« ブラッディ・マンディ Kの正体 | トップページ | ブッシュさん靴なげ事件から思う事 »

2008.12.15

篤姫終了

大河ドラマ篤姫が終了。
なんだか寂しくなりました、、、

主演の宮崎あおいさんを始め、スタッフ、キャストの方々は、本当にこの一年、気が張っていた事と思います。
お疲れさまでした。

それにしても面白かった!!!
何が面白かったかというと、人物の描き方が優しかったので、
私の場合は、どの人にも共感が持てた事です。
それぞれの環境、経験を背負いながら、生きていく人々の力強さ。
その裏にある弱さとか悩みが、きめ細かく描かれていたのは、
歴史の裏舞台を支えた女性が主人公だったからかもしれません。
本当の歴史の真実は、あるいは違うかもしれない。
が、
こうであったら、なんと人とは信じるに足るだろう、と思わせてくれる作品だったのではないでしょうか、、、
以前、
時代を駆け抜けた男たちというエントリーを挙げた事があります。
これは同じ大河ドラマ「新撰組」の第33話、「友の死」。
山南敬助の切腹の巻きの感想をしたためました。
滅び行くものの美学をタンタンと描いている作品で、
多くの方々が共感を寄せました。
私はこのとき、結びで以下のように書いています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
山南敬助という最後の武士階級の男。
理想を掲げ、時代を生きようとし、
これでいいのか、と悩み、
そして、激しく動く時代を駆け抜けていった
一人の男。
NHK大河ドラマ「新撰組」が、歴史の真実を伝えているか、どうかは別として、
今、この堺雅人さん演じる山南さんが、新しいのはなぜか???
そして、山南さんにこんなにも感情移入できるのはどうしてか???
どんな時代でも、いつの時代でも、
「時代は動いている。」
しかも個人の思惑とは別のところで、ダイナミックに劇場のように動いているわけです。
その流れの中で、私たちは、
自分が、どこにいて、どこに流れようとしているか、
俯瞰的に知りたいと、たえず思っているわけです。
冷静に、しかし熱く、
ゆっくりと、しかし速く、
歴史に関わりたい、知りたいと願っているのです。
そんな姿が、
堺・山南にピッタリ重なってくるのではないでしょうか???
「全てを良し」としながら、さらに高い所を見ているあの山南さんの笑顔こそが、
私たちが、理想とする姿なのではないでしょうか?
しかし、
現代に生きている私たちは、
山南さんの道は歩まない。
時代の行く末は、自分の目で見ていく。
見ていかなければならない、そんな時代に私たちは生きているのではないでしょうか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして、昨日は徳川の終焉をドラマは描き、新しい時代を描きました、、、
新しいものも、また苦悩の連続である事。
去っていくものも、また然り。
歴史の流れにある時はユラユラと、またある時はダイナミックに動かされる人々。
個人のものを離れて、大きなおおきなうねりの、その一つであると言う事でしょうか。

そして、
ならばなおさら、
時代の流れと言うものをしっかりと見据えていきたいと思うのでもあります、、、

|

« ブラッディ・マンディ Kの正体 | トップページ | ブッシュさん靴なげ事件から思う事 »

コメント

 宮崎あおいさんはNHKの「スタジオパーク」に出演されたとき、その感性の豊かさを感じました。アサドラの「純情きらり」に主演されたときより、もう一回り大きくなったように思います。
 それから家内よりの伝言ですが、「わたしはドラマを見ないのはフイクションだからであって、社会派の山田太一さんや倉本聡さんのものは見ています」との事です。
 私は勿論社会派ドラマも見ますが、「坂の上の雲」など歴史ものは好んで見ています。
 来年は「天地人」だそうで、戦国ものですが、あまり知らない人物に焦点を当てたものですから、面白そうだと今から楽しみにしています。

