« 勉強が出来る事って、頭がいいってこと? | トップページ | 冬支度 »

2008.12.25

中期プログラム

麻生・与謝野ライン復活 大詰め、中期プログラム
うううう=====ん。
もう破れかぶれか????
と言う印象です。

なんと言うか,政治そのものが根底からグラグラと揺れ動き、ガラガラと落ちていく、そんな感じがします。
このプログラムは。
安定財源は、消費税のみ。
消費税頼み。
とにかく財源がなくなれば消費税。
とにかく財源がなくなれば福祉削減。
こんなの政治って言うのだろうか?

後期高齢者医療制度の廃止。
医師不足。
医療、年金、介護、生活保護。
これを「ほころび」と平気で呼ぶ麻生内閣。
ほころび????
ほころびでボロがドンドン出てくるのは政府与党だろうと言うツッコミはなしにして、
この社会保障を綻びと言う感覚は政治家として資質に反するのではないかと私は思いますね。
そして、このほころびを直してほしければ、消費税をもっと払えっていう訳ですが。
払わなきゃ、してやんないよ。
年金や医療は始めからしてやんないけれど、払いなよ。
って感じの政治です。

さて、この社会保障。
本当に消費税が社会保障に回っているのかって疑問は導入のときから言われていました。
勿論政府は回っていると公言します。
が、
実際はどうでしょう?
私は以前、消費税の行方を調べた事があります。
消費税は一般財源に組む込まれるので、その使途が結局不明なのですが、
それでも導入当時から社会保障は寒々とした予算しかついていませんでした。
今回も、消費税は結局、今までの借金の穴埋めのためです。
大企業には決して、負担はさせません。
アメリカには十分すぎる予算をつけます。
これは、みんな国民の財布だけから搾り取ります。
内需拡大に関してもはなから考えていません。

日本経済???
なんですかソレって感じの麻生内閣です。
ひたすらアメリカと大企業さえよければハッピーであれば「政治」なのです。

はぁっ〜〜〜〜
ため息ですね。まったく。

こんな政治のツケは、いずれ雪だるまのように膨れて、国民に覆いかぶさってくるのか?
それが分かった頃は、麻生さんはいずこにいらっしゃるか???
フッ〜〜〜〜〜。
 


 

|

« 勉強が出来る事って、頭がいいってこと? | トップページ | 冬支度 »

コメント

どうしてもあげるなら、消費税も格差つけたらいいのに。
食品と、各種医療関係・関連は無税か3パーセントで、高級車・宝石とかは20ぐらいにするとか?

投稿: あゆ | 2008.12.25 21:41

あゆさん。
こんにちは。

そうですね。
私もそれ賛成です。
以前は物品税だったですよね?
やはり生活必需品はパスが妥当ですよね。

投稿: せとともこ | 2008.12.26 13:18

こんにちは、せとさん。

>以前は物品税だったですよね?
>やはり生活必需品はパスが妥当ですよね。

1989年4月までは物品税でした。消費税の導入により廃止されています。

ただね、物品税というのは、その時点で「機能不全」を来していたんです。なんていうか、戦後の生活が貧しい時代には「贅沢品」の種類も限られていた訳です。宝石とか毛皮なんてのは、今でも贅沢品ですが、電化製品なんかは高度成長の前は贅沢品で今は生活必需品でしょ(洗濯機を贅沢品といったら主婦の皆さんにたぶん殺される:笑)。皆さんの生活スタイルが変わっていろんな電化製品の普及にともなって、贅沢品と生活必需品の区分を変えて来たんだけど、電化製品もピンからキリまでありますでしょ、ステレオを贅沢品と見なしていた時代にはそんなにバリエーションは無いんだけど、今は何百万円の高級品から数万円の普及品まである訳です。そういう「贅沢品指定が難しくなった」というのも物品税廃止の理由の一つなんですね。

笑い話をしますと「ゲームウォッチ」なんてのがありましたね。ゲーム機は遊具だから贅沢品、時計は生活に必要なものだから必需品、じゃあ、ゲーム機に時計を表示できるようにして、「ゲームがおまけに付いているだけの時計です」とすると必需品なんてね。玩具関係なんて特にややこしかったですね、指定が。

物品税の時代の終わりの頃は「なんでこれが贅沢品であれが必需品なんだ」という事が一杯あったんですね。でもって、「え~い、全部消費税」としちゃったのが1989年なんですね。

投稿: 技術開発者 | 2008.12.26 16:55

技術開発者 さん。
こんにちは。
お風邪なんかひていらっしゃいませんか?
私は年末は気がはっているので風邪はひかないのですが、正月を過ぎるとバタンとなることがあるので、今から気をつけています。


そして、年末になると財布のヒモも緩くなりがちですが、今年は結構、しっかりと縛っています。
暖冬かどうかは気になるところですが、
ガソリンが下がったのは嬉しい。
でも生活必需品だけかって、あとはトットコと帰ってきています。
本当に消費税、いやになります。
奥様も家計きりもりなさっているから多分実感なさっているのでしょうね、、、、

いつも、いろいろ示唆に富むコメントありがとうございました。またこれからもいっぱいいっぱいお教えくださいね。
今、モギケンさんのこと書こうと思っているので、その折はまたご意見くださいね。

では。

投稿: せとともこ | 2008.12.28 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43525011

この記事へのトラックバック一覧です: 中期プログラム:

» 声をあげることの力強さ。 いすヾ、期間社員解雇を撤回する。 [ブログ blog で 情報交換]
いすゞ自動車は二十四日、契約途中にもかかわらず二十六日付で解雇を通告していた期間 [続きを読む]

受信: 2008.12.25 13:08

« 勉強が出来る事って、頭がいいってこと? | トップページ | 冬支度 »