« 火星でメタン確認 | トップページ | 自信をもって本番に! »

2009.01.17

阪神淡路大震災14年目

今日で14年目を迎える阪神淡路大震災

あれから14年が経ったのですね、、、

============
被災した兵庫県内12市の人口は震災前と比べて1.9%増加し、約367万人に。神戸市ではおよそ3人に1人が震災後に生まれたり、転入したりした「新市民」だ。5市18地区で進められた復興土地区画整理事業は、神戸市長田区の新長田駅北地区が残るのみとなった。
被災地の地域内総生産は震災前の94年を100とした数値で平均105.9に上昇したが、淡路島3市では同87.9にとどまる。県営復興住宅の高齢化率は47.8%に達し、全体の約4割は高齢者のひとり暮らしだ。
(上記ニュースより)
=============

最高で350万円の援護金は06年で完済の予定でしたが、まだ3割近くが未返済だそうです。
復興に未だ遠い現実があります。
さらに昨年来の景気悪化は追い打ちをかけているものと思います。

またニュースにもあるように復興住宅の高齢化も気になります、、、

いつ、どこで起きるか分からない災害。
確かに自然の引き起す天災かもしれないが、その後の支援策、対応策は政治、行政のものです。
「安心、安全」を謳う政府ですが、
こうした面にこそ、その安全と安心を図ってもらいたいと強く願うものです。

今年も1月17日を様々な思いで過す多くの方々の思いが、一日も早く叶えられるように、、、、、
私も心から願っています。

|

« 火星でメタン確認 | トップページ | 自信をもって本番に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43763892

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神淡路大震災14年目:

« 火星でメタン確認 | トップページ | 自信をもって本番に! »