投稿: hitoriyogari | 2008.12.15 16:42

hitoriyogari さん。
こんにちは。
早いもので、もう12月も半ば過ぎ。
本当にアッというまですね。
暗いニュースを書かないで楽しいものを書きたいと思いつつのこの頃です。

そうですか。
あおいさん、出ていましたか。
残念ながら見ていなかったのですが。

>それから家内よりの伝言ですが、「わたしはドラマを見ないのはフイクションだからであって、社会派の山田太一さんや倉本聡さんのものは見ています」との事です。

はい。
承りました。
是非お会いしたですね。
どうぞ宜しくお伝えくださいね(*^-^)
私も山田太一さんは好きです。
土曜日の夜のドラマ、見ていました。

さて、来年も楽しみですね!!!
では、、、またね!!!

投稿: せとともこ | 2008.12.16 15:21

私も篤姫は欠かさず見ちゃいました。
史実とはかなりずれているんでしょうが、脚本が良いのでしょうね。ホントに楽しませていただきました。

なにより登場人物全てがとても個性的で、人間臭い。それぞれが強さと弱さを併せ持っていて、それぞれに時代に翻弄され、苦しみもがきながらも信じる道を懸命に生きていて、根っからの悪人も誰もいなくて、なんだかスケールの大きなホームドラマを見ているようでした。

中でも私が一番好きだったのは、中村梅雀演じる井伊大老と、天璋院との関係でした。最初は真っ向から対立していたにも関わらず、じっくり話し合うことで、やり方には最後まで同意できなくても、目指す道で共通点を見出し、お互いを気持ちを理解しあう関係になるところなんか、最高に憎い演出でした。

他にも、最初は対立していた滝山との関係など、感心する演出満載でしたね。私の中では、チャングム以来のヒットです。

投稿: Looper | 2008.12.16 17:11

Looperさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
年末でお忙しいのではないでしょうか???
今年はLooperさんにとって、どのような年でしたか?
Looperさんの大先輩の先生方がノーベル賞の快挙で、Looperさんも刺激されたことと思います♪
該博な知識と深い洞察のLooperさん。
そんなLooperさんがチャングムがお好きで篤姫がお好きだと知り,嬉しくなりましたo(*^▽^*)o

今、もう一度古くなった頭にむち打って勉強し直そうかと思っている私です。
また、いろいろ物理の事、お教えくださいね♪

では、これからインフルエンザにノロウィルスの時期。
ご自愛くださいね。

投稿: せとともこ | 2008.12.17 11:40

こんにちは、せとさん。

>本当の歴史の真実は、あるいは違うかもしれない。

なんていうか、ドラマでも小説でも、「形の真実」を描きたい訳ではなくて、「人間の真実」を描きたいものですからね。大きな歴史の転換期に色んな人がいろんな生き方をする。そのあたりを代表して「こんな生き方をしたんでしょうね」と示すことが目的なんですよ。

ニセ科学批判で良く「じゃあSF小説も批判するのか」って言われるけど、SF小説が「科学的嘘の普及」を目的に書かれる事はないんです。そういう小説は面白くなくて普及しないのね。私は良く、E.E.スミスという初期のスペースオペラ作家の「スカイラーク」とか「レンズマン」シリーズを例に出すのね。「彼は理想的ヒーローを描きたかった」のだとね。{美男子のたくましくて賢い大男が赤毛の美女を守って悪と戦うヒロイズムを描きたかったんだよ」なんてね。笑い話ですがスミスという作家は6フィートを越える大男で顔も悪くなくて、奥さんは赤毛の美人なんです(笑)。

昔、「リアル時代劇をやったら誰も見ないよね」なんて人と話をしたのね。だって奥さんになった女性は皆、眉を落としてお歯黒している訳でしょ(笑)。今の皆さんの美意識だとついていけないんじゃないんかな。でも江戸時代の本なんかには「十八にもなってまだ白歯、恥ずかしゅうて恥ずかしゅうて」なんて話もあるのね。男性のちょんまげだって、時代劇のまげはずいぶんと現代人の美意識に合わせてあるからね。時代にも依るけど実際は月代がもっと広いんですね。糸鬢なんて言って頭の両横に細く毛を残すまげが流行った時代もあるくらいね(笑)。

