« 脳は「他人の不幸喜ぶ」「ねたむ」 | トップページ | 中川財務相、記者会見 »

2009.02.13

かぐやで月の地形図が、、、

月の最高峰は1万750m…「かぐや」で世界初の全球地形図と言うニュース。
詳しくはJAXAのホームページをご覧ください。
ワクワクします。
月の表と裏って可成違うそうです。
そしてそれは月の起源と関係があるとか、、、
月の起源は、約45億年前に太陽系が形成された際、地球に火星サイズの天体が衝突し、破片から誕生したとの「巨大衝突説」が今は有力です。
さらに解明するために「かぐや」の今後が期待されています。
楽しみですね。

月とかぐや。
遠い万葉の時代から人々は月に憧れ、そこに美しい天女がいる。
そして、地球に降りてきて、ほんのつかのまの時を過し、思い出を残して去っていく、そんな淡い物語を作り、
言い伝えてきました。
万葉集 巻16の有由縁(よしあるうた)、また雑歌(くさぐさのうた)の「昔老翁(おきな)有り、竹取(たかとり)の翁(をぢ)といふ。」が竹取物語ではと言われています。
また源氏物語でも「物語の出〔い〕で来はじめの祖〔おや〕」と書かれています。

科学がどんなに進歩して、月に人が立ち、月の裏側がわかっても、
やっぱり、探査機は「かぐや」です!!!

|

« 脳は「他人の不幸喜ぶ」「ねたむ」 | トップページ | 中川財務相、記者会見 »

コメント

かぐやは今年中に今までの高度100キロの周回軌道をじょじょに下げて半分の50kmにするそうで、それに伴って解像度も倍の5メートル未満になり今まででは考えられないほどの鮮明画像になるらしい。
今からわくわく。楽しみですね。

NHKの放送でかぐやの映像がアポロ月着陸を証明したと某天文台長が話していましたが、何と、かぐやの写した映像とアポロ14号の背景映像が全く同じもだったらしい。
でも、かぐやは100キロ上空の周回軌道からの写真で、アポロは月面での写真です。
同じモノが有ると逆に不味いのでは。
(アポロ指令船の周回軌道はかぐやと同程度)

去年、宇宙画家になった元アポロ14号乗員アラン・ビーン氏が、日本の月探査かぐやのNHK放送の時にゲストとして出演していた時の話。
アラン・ビーンは話の筋(かぐやの映像)から突然はずれ、誰からも聞かれもしていないのに、『月からは星は見えないんですよ』と喋りだした。
余りの突然の奇妙な発言に、流石のベテランNHK司会者達でも途惑って、
司会者『そうなんですか。月からは星が見えないんですか』
ビーン『そうなんですよ。月からは星が見えないんですよ。』
と鸚鵡返しの何とも頓珍漢な会話になっていた。
(そういえばアポロの写真にもビデもに、もどちらにも星が一つも写っていなかった。)
かわいそうに元アポロ乗員アラン・ビーン氏は39年前の其の事が余程、気になって仕方がなかったのでしょう。
国際宇宙ステーションからは、何時でも星が見えるんですよ。
空気が無い月は、巨大な衛星ですが、撮影条件では宇宙ステーション(人工衛星)と同じはず。

投稿: 逝きし世の面影 | 2009.02.14 15:57

瀬戸さん こんにちは
「かぐや」といえばつい最近まで私のパソコンの壁紙は「かぐや」から地球を撮影した写真でした。
http://wms.selene.jaxa.jp/selene_viewer/jpn/observation_mission/hdtv/038/hdtv_038_l.jpg
今は「天の川」の写真です。(サイズが大きすぎるので加工が必要ですが)
http://apod.nasa.gov/apod/image/0807/scenicmilkyway_hepburn_big.jpg
どちらもシンとしていて静寂感が漂い見ていると気持ちが妙に落ち着きます。

投稿: NairFess | 2009.02.16 10:12

逝きし世の面影さん。
NairFess さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。


逝きし世の面影さん。
「かぐや」の映像、本当に楽しみですね。
これからも折に付け書いていこうと思います。
分かるほど、そこにはやはりロマンがありますね♪
また、これからもいろんなご意見下さいね。
楽しみにしています。


NairFessさん。
こちらからNairFessさんちにコメント書こうと思いつつ、バタバタしていてごめんなさい。
先日の「ありのまま」の記事、NairFessさんのブログについても書かせて頂いて、トラックバックをお送りしたのですが、どうもハテナは相性がわるくて届かなかったようです。
勝手に書かせていただいて失礼いたしました。
とてもNairFessさんらしい真摯で誠実な内容にまた教えられていました。
ありがとうございます。


それから、ここに貼っていただいた写真、みました。
いいですね〜〜〜〜〜
心がヒロビロ、ノビノビしましたヽ(´▽`)/

投稿: せとともこ | 2009.02.16 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/44046114

この記事へのトラックバック一覧です: かぐやで月の地形図が、、、:

» 成果が無かった『成果主義』 [逝きし世の面影]
バブル経済が崩壊した1990年代以降、日本企業の多くは従来の年功序列型の人事評価制度を取りやめ、アメリカ型の成果主義型の制度へと改めていった。 今では大企業の80%が何らかの成果主義を導入しているという。 『社員のやる気が引き出され、働いた者が公平に評価されることによって、企業はますます発展する』として日本に導入され、その後、成果主義に伴う『自己責任』や『客観評価』を口実にして職場は劇的に変化するが、それでは日本の企業内で何が行われ、何が失われたのだろうか。? 一番顕著に現れたのが、一般従業員の... [続きを読む]

受信: 2009.02.14 11:04

» 1898年2月15日、戦艦メイン号の爆沈 [逝きし世の面影]
111年前の1898年2月15日に突如勃発して、米西戦争の原因となった「メイン号事件」は色々な意味で、最初から最期までアメリカがかかわった(アメリカが主役)の事件であり、アメリカ合衆国の本質を語る上で避けて通ることの出来ない事例であろう。 米西戦争とは、徹頭徹尾アメリカによる、アメリカらしい、アメリカの為の戦争であった。 この戦争以後、アメリカは新興の世界帝国として世界の歴史に登場してくる。 メイン号は爆沈3年前の1895年9月17日に就役した排水量 6,682トン のアメリカ海軍の最新鋭戦艦。... [続きを読む]

受信: 2009.02.15 14:08

« 脳は「他人の不幸喜ぶ」「ねたむ」 | トップページ | 中川財務相、記者会見 »