« 沖縄泡瀬の現状 | トップページ | 「日本にノーベル賞が来る理由」を読みました »

2009.01.22

長生きの散開星団

長生きの散開星団内に存在する惑星状星雲と言うアストロニュース。
Ngc_2818_s


ニュースによれば「NGC 2818Aの年齢は10億歳ほどと計算されているが、これほど長く生き残っている散開星団はまれである。」とのこと。
散開星団について書いてあるwikipediaにも確かに、
「より強く密集していた星団はより長い期間にわたって存在する。しかし数十億年以上も生き残っている星団は知られていない。」とあります。
10億歳の散開星団が見つかったということは、凄いことですね、、、
今後、あらたに見つかる可能性もあるということで、
さらに宇宙の星ぼしの秘密に迫っていくものと思います、、、
さて、
私がすぐに思い出すのはすばるです。
この青い星ぼしは、まだ若い星達です。
秋の空を煌めくスバル。
日本だけでなく多くの国々で神話や伝説として語られた身近な星団です。

と、言うことで長生きの星の話の次は、
今夜の星、それも金星。
金星と天王星が接近と言うことで是非、双眼鏡をもって日没の西の空をご覧ください。


|

« 沖縄泡瀬の現状 | トップページ | 「日本にノーベル賞が来る理由」を読みました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43817868

この記事へのトラックバック一覧です: 長生きの散開星団:

« 沖縄泡瀬の現状 | トップページ | 「日本にノーベル賞が来る理由」を読みました »