« おくりびとを観て | トップページ | ダーウィンと植物ホルモン »

2009.01.27

2次補正調整と言うが、、、

2次補正巡り衆参両院議長が調整と言うニュース。
ふっ====
ですね。
うもぉ、と思いながらニュースを見ています。
施政方針も衆参議員でできるかどうかもたついている模様。
前代未聞の混迷国会になるのでしょうか???

さてさて、、、
それにしても、なんともはやはや。
一番の問題は消費税。
「財源の裏付けのない予算を作ってばらまくわけにはいかない」と、政府は言うのだが、、、
だが、、、
果たしてそうなのだろうか?
大型公共事業のバラマキはなんだったのか?
大企業・大資産家の減税はなんだったのか?

確か消費税を5%になった97年度にも政府は同じ様な事を言い、国民の財布から、まさに巻き上げるように巻き上げ,一方、公共事業のバラマキはそのまま,むしろ拡大。
国民の財布はもちろん締まるばかり。
税収は激減。

こうした経緯を知ってかしらないでか(勿論,知っているのでしょうが)、
さらに国民から税を徴収する今回の二次補正。
絶対、反対、というか困ります。通過すれば、、、
大銀行への公的資金投入や株の買い取り、大企業の約束手形(CP)の買い取り制度など手厚い支援策はバッチリと明記。
大企業だけが得をする仕組みが、如何に経済を冷えこませているか学習してください、政府の皆さん>


本当に、、、
ほんとうに、、、
今後、どうなるのか???
皆目、わからない麻生内閣の施政。
うううう====ん。
座右の銘は、 「天下為公 」という麻生さん。
泣いているよ,,,座右の銘が。

|

« おくりびとを観て | トップページ | ダーウィンと植物ホルモン »

コメント

 あなたの怒りはよく分かります。同じばら撒くなら一人30万円とか、う~~~ん埋蔵金が100兆円あることが判明しました。
 官僚がしこたま貯めたのでしょうが、それを使うのは百年に一度の今ではないでしょうか?
 それから渡辺元行革相は変わったようですね。江田健司氏と話し合い、どうやら本気で官僚と戦うつもりのようです。
 京都は凄くいい天気です。今年は世界天文年でしたね。「2009年の主な天文現象」という新聞を切り抜き、もし肉眼で見える現象があったら見ようと努力しています。あなたの影響は大ですね。

投稿: hitoriyogari | 2009.01.27 17:25

hitoriyogari さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

さてさて、、、どうなることやら。
地方が大変ですね、実際に給付の段になると。
それにしても麻生さん。
正直ではあるのでしょうが、なんというかかんというか、、、ですね。
いずれにしても、しっかり見ていきましょうね、、、


それから、宇宙。
楽しみですね。
肉眼でもジャカスカみることが出来ます。
またご覧になったらお教えくださいね。
奥様とお楽しみください♪
そういえば,先日,友人がコカリナという笛で「冬の星座」を吹いてくれました。
なかなか良かったですよ。

投稿: せとともこ | 2009.01.28 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43871852

この記事へのトラックバック一覧です: 2次補正調整と言うが、、、:

» オバマは1920年代のムッソリーニに似ている [逝きし世の面影]
元外務省分析官の佐藤優が『オバマは1920年代のムッソリーニに似ている』 『オバマ大統領の下で、米国は巨大なファッショ国家に変貌する危険性』と、物騒な発言をしています。 オバマ演説を読んでみると、殆んど具体的な事を何も言わずに国家、国民の団結を主張している部分は、確かに似ています。 興奮する観衆(支持者)に向かって片手(左利きなので左手)を高々と掲げて見せる仕草も何となく似ている。 『すべてを国家に』 ファシズムの名前の由来になったファシスト党創設者ベニート・ムッソリーニの主張は簡単で分りや... [続きを読む]

受信: 2009.01.28 10:17

» 貧しい自公政権の教育政策 [ブログ blog で 情報交換]
日本学生支援機構(旧日本育英会)は、奨学金の取り立て強化の一環として、滞納者の情 [続きを読む]

受信: 2009.01.29 19:38

« おくりびとを観て | トップページ | ダーウィンと植物ホルモン »