして、山門をくぐると両脇にある「白砂壇(びゃくさだん)」と呼ばれる白い盛砂があります。砂の上に紅葉 の図柄が描かれています。
この白砂壇は水を表していてここを通ることで心身を清めるということです。
IMGP0131

|

« 師走になりました | トップページ | 細い月と金星、木星が接近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43285361

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の紅葉 その3 :

« 師走になりました | トップページ | 細い月と金星、木星が接近 »