« 電子申告 ううううう唸っていま〜す | トップページ | 血液型性格判断は世界でも通用する? »

2009.02.17

村上春樹さん 素敵でした!!!

村上春樹さん、エルサレム賞記念講演でガザ攻撃を批判と言うニュース。

感想第一番。
カッコイイ。
です。
個人的は村上春樹さんの作品、いつも挫折です。
置いてけぼりになるんですね、、、
とは言え作家の力量と言うエントリーを以前挙げたのですが、そこでは村上春樹の筆力について感嘆したことを書きました。
ところでエルサレム賞の受賞者にクンデラがいたのですね。
実は大好きなのです。
クンデラが、、、

さてさてニュースを見ていくと、、、

「イスラエル最高の文学賞、エルサレム賞が15日、作家の村上春樹さん(60)に贈られた。エルサレムで開かれた授賞式の記念講演で、村上さんはイスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃に触れ、人間を壊れやすい卵に例えたうえで「私は卵の側に立つ」と述べ、軍事力に訴えるやり方を批判した。」
と言うリード文。
そしてニュースはガザの現実と作家村上春樹の賞授与、そして授賞式の模様について以下に述べます。

「ガザ攻撃では1300人以上が死亡し、大半が一般市民で、子どもや女性も多かった。このため日本国内で市民団体などが「イスラエルの政策を擁護することになる」として賞の返上を求めていた。
村上さんは、授賞式への出席について迷ったと述べ、エルサレムに来たのは「メッセージを伝えるためだ」と説明。体制を壁に、個人を卵に例えて、「高い壁に挟まれ、壁にぶつかって壊れる卵」を思い浮かべた時、「どんなに壁が正しく、どんなに卵が間違っていても、私は卵の側に立つ」と強調した。」

壁ですか、、、
卵と壁なんてくると、なんとなく不思議の国のアリスを思ったりして、、、
「ハンプティ・ダンプティが 塀の上
ハンプティ・ダンプティが おっこちた
王様の馬みんなと 王様の家来みんなでも
ハンプティを元に 戻せなかった」

あっ、横道です。
むしろこの場合は村上さんの想定は嘆きの壁かもしれません。
私は行ったことはないのですが、夫は仕事でイスラエルに行って、
この壁を見てきたことがありましたが、その時はまだ平和な時だったので、文字通り「祈りの壁」でもあったそうです。
歴史を振り返れば、壁には辛く悲しい「時」が刻まれています、、、

さて、村上さん。
彼が語った壁は「分離壁」の事です。
村上さんは「壁は私たちを守ってくれると思われるが、私たちを殺し、また他人を冷淡に効率よく殺す理由にもなる」と壁について語っています。

壁かぁ〜〜〜〜〜
人と人を切り離し、
思いを断ち切り、
人の前に厳然と立ちはだかる壁は、
本来は村上さんが言われるところの守りのためにあったのだろうが、、、
村上さんが言われるのは、
攻撃の砦にもある壁。
それは今、現実に分離壁と言う名で立ちはだかっています。


うううううう〜〜〜〜ん。
難しい問題がいっぱい、いっぱい絡み合って、からみあって、
こんがらがって、
今はどうしようもないくらいになっているんでしょうか???
イスラエルと近隣の国々。

なんとか、なんとかお互いが一歩でも二歩でも歩み寄ることができたら、と願うしかできない私です。
が、
村上さんの演説には力が湧きました!!!
壁なんかなくて、
壁の中の人々が平和で暮らせて、
壁の外には潰される卵もなくて、
と、
そんな時代がこないだろうか、、、
と、窓に目をやると天使が横たわっています。
IMGP0565
この天使。
イスラエル人の友人が京都に遊びに来たときお土産で頂いたものです。
すごく陽気で素敵な女性でした。
あの時は、ポルトガル人と中国人の友人も一緒でしたが、
言葉も違って外国語の英語で話していました。
お互いに「花ってポルトガル語ではなんというの?」
とか、
「水って中国ではどう言うの?」
とかとか、、、
違った文化を理解しようと懸命。
楽しいひとときを思い出します。


どこの国であろうと、
誰であろうと、
本当はみんな楽しく笑って過したいし過すために平和であることを望んでいるのでは、と私は思います。

と、言うことで最後にもう一度。
村上さん。
カッコヨカッタ!!!

|

« 電子申告 ううううう唸っていま〜す | トップページ | 血液型性格判断は世界でも通用する? »

