« 築地市場移転先、発ガン物質検出問題 | トップページ | 春です »

2009.02.03

天の邪鬼について

IMGP0545

今日は節分。
豆まきです。
鬼さんが大活躍の日です。
あちこちで微笑ましい光景が見られることと思います。

さて、
先日、センター試験の国語の問題が、子どもの遊びを題材にして、そこから見えて来る政治を書いた本から出題されたのですが、「鬼」についてチラリと書き込んであったのですが、
鬼と言えば、節分。
と、言う事で、何回か書いた鬼ですが、今日は「あまのじゃく」について。

あまのじゃくは「悪鬼神もしくは小鬼、また日本の妖怪の一種とされる」とwikipediaには書いてあります。
そもそもは日本神話から出ているのです。
天探女 ( アメノサグメ )が天の邪鬼に変わったのは経緯は以下のようです。
===============
荒神に服従を説くという任務を忘れ、8年ものあいだ葦原中国に居着いている天若日子の元に、天照大神の詔を伝えるために雉名鳴女が派遣されて来ることを事前に天若日子に伝えた。このことによって雉名鳴女は天若日子に矢で射落とされることになる。探女はその名の通り、人の心や未来を探ることが出来るようだ。元々、動物の声などを聞くことの出来るシャーマンが神格化されたものと思われる。
日本に仏教が渡って来て以来、天探女は人の心を読みそれと反対のことをする天邪鬼(あまのじゃく)へと変わっていった。
================
もともとはシャーマンだったのですね。
同じ様な能力でも「さとり」は姿形は異形のものですが、
天の邪鬼は、人間と同じ、あるいは多分美しい女性だったのですが、
仏教到来ですっかり悪者。
毘沙門天に踏みつぶされると言う可哀想な運命をたどります、、、
この辺りにも日本古来の神道から仏教へと変遷していった歴史をかいま見る事ができます。

ただ民話の「あまのじゃく」はなかなか可愛いものもあります。
良く知られているあまんじゃく伝説箱根山のあまのじゃくは、物悲しくも美しく民話が語る「よわきもの」への哀愁溢れ、良いですね。
一方、
うりこ姫での役割は悪者としてのあまのじゃく。

小鬼ゆえ、いろんな作品に使われやすく、それゆえ親しまれ、
今なお、いきいきと生活に食い込んでいる「あまのじゃく」。
で、
あなたは「あまのじゃく」ですか???
私は、、、
そりゃ====
です。

と、言う事で今日は節分。

|

« 築地市場移転先、発ガン物質検出問題 | トップページ | 春です »

コメント

あの~、呼ばれましたでしょうか? (≡^∇^≡)

投稿: 愚樵 | 2009.02.03 12:11

こんにちは、せとさん。

天邪鬼な性格で仕事にありついているのが研究者だと思っています。昔、研究所の移転というのをやったときに、研究者がなかなかプランに合意してくれないのを見て、建築関係の人が私に聞いたんですね「どうして、こうまとまらないんでしょう」なんてね。私は「そういう人を集めているが研究所ですから」なんて答えたんですね。「例えば何か技術開発をするとするでしょ、今はその技術は無いわけだから、10人のうち9人までが『それはできない』って言うよね。その時1人だけ『いやまて、こうやったらできるかも』って言い出してやり遂げてしまったり、失敗したりするのが研究者だよね。つまり、9人が『できない』と言ってもそれになびかずに『いやまて、こうやったら』と言い出す偏屈な奴が研究者なんだ。そういう奴ばかり集めているのが研究所だから、そうそう簡単に話がまとまると思ってはいけないよ」なんてね(笑)。なんだか、研究所の別なセンターが移転するとかで、話を聞きに来たいというので、その頃の地獄の日々を思い返しています。

せとさんは広島でしたっけ、広島と島根の県境に「天邪鬼」という地名の渓谷があったと思います。中国山地というのは地学的には面白くて、川が先にあって後から山ができたんですね。川が流れている土地がゆっくりと隆起していったのね。その結果として土地の傾きと川の流れが逆になっている所が有るわけです。つまり、土地が高くなっている方向に谷が深くなりながら川が流れている渓谷があるわけです。でもって、ついた名前が「天邪鬼」ね(笑)。

投稿: 技術開発者 | 2009.02.03 17:33

愚樵さん♪
技術開発者 さん♬
おはようございますfuji

やってきましたね。
お二人の天の邪鬼さんがヽ(´▽`)/
フムフム。
別の記事に今日、コメントを頂いたLooperさんや面影さん、hamhamさん、黄金の口さんと、お名前をみて、
最初は、
「フフフ、天の邪鬼にコメントか、来たな〜〜」と一人ほくそ笑んでいたのですが、
が、
ざんねぇ=====ん。
別の記事でした。
(ここにコメントをつけないところがアマンジャクだったりして。ハハハ。
あっ、これ内緒です)

と、言う事で、きょうから立春。
また、宜しくお願いいたします。
さらに今年も良い年でありますように。

投稿: せとともこ | 2009.02.04 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/43942234

この記事へのトラックバック一覧です: 天の邪鬼について:

» 大学入試センター試験の紹介 [大学入試センター試験]
大学入試センター試験の紹介 [続きを読む]

受信: 2009.02.04 18:14

» ブッシュ政権にみるマニフェスト・デスティニーの呪縛 [逝きし世の面影]
『ラムズフェルド発言の深層』 9・11事件を口実にしたイラク侵略戦争開戦時の、戦争に反対するフランスやドイツに対する例の有名な『古臭いヨーロッパ』というラムズフェルド国防長官の発言の真意は、案外奥が深い。 発言は正にマニフェスト・デスティニーの呪縛であり、自らの文明的・道徳的(宗教的)な優越感であろう。 いずれにしろアメリカの文明理解は、19世紀後半以来、現在まで基本的にはまったく変化していない。 現在のグローバリゼーションとアメリカナイゼーションの問題は、正にこの延長線上に位置している。 アメリ... [続きを読む]

受信: 2009.02.05 10:31

« 築地市場移転先、発ガン物質検出問題 | トップページ | 春です »