« 帰省します | トップページ | 初詣 »

2009.01.02

明けましておめでとうございます

3156283196_2d7d88f1c2_m1

あけましておめでとうございます。
初日が山から輝くばかりに出てくる様と重ねて、
今年があなたにとって素敵な年であることをお祈りいたします。

今年も宜しくお願いいたします。

|

« 帰省します | トップページ | 初詣 »

コメント

せとさん。 明けましてお目出渡うございます。昨年はお世話になりました。 今年もよろしくお願いします。
年末年始慌ただしい中に、どうやら今日を迎えることが出来ました。 昨年から今年にかけて、国民本位の政治が草の根から自覚的に創られて来ているのが何よりの希望です。 やはり歴史は前向きに皆の力で進められておりますね。

投稿: hamham | 2009.01.03 18:31

hamhamさん。
おめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

>昨年から今年にかけて、国民本位の政治が草の根から自覚的に創られて来ているのが何よりの希望です。 やはり歴史は前向きに皆の力で進められておりますね。


はい。
本当に。
テレビを見ながら、胸が痛むのですが、一方で「力」を感じるのもまた現実です。
今年は昨年以上に変動の年になるとおもいます。
まずは1月20日のアメリカ。
目が離せません。

さてさて、、、、
どうなることか。
いずれにしても、今年もお互い、書くことができるまで頑張りましょうね〜〜〜〜(◎´∀`)ノ

投稿: せとともこ | 2009.01.06 19:57

三が日はおろか七草粥まで過ぎてから挨拶するのも間抜けですが、TBを戴いたことをすっかり失念しておりました。不躾を致しまして、どうもすいませんでした。

あけまして、おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

投稿: 黒猫亭 | 2009.01.08 17:06

黒猫さん。
あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします(*^-^)

こちらが一方的にお送りしたトラックバック故、どうぞお気になさらないでね。
それより、言葉のエントリーとても楽しく拝見していたのですよ!!!今度また書かせてくださいね。
と、言うことで今年もまた刺激ある語らい、楽しみにしています!!!

投稿: せとともこ | 2009.01.08 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43611179

この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとうございます:

» 夜明け前 [反戦塾]
 こういう時代こそ若い方にチャンスがあります。  写真をクリックしてください。  明るくなります。今年もがんばりましょう。           塾頭 [続きを読む]

受信: 2009.01.02 15:23

» 「迎春」…本当の春を迎えたい [dr.stoneflyの戯れ言]
ついに崩壊をはじめた日本。 この先どうなるのだろう? と不安を感じていますが、 崩壊をチャンスとし、 皆が春を感じることができるよう願いつつ、 マイペースでブログを綴っていきたいと考えています。... [続きを読む]

受信: 2009.01.02 17:28

» 人類が苦難を経てやっと得た、未来を照らす松明をかかげながら [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
当秘書課広報室、2009年の仕事始めです。 残念ながら、昨年2008年はひどい年でした。 新自由主義、アメリカの軍事的覇権主義に全世界が翻... [続きを読む]

受信: 2009.01.02 22:03

» なんという年明けでしょう [とむ丸の夢]
遅ればせながら、  明けましておめでとうございます。  年末・年始の忙しさにかまけて、すっかりご無沙汰しておりました。申し訳ありま... [続きを読む]

受信: 2009.01.04 00:11

» 今年こそ、「人間らしく働ける職場を」、「老後を安心してくらしたい」。 [ブログ blog で 情報交換]
●昨年に引き続いて、ネットカフェ難民、ワーキングプアが社会の大問題になっており、 [続きを読む]

受信: 2009.01.04 16:49

» ノーベル賞 [へなちょこ自然保護]
 NHKのテレビ番組「サイエンス・ゼロ」を見た.話題はノーベル賞.小林,益川の両先生を招いて,また一方には全部で数十人の生徒・学生・タレントを並ばせて,いわばバラエティ番組ふうの形式.  ひと通りの紹介,あいさつのあと,びびる大木(タレント)による小林・益川理論の解説.化学賞の下村先生の研究の解説.そして南部先生の研究の解説,と続く.  先生方の生い立ちや苦労話なども織りまぜて,興味深い番組だった.小林・益川先生への質問や下村先生(米国にいる)への質問を会場から出させて,それぞれ答えてもらうという趣... [続きを読む]

受信: 2009.01.06 08:12

« 帰省します | トップページ | 初詣 »