« 著作権 | トップページ | センター試験直前は過去問を »

2009.01.09

迷走国会でしたねぇ、、、

昨日から今日にかけて家事の合間に国会を見ています。
新聞やテレビで報道されているように今国会は「定額給付金」が目玉というかテーマです。
それにしても麻生さん。
もう壊れているのか?と心配になるくらい答弁がムタムタになってきました。
民主党の菅直人さんにかなり突っ込まれていたのは「さもしい発言」。
総理の品性として言うべきでない言葉を発したのだから、それが自分に即跳ね返ってきたのでしょうが、、、
「それにしても、なんとかならんもんかい」
「もうちょっとマシな答えはないのか」と麻生さんの答弁を聞きながら毒づいていました。
菅さんに「総理は給付金をもらったら使うんですか?辞退するんですか?」と何度もその意向を聞かれているやり取りで「まだ通ってもいないのに、どうして答えられる」と言う麻生さん。
私は口をアングリ。
「えええええええ??????
では国会でこうして議論している事ってなんなの???
通っていないことは分からないなら、麻生内閣が提出した法案は全て、通らない前は分からないもの、予測不能な法案なのか?」
と、先行き不安になりました。
そうだったのか、、、
なるほど。
だからこそ、自民党、与党が提出する法案の多くが先を見通さない「その場限り」の法案だったのか、と納得したりして。
長期の展望もなければ、ほんのチョット先のことさえ分からない内閣だったのかぁ、、、

威勢良く「景気対策の目玉」として打ち出した定額給付金だったのですが、その後の迷走は目に余るものがありました(今も迷走中ですが、、、、)
この展開を見ている限り,結局「思いつき」「選挙目当て」がアリアリと浮き彫りになってきます。

昨日は国会で公明党の北側さんも援護射撃(と,言うか法案提出側ですが、、、)で「所得や雇用が悪化、給付金はほぼ全額消費に回る、したがって経済効果はある」と主張していましたが、北側さんが拠り所にした資料のエコノミストは日本総研の方のコメント。(公明新聞2008年11月14日付け)。
ただ、このエコノミストの方は「定額給付金が景気を押し上げるきっかけになるかというと2兆円規模では足りないが」ともコメントしています。
しかもこの日本総研は12月には「政策観測」で「各施策に必要な財源としては、2兆円の「定額給付金」を取り下げ、「雇用安定化対策基金」として
プールし、当面必要となる資金を手当てすることを提案したい」と提言しています。
北側さんともあろう方がご存知ないのか、いやそれはない。
と、一人で突っ込みをいれながらテレビを観ていました。

それにしても、またまた麻生さんに戻りますが、
今度は「高額所得者の方にパァッと使ってもらいたい」と国会で述べられましたが、
税金ってそんなものだったのか???と私はさらに開いた口をアングリ。
どうして高額所得者がパァツと使う為に血税を用意する必要があるのか、おいおい麻生さん>
そもそも麻生さんの言われる高額所得者は麻生さんに言われなくても、
自分が使いたい時は使うし、貰っても使わない時は使わない。
私たちが去年まで捉えていた給付金は生活の援助だった筈で、贅沢品の購入意欲をそそるものでは無かった筈だが、、、
勿論、本来の給付金の性格は景気対策と言いたいのでしょうが、
「さもしい発言」や「矜持発言」が足をひっぱり、今やあり地獄。
もがけばもがくほど、、、
ですね。
そもそもは、この定額給付金に「なんの意味」もなかったのだから、後知恵でバタバタ言っているだけなのでしょうか???
と、書き出したらドンドン手が勝手に動き出す私。
ここらで、麻生さんへのツッコミはやめて、
やはり、一番気になる派遣問題。
今日も、国会では
キヤノンの御手洗さんを参考人招致しろと野党の議員が述べていました。
キャノン。
ううううう〜〜〜ん。
ですね。今までのやり方は「あまりにえげつない」と感じます。
大分県には企業誘致のため1996年度から2008年度までに122億7000万円を支出。
その恩恵に与ったのは勿論、キヤノングループ。
グループ二社には「大規模投資促進補助金」として30億円の直接補助と、
用地造成費の差額18億円を県が補てん。
総額なんと、なんと57億7000万円にのぼる「援助」がおこなわれていました。
これは県レベル。
さらにキヤノンは大分市から4年間で20億円の補助金を受けています。

企業誘致のために県民の税金を使って大企業に奉仕(?)。
地域活性化を狙ったのでしょうが、
大分キヤノンはバサリバサリと解雇してニュースにもなりました。
この結果、大分市など地元自治体が緊急雇用対策に乗り出しましたが、一時的な救済です。

なんだかこうして見ていくと、
日本政府も大企業にひたすら奉仕、奉仕しているのですが、
いつかアッサリと捨てられるかもしれないと思うくらい、大企業は「身勝手」です。
儲ける時はドンドン儲け、
ちょっとばかり不況になったら、ドンドン切り捨てる。
今までの儲けは、誰のおかげだったのか、、、なんてちっとも斟酌しない。

うううううう〜〜〜ん。
やっぱり大企業の経営者にここはもっと「社会的責任」を担ってもらいたいなぁ、、、
ワークシェアリングなんて打ち出していますが、結局労働者に跳ね返るだけの仕組みのように思うのですが、、、

さてさて、いずれにしても確りと注目です。

|

« 著作権 | トップページ | センター試験直前は過去問を »

コメント

 私は国会の中継を聞きながら、新しく購入したファクス付きの親子電話の取り付けに、悪戦苦闘してました。(光電話なので仕様が複雑で結局業者に来てもらうことになりました)
 で、よく聴いてなかったのですが、菅さんの質疑が良かった。そして9日の午前中には、民主党、共産党、社民党、国民新党の野党の皆さん方は細かく質問していましたが、殊に国民新党の亀井久興氏の話で、氏と麻生さんは小学校から大学まで一緒で、亀井氏が1年先輩だそうです。だから、よく知った中でのやり取りが面白かった。どうやら麻生さんの負けのようでした。
 「定額給付金」の迷走ぶりはほんとに困ったものですね。

投稿: hitoriyogari | 2009.01.09 17:17

hitoriyogari さん。
本当に、この国会、なんだかなぁ、、、でしたね。
税金を使って、こんなことでナンチャラカンタラと言葉遊びしている間にも生活の困窮は北風と共にビュービューと町を吹き荒れていることに、もっと緊張してい欲しいものです、、、
選挙が目の前から遠ざかり、すこし緩んでいるのでしょうか???
与野党共に。
マッタク。
ですね。
こまったものだ。

投稿: せとともこ | 2009.01.11 16:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43686249

この記事へのトラックバック一覧です: 迷走国会でしたねぇ、、、:

« 著作権 | トップページ | センター試験直前は過去問を »