« 知っていることと識っていること | トップページ | 中小零細企業を守ってこその活力 »

2009.01.07

第171通常国会

通常国会、異例の早期召集と言うことで年明け早々の5日に 第171通常国会が開かれました。
争点は勿論、「補正」と「雇用」。
私は家事の合間に国会の討論をチラチラとテレビを観ていたので、全体の流れは掴んでいません。
ニュースの切り取られた編集画像を見る限では、解決の糸口も将来の展望も見えない国会で、
ただただ時間だけがながれていきそうです、、、

さて、
麻生さんご自慢の(?)「生活対策」加えて「生活防衛対策」。
さらに約4.8兆円が計上。

しかし、今、一番問題の雇用対策にはなんら進展が見受けられません。
それどころかお得意の書道で「安心」と「活力」と書かれていましたが、
安心ってどう言うことなのか?
活力ってナァ〜〜〜ニィ???
と、思わずテレビに向かって突っ込んでいた私です。

本当に安心を思うなら、
消費税率を上げるなんて発想があるだろうか???

1989年4月に導入されて以来、この間、いつも「福祉のため」「将来のため」と言いながら上げられて来た消費税率。
本当に福祉は向上してきたのか???
医療。
年金。
介護。
生活保護。
どこをみても削減削減の現状。
受益者負担と言って当事者から巻き上げるばかりの福祉行政。

安心ねぇ〜〜〜
ふっぅううう。

本当に「活力」を思うなら中小企業の経営をもっと積極的に保護するべきではないだろうか?
大企業さえ生き延びることができれば活力ある社会になると思い込んでいるようですが、
それは違う。
大企業を下支えしているのは中小零細企業。
言わば日本の産業の土台です。
こうした企業がなくなれば、いずれ大企業だってその存続が危ぶまれるとどうして考えることができないのだろう???

日本の経済を支えてきた、こうした中小零細企業を守ることは、
突き詰めれば日本の経済を守ること、活力ある日本を作ることだと思います。

今、なにをすべきか???
それは自ずと明らかではないでしょうか>麻生さん。

|

« 知っていることと識っていること | トップページ | 中小零細企業を守ってこその活力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43665262

この記事へのトラックバック一覧です: 第171通常国会:

« 知っていることと識っていること | トップページ | 中小零細企業を守ってこその活力 »