« オバマ大統領誕生 | トップページ | 沖縄泡瀬の現状 »

2009.01.21

消費税明記?

消費税問題、紛糾しています。
昨日の国会は2011年の消費税率を上げることにたいして、
野党側からバンバン批判がありました。
とくに民主党の石井議員。
迫力ありすぎでしたね、、、
全然、関係ないのですが、石井議員は昨日の国会で、麻生さんがご自分で書かれたと自称なさっている記事にたいして、漢字を抽出。
「あなたの漢字力」で此れが書けるのか?」と質問なさいました。
「本当にあなたが書いたのですか?」
だけでいいのに、、、
あれはイケナイ。
やり過ぎ。
と言うか、政治は語学力でやるもんじゃないでしょうと突っ込んでいました。

私は麻生さんの政策や目指すものには反対です。
が、
が、
漢字力がないから、これは書けないだろう、なんて失礼なことは言うべきではないと思います。
国会の場で、自国の総理をここまで蔑んでいいいものだろうか?
いや、よくはない。(反語です)
と、思いながら石井さんの答弁を聞きました。
さてさて、それにしても、
麻生さんは相変わらずの麻生節一点張り。
見えませんねぇ〜〜〜先が。

出口の先が見えない国会を見ながら、
暗澹たる思いがしたのですが、それは自民党の先生方も同じか???
与党内での批判の方が野党よりも大変そうですねぇ。

テレビに映し出される先生方の言い分を聞きながら、
国民の声は、果たして届いているのか?と不安になります。
やはり選挙がチラチラですね、どの先生も。


次に定額給付金。
公明党の山口さん。
熱弁を振るっていらっしゃいました。
総理よりも総理らしく(?)熱く語る姿が痛々しい。
「給付を待ち望んでいらっしゃる方も大勢いらっしゃる」と言われていましたが、
そりゃ、給付しますよ、と言われれば「ありがとうございます」と貰いに行くのは人の情だと思います。尤も、ありがとうございます、も変かぁ。
自分たちの税金だから。
「給付に反対しているのに、貰うときは貰うのはおかしいじゃないか」と言う意見もチラホラと見受けられますが、
その伝でいくなら「消費税率増には反対だけれど、法律で決まれば泣く泣く払うしかない」と言う正反対の切り返しが返ってくると思うのだが、、、
とくに私はいつも税金が上がり、福祉が切り捨てられる度に「こんな政治、誰も賛成したんじゃないよ===賛成した諸君だけ税金払えよ」なんて毒づきます。

いやでもおうでも、
法律で決まれば、それに従うのが法治国家。
だからこそ、
だからこそ、
決まる前に徹底的に討論して納得する法律を制定していただきたいものだ、と私は思うのですが、、、

多くの国民が反対しているのは、
もっと、有効な使い道があるのでは、という事です。
貰う、貰わないのことではない。
微妙にすり替えた麻生さんゆえ、今、そのワナにご自分でかかってしまった姿が痛ましい。


法律に反対することと、
法律が制定されて後の有り様を語ることは次元が違うのではないか?????
と、思いながら、実は野党のいつまでも「総理、もらうんですか?どうするんですか???」にも辟易しています。
尤も、それを招いたのは麻生さんご自身だが。
矜持の、とか、さもしい、とかとか言わなくてもいいことをおっしゃるから。
やれやれ。こまったもんだあ。

それにしても、
それにしても、
おいおい。ですね。
そんなことより、もっと「今」のことを論議してくれ〜〜〜〜
と。

|

« オバマ大統領誕生 | トップページ | 沖縄泡瀬の現状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43808700

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税明記?:

« オバマ大統領誕生 | トップページ | 沖縄泡瀬の現状 »