« 「持続可能な経済統治のための憲章」なるか? | トップページ | 教えること 学ぶこと »

2009.02.08

〒マークの日と郵政見直しについてツラツラと

今日は〒マークの日です。
尤も一般に2月8日は針供養の方が頭にすぐ浮かぶのですが、針供養は地方によって12月8日だったりします。
いずれにしても昔の女の人にとって針仕事は大きな家事の一つ。
一年の苦労をねぎらい、また針仕事の上達を願った思いは今に伝わっています。

さてさて、それはさておき〒マーク。
調べてみると変遷(と言っても「Tから〒」ですが)あったそうです。
上のサイトに詳しく書かれています。
ここでは、ちょっと引用しつつ紹介します。
明治20年(1887)2月8日、郵便(ゆうびん)事業を扱う逓信(ていしん)省のマークとして登場!
ただ、この時発表されたマークは「T」。
そして6日後の14日(19日という説もあるそうです)になって突然「〒」の間違いでした、と発表された
そうです。
いわば「見直し」???でしょうか?
と、思いながら、その先を読むと、以下の通り。
================
この経緯については幾つかの説があります。ひとつは単純ミス説で、元々「テイシンショウ」の「テ」を図案化した「〒」で決めていたのに、発表用の文書を作る段階で「T」と誤記されてしまったというものです。ただこういう説
はみんな信用しようとしません。
===============

フゥ====ム。
こういう説はみんな信用しないかぁ。
笑っちゃうな。
そうか、そうか、、、信用しないか。
と言う事で次を読むと。
=================
もうひとつ有名なのは「T」というのが国際的に「料金不足」のマークとして使用されているという指摘があって、慌てて1本線を足してしまったというものです。この場合、もともとの「T」の由来についても、Teishinsho の「T」と
いう説と「逓」の字が難しいので同じ「てい」と読む「甲乙丙丁」の「丁」にしたという説があります。
=================

ふぅむ。
「T」というのが国際的に「料金不足」のマーク。
あっちゃ、これはいかん。
と言うことだったのか???
慌てて一本足すと言う所が、なんとなく「今と変わんないなぁ、、、」と思います。
が、
「Tから〒」のマーク見直しは可愛いし愛嬌もあるが、
が、
が、
今の国会で討論されている「郵政民営化見直し」論、
ちっとも可愛くないし愛嬌もない。
言われて、慌てて変えるなんてところは昔と同じだが、、、ヤレヤレ。

マークさんにはお別れして話は郵政民営化へと続きます。

郵政民営化見直し。
紛糾の一路を辿っています。
麻生さんのあまりにお粗末な発言については、もう言わずもがなとして、ここでは書きません。
私個人は「見直し」には賛成です。
そもそもの、そもそもから破綻はみえていたものの、その後の経過のお粗末さも目に余るものがあります。
郵政民営化 その後と言う記事を書いたのは2006年2月。
2007年には「公約を守らないなんて大したことではない」と平然と云いのける小泉さん。
嘘にウソを重ね、もう着膨れになって、何が嘘で何が公約かさえ分からなくなった小泉さんを追求するも、
いったん、動きしだした法律は止まらない。
綻び、ほころび、、、、
そして今、綻びは裂け目になってきているようです。

「公約を守らないなんて大したことではない」かぁ、、、
「クレタ人はみな嘘つきだ」と言ったクレタ人よりタチが悪いなぁ、、、小泉さん>

簡易郵便局の閉鎖。
集配郵便局の統廃合で、郵便配達の遅れや時間外窓口の閉鎖。
各種手数料は値上げ。
過疎地に最大のしわ寄せが押し寄せています。

また、郵政の職場では、労働者は長時間労働と非正規雇用が拡大。
これが所謂、「官から民へ」と言う事だったのです。
その後ろ盾は勿論米国通商代表部であると言うエントリーを挙げたのですが、
今更ながら 「金融の規制緩和」が何をもたらしたかを見る思いです。

そして、こんな背景と経過を見ながら、
今、出来る事、早急にやるべき事は、
「見直し」です!!!
おっ、麻生さんと気があいました!!!

四分社化の見直し・三事業の一体経営、
貯金、保険のサービスを提供する金融のユニバーサルサービスを義務付ける
などなど、、、
与党も野党も、もう一度踏みとどまり、生産的、実質的な国会討論、議論を期待します。
そして、失った私たち国民の多くの財産を、もう一度国が保障してくれる法律を望みます!!!


と、言う事で今日は「〒マークの日」。

|

« 「持続可能な経済統治のための憲章」なるか? | トップページ | 教えること 学ぶこと »

コメント

 私も「〒」についてのコラムを読みました。あなたの仰るとうりです。出来た時点からあちこちふら付いていたのですね。そんな郵政民営化の見直しは当然です。
 話は違いますが、今、テレビからは民主党の最高顧問である渡部恒三氏が質問していて、その老獪なユーモアを駆使した質問には、自民党の皆さんも笑いに巻き込んで、流石長老だなあと感服いたしました。
 愈々政権交代なのかなあと思わせるものがありました。

投稿: hitoriyogari | 2009.02.09 16:52

hitoriyogari さん。

私も渡辺さんの老獪な質問、みていました。
真紀子さんや石井議員と違って、ユーモアと温かさがあって、聞いていてもホッコリでしたね。
しかし、
しかし、
しかしですよ。
麻生さん。
どなってんでしょう???
政権末期ですね。
あの内閣は。
と、思うものです。

投稿: せとともこ | 2009.02.10 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43994737

この記事へのトラックバック一覧です: 〒マークの日と郵政見直しについてツラツラと:

» 国民を愚弄するな 自公政権 [ブログ blog で 情報交換]
自民党、公明党は郵政民営化改革をかかげ、麻生自公政権がその実施を現在進めている。 [続きを読む]

受信: 2009.02.09 10:23

« 「持続可能な経済統治のための憲章」なるか? | トップページ | 教えること 学ぶこと »