« 再分化する不死のクラゲ? | トップページ | 郵政民営化 見直し? »

2009.02.06

ピンクのイグアナ

リクイグアナ:ピンク色は新種 ガラパゴス諸島

ふぅ===む。
今年はチャールズ・ダーウィンの年。
ガラパゴスのイグアナたちも活躍ですね。
「南米エクアドルのガラパゴス諸島の一部地域だけに生息するピンク色のリクイグアナが、約500万年以上前に他のリクイグアナから分かれて進化した最も原始的な新種と分かった。」
と、ニュースにはあります。

血液をDNA分析した結果、良く知られている黄色い種とは遺伝的に遠いもので、
ガラパゴス諸島が形成される前の約570万年前に、黄色い種の祖先と分かれて進化したと推測されたとのこと。

ダーウィンはこのピンク種は目にしていなかったそうです。

それにしても、この貴重なイグアナ、絶滅の危機にひんしているとのこと。
保護が必要とされています。

そういえば、先日オオタカの棲む森が開発されると言う事で、住民から保護していこうと言う声が挙ったというニュースを聞きました。
沖縄のジュゴンもそうです。
絶滅危惧種については保護団体や法律があり、
基本的には守られているはずですが、、、
が、、、
ジュゴンの棲む海が、今、埋め立てられようとしたり、
あるいは知らないうちに開発されて絶滅したり、、、と色々あるのでしょうが、
いずれにしても、保護できる動植物に対して、よりいっそうの環境整備をねがうものです。

ピンクのイグアナ。
なんとしても守りたい。
ジュゴンも、
オオタカも、、、

|

« 再分化する不死のクラゲ? | トップページ | 郵政民営化 見直し? »

コメント

オオタカでしたら、我が家の回りでも時々見かけます。
他の鷹類では、通勤途中でよく見かけるのが、ノスリとハヤブサの仲間のチョウゲンポウです。昨年は、珍しいケアシノスリが近所で越冬したので何度も観察に出かけましたが、今年は普通のノスリしか見かけません。

で、野鳥の会の友人に聞いた話ですが、実はドバトを捕食することを覚えたオオタカが、都市部で営巣することが増えてきているようで、かつてのような貴重さはなくなってきているようです。
良いんだか悪いんだか・・・

投稿: Looper | 2009.02.06 16:36

Looperさん。
モノーの方に示唆に富むコメントを頂き本当にありがとうございました。
とても刺激になっています!!!

さて。
オオタカ、私の近くにもいます。
以前住んでいた所にはフクロウがいて、庭が荒らされたり、やっぱりお騒がせでした(;д;)
可愛いのはかわいいのですが、、、

タカやらサルやらクマ。
あちこちに出ているようで、動物たちも生存に必死なのでしょうね。
人間の責任なのでしょうか???
どうなのだろう???
悩ましい。
ですね。

投稿: せとともこ | 2009.02.06 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43971036

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクのイグアナ:

» ソマリア沖の靴投げ [逝きし世の面影]
早い話が:ソマリア沖の靴投げ=金子秀敏 (専門編集委員)毎日新聞 2009年2月5日 海賊の出没するソマリア沖に海上自衛隊の護衛艦を派遣することになった。 場所が瀬戸内海だったら海上保安庁の巡視船が取り締まるところだが、ソマリアはあまりにも遠い。だから、遠洋航海向きの護衛艦を出すのである。 ところがマスコミの解説のなかに「ソマリアの海賊は重武装なので巡視船では歯が立たない、だから護衛艦を出す」という議論を見受ける。この論理はおかしい。 「重武装」というと、金銭目当ての強盗集団が、あたかもテロ戦... [続きを読む]

受信: 2009.02.07 09:46

» 泡瀬護岸内サンゴ視察(2/5) [リーフチェッカーさめの日記]
公共事業チェック議員の皆様に同行させていただき泡瀬干潟の第一区域(護岸で閉じ込められているところ)の埋め立ての様子と護岸の中のサンゴの様子を見ることができました(参照:「工事中断に全力」 泡瀬埋め立て/公共事業調査 野党議員の会)。1/15に土砂投入は始まって... [続きを読む]

受信: 2009.02.07 15:06

« 再分化する不死のクラゲ? | トップページ | 郵政民営化 見直し? »