« 栗原彬「かんけりの政治学」という出題文を読んで | トップページ | センター試験生物 その2 »

2009.01.19

センター試験生物について

昨日行われたセンター試験生物について、ちょっと感想やら、今後の対策について設問にそって検討していきたいと思います。
予備校の分析では「大問数は変化なし、小問数はやや減少。全体的に標準的な問題が多く、難易度は昨年度とほぼ同様。 」と言うことで平均点も昨年並が予想されています。
設問別では、【第1問】細胞(組織と器官、体細胞分裂)の項目では、
基本的な知識が要請される問題だったようです。
この分野でとくに面白いと私が思ったのは2番目。
問2の誤っている図の組合せです。
一般に受験生は、正しい図はどれかという問題に慣れているので、ちょっと戸惑ったかもしれません。
下に、ちょっと大きいのですが、正しい細胞分裂の順番を挙げておきます。
もう一度、出題の図と比べてください。
Na_103
(細胞と染色体のサイトより引用http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/cells.htm)


なお、細胞周期と細胞分裂なども参照してください。

|

« 栗原彬「かんけりの政治学」という出題文を読んで | トップページ | センター試験生物 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43788159

この記事へのトラックバック一覧です: センター試験生物について:

« 栗原彬「かんけりの政治学」という出題文を読んで | トップページ | センター試験生物 その2 »