コメント

お久しぶりです。いかがお過ごすでしょうか?
ご無沙汰ばかりでごめんね。
お玉も記事にしました~~
おなじく、かっこいいと思う。

投稿: お玉 | 2009.02.18 07:45

お玉さん。
こんにちは。
本当に久しぶりですね(o^-^o)
お正月に「新年のご挨拶」をトラックバックしたのですが、届きませんでした。
お玉さんちにもどうもトラバがいかないようです。
結構、届かないところがあるんですね。

と、言うことで
また宜しくお願いいたします。

さて、、村上春樹さん。
素敵ですね。
こうした記事が世界を駆け巡って欲しいのだが、、、


そうそう、
マルクスの記事、拝見しましたよ。
刺激を受けましたよ。
また勉強させてくださいね。
楽しみです。

では、、、またね!

投稿: せとともこ | 2009.02.18 10:59

たいへんご無沙汰しております。
お玉さんのところのコメントで言いたいことは既に書いて、ついでに自分んちでも書いたのですが、もう一言だけ。

>力が沸きました!
あのスピーチのキモは最後の一段の、「しかし、わたしたち一人一人は、制度にはない、生きた精神を持っている」以下にあるのだと思います。
特定の対象への抗議はもちろんあるけど、それ以上に、我々一人一人への呼びかけなのです。それは個人の存在のあり方への親密な呼びかけであり、イスラエル人にも共有できるものなのです。イスラエルに生まれたという偶然だけをもって、その人のすべてが決められるわけではないからです。
もちろん「日本」や「日本人」も。

そして20数年来の村上春樹読者であり、もっと長くロックンロールを聞いてきた者としては、背中を押されっぱなしじゃなくて、才能はないけども身の丈に応じて、受け取ったものをまた手渡していくことだと思っています。

>天使
去年までの、中国人と白酒にまみれて過ごした生涯で最もエキサイティングだった時間を思い返しても、そう思います。

投稿: なめぴょん | 2009.02.18 22:25

おおおお、、、、
なめぴょん さん。
本当にお久しぶりです。(*^-^)
懐かしいなめぴょん さんから、
コメント頂けてとても嬉しく思います。
お元気でいらっしゃいましたか?????
日本に帰っていらして、本当に嬉しいです。
中国のお話もまた聞かせてください。
そうそう、先日、愚樵さんのところでもあなたのこと話題になっていましたね。
楽しく拝見しました。
私はロックはあまりわからないのですが、
なめさんがなさっている様子を見ると楽しいんだろうなと想像しています。


さて、村上春樹さんの記事、拝見しました。
「特定の対象への抗議はもちろんあるけど、それ以上に、我々一人一人への呼びかけなのです。それは個人の存在のあり方への親密な呼びかけであり、イスラエル人にも共有できるものなのです。イスラエルに生まれたという偶然だけをもって、その人のすべてが決められるわけではないからです。
もちろん「日本」や「日本人」も。」
と言われるなめさんの言葉、深く胸に沁みます、、、

本当にそうだと思います。
ただそこに生まれただけ、いるだけで強いられる過酷な運命は、実は同時代に生きている全ての人々共通のもの、共有のものであることを強く感じました。

ところで、ブログ、素敵でしたね。
なめさんらしいタッチです。
これからも、どうぞお付き合いくださいね。
ではまたね(o^-^o)

投稿: せとともこ | 2009.02.19 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/44090415

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹さん 素敵でした!!!:

» 「村上春樹の受賞スピーチ」…やはり賞賛しますが、もう一言 [dr.stoneflyの戯れ言]
 実を言うと、同タイトルのものを一旦upし、1時間半ほどで削除した。アクセスも28程あったので読まれた方もいるかもしれない。  削除したエントリーは「村上春樹のスピーチの内容が甘いのではないか?」というもので、同スピーチを和訳されていたブログから転載させていただき、「甘いのでは」の内容を書いた。伝えられていたもとのスピーチの内容(英文)は要約されたもの?だったようで、肝心な部分が抜け落ちていたのだ。その肝心な部分が抜けている英文を和訳したものをもとにしたワタシのエントリーは、実際のスピー...... [続きを読む]

受信: 2009.02.19 16:50

» じゅうごのじゆう [そいつは帽子だ!]
巷(ってどこ?)で話題の村上春樹さんの受賞スピーチについて、です http://www.47news.jp/47topics/e/93925.php 何だかまとまらないけど、 いつまでもまとまらなさそうだから、 急いで出したいなと思うとこだけ、出しときます ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆..... [続きを読む]

受信: 2009.02.22 12:18

« 電子申告 ううううう唸っていま〜す | トップページ | 血液型性格判断は世界でも通用する? »