« 天の邪鬼について | トップページ | 地球に最もよく似た太陽系外惑星 »

2009.02.04

春です

立春です。
春めく光と風に揺られ、花々の季節。
重なった木々からも風のゆらぎとともに、光がザワザワと届きます。
そんな季節がやってきました。
IMGP0559


さてさて私は朝から掃除。
そうです、昨年も書いたように玄関に散らばった豆を集めていました。
昨年は仙崖和尚に登場頂いた立春でしたが、今年はやっぱり風狂の一休さん
一休さんについては何回か書いたのですが、
私の中では、やはり水上勉さんと重なります。
ご自身の著書の帯に一休について以下のように書いています。
=============
間はなぜ瑣事に悩み、色に惑うのか。
悩み、惑い続けながら、なぜ「生」に執着し「色」に執着するのか。
自ら煩悩の熱い炎に焼かれ身悶えしながら、なお人間の真実に迫ろうとする水上勉が、一筋の光明を求め、「心経」を一休和尚に問い、正眼国師に質す。
その苦悩の果ての悟りとは、、、、、
(水上勉、般若心教をよむ、の帯)
==============
水上勉は一休が好きでした。
またその生き様は、そうであらんとしていました、、、

一休さん。
なかなかに食えない和尚。
そして魅力あるその生き様に人は己の煩悩を重ねるのでしょうか?
「仏といふも、さとるといふも、名はかはれども、おなじみちなり。我が本心をさとる人を、すなはち、仏となづくるなり」
なんて殊勝な一休さん。
が、
あるときは、
「釈迦といふ いたづらものが世にいでて おほくの人をまよはすかな」
なんてイカニモとポンと膝を打つ様なすぐれものがあったり、
その他、まぁ色々、イロイロ、あるんです。

そんな一休さん。

正月には有名な
「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし 」
と、言う歌を残しました。
正月は一つの通過行事。
迎える事ができた喜びと、未来への様々な思いが交錯して、
結局「今」が大事と言う事でしょうか。

と、言う事で今日は立春。
新しい季節と出会いの第一歩の日です!
IMGP0557

|

« 天の邪鬼について | トップページ | 地球に最もよく似た太陽系外惑星 »

コメント

こんにちは、せとさん。我田引水的に陽明学の話をしちゃいます。

いろいろ奇行もあり「風狂」といわれる一休さんと、陽明学における「事上磨練」の関係なんて、かなり強引な話です。ただ私にはこの2つがかなり近い関係にあると思うんですね。

なんていうか、寺で静かに座禅して、心を静め瞑想していて、ふっと何か悟りの境地の入り口みたいなものにさしかかる。これを一休さんは「面目坊に会う」みたいな言い方をしたりしていますけどね。なんていうか、哲学的真理につながりそうな何かに思いあたる訳ですよ。そうすると人間には「理知の悦び(これは陽明学の方の用語ね)」というのが発生するから、その境地にもう一度会いたくてしかたなくなるわけです。ところが、「もう一度あの境地に」という欲が邪魔して、逆にその境地が得られなくなるんですね。むしろ、日常の些事に追われて一息つきながら漠然と思いを巡らしている時に突然、その境地がやってきたりする訳です。もともと禅には日常の生活全てを修行とする考え方はあるんだけど、それを「修行だ、これによって悟ろう」なんてのは、悟りへの欲にへのこだわりがあるから、やはり「面目坊にあえない」訳です。悟りへのこだわりを捨てて、日常の些事をきちんとこなす中に道があるわけですね。

>「釈迦といふ いたづらものが世にいでて おほくの人をまよはすかな」

陽明学も日常を大事にする面がありますし、「理知の悦びは、目が色を追い、耳が音を悦ぶのと同じ」なんて、自然な心の動きとして指向するのね。

と、我田引水でした。

投稿: 技術開発者 | 2009.02.05 08:37

技術開発者 さん。
我田引水、ありがとうございますo(*^▽^*)o

いえいえ、私の田圃にもきれいな水をいっぱい引き込みましたよ♬

本当に仰る通りです。

さて、開発者さんのコメントを拝見して、
ふと、このところころの「ニセ科学批判」対「批判批判」が、かまびすしいようで、ちょっと気になります。
両方、お互いに気負いすぎているようで、気がかりです、、、
(老婆心か、、、ハハハ)
「偶然と必然」の方に、開発者さんからコメントを頂き、またそれに対して黄金の口さんからも、コメントを頂いたのですが、黄金さんも、経験深く豊かなご意見を下さいます。
「政治の季節」とか「哲学の季節」、そんな時代を駆け抜け、あるいは横目で見ていた時代を黄金さんも過ごしていらしたのですね、、、
と、言う事で
時代の流れから得るもの、それはエネルギーと言い換えるのかもしれないが、そんなものを感じた次第です、、、
(ありていに言えば、開発者さんも黄金さんも私も「としとった」のでしょうか????
ははは。
ごめんなさい。)

では、これに懲りずにまたご意見やアドバイスくださいね(*^-^)

投稿: せとともこ | 2009.02.05 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天の邪鬼について | トップページ | 地球に最もよく似た太陽系外惑星 »