投稿: 技術開発者 | 2008.12.18 09:55

技術開発者さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

あっ、そうですよね。
技術開発者さんはSFファンでいらっしゃいましたね
(o^-^o)

私はアシモフが好きです。
ハードSFはちょっと難しくて、、、
でも、仰るように、〜〜「形の真実」を描きたい訳ではなくて、「人間の真実」を描きたいものですからね〜〜

本当にそう思います。
そこから見えて来る世界は広がり深まり、そして自分に返りますよね。
なにしろ人生の限られた時間内で、できることは僅かですが、
書物から学ぶ事の大きさは無限ですよね!!!
さっき華氏451を観ながら
そんな感想も抱きました、、、

投稿: せとともこ | 2008.12.18 15:44

> 年末でお忙しいのではないでしょうか???

大きなイベントが終わったので、それ以前に比べたら大したことありません。ただ、自分の勤める会社は減給と一斉休業を決めました。その目的が人減らしをぎりぎりまでしないためとの事ですので、それが真実なら、みんなの雇用を守るためですので我慢するしかありません。
それに、何の努力もせず、株主への利益を確保するためだけに、平気で物のように人を切りすてる巷の多くの企業に比べると遥かに信頼できる対応です。
会社って、その興亡は結局従業員次第なんですよ。だからこそ、会社と従業員の信頼関係、従業員の能力を生かせる環境を整えることがとっても大事で、その信頼があればこそ苦難も乗り切り、その後の飛躍を勝ちとることができるんです。で、それは、結局は一番株主にも利益をもたらすんです。これを理解しない、目先の利益確保にしか目が行かない資本家・経営者がなぜこれほど多いのか・・・ため息が出ます。

>Looperさんの大先輩の先生方がノーベル賞の快挙で、Looperさんも刺激されたことと思います♪

はい、特に坂田門下生の大先輩たちが受賞したのはとても嬉しかったですね。益川先生があんなに面白い人だったとは知りませんでしたが、でも平和への思いにいつも言及されるのは、流石は坂田門下生だと感銘を受けています。

>該博な知識と深い洞察のLooperさん。

ちょっとそれは褒めすぎです。所詮、物理の落ちこぼれですので・・・
こちらこそ、今後とも色々と教えて頂きたく思います。

> そんなLooperさんがチャングムがお好きで篤姫がお好きだと知り,嬉しくなりましたo(*^▽^*)o

いやいや、実はTV大好きなミーハー野郎なんです。

投稿: Looper | 2008.12.19 18:30

Looperさん。
こんにちは。

>大きなイベントが終わったので、それ以前に比べたら大したことありません。

お疲れさまでした。
お玉さんのブログでもイベントの模様が書かれてあって、そこへいくまでのご苦労を思い、本当にお疲れさまでしたと、心から思います。


さてさて、雇用の問題。
本当に日に日に深刻さが増していますね、、、
そして政府の無策がまざまざと浮き彫りになってきます。
如何に資本家を守る為の政治であったかと、つくづく感じながら、これ以上深刻な事態にならないように、と願っています、、、


>>該博な知識と深い洞察のLooperさん。
ちょっとそれは褒めすぎです。


いえいえ。
私の中ではいつでも該博で鋭いLooperさんですよ(*^-^)
それになんと言うか可愛らしい感性もおありだと思います。

私もテレビドラマが大好きなので、また楽しいお話し出来ますね、、、

では、またね

投稿: せとともこ | 2008.12.22 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43426491

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫終了:

« ブラッディ・マンディ Kの正体 | トップページ | ブッシュさん靴なげ事件から思う事 »