« 企業献金の是非 | トップページ | 九条科学者の会・4周年記念の集い »

2009.03.09

瞬時に折りたためる幾何学立体 

瞬時に折りたためる幾何学立体 たった3つの部品と言うワクワクするニュースを見つけました。

うわっ〜〜〜〜って感激!!!

「この構造体を構成する三つの部品は、側面に13の穴が開いた長さ12センチの棒と、つなぎ目の留め具2種類。穴を使って棒同士を交差させる。」と言うことで、
折り畳み方に「こつ」があるんですね。

フムフム。
以前ミウラ折りについて簡単に書いたことがあります。
折り紙とか風呂敷とか身近にあるので、
「折り方」「折り畳まれ方」には結構、無頓着なところがあるように思うのですが、
実は、じつは、
そこには深い世界があるんですねぇ、、、
この研究がさらに深まることを祈りながら、こうして書いています。
さて、
折り畳まれ方って言えば、その不思議はやっぱり「タンパク質の立体構造」と「DNAのらせん構造」になるんだろうが、
いずれにしても、私たちの周りはなんと不思議でいっぱいなのかと、感動することばかりです。

|

« 企業献金の是非 | トップページ | 九条科学者の会・4周年記念の集い »

コメント

科学はいいですねえ~。
螺旋構造て自然界に大事らしいとか?

投稿: あゆ | 2009.03.10 10:32

あゆさん。
こんにちは。
自然界って本当に面白くて、
例えば巻き方も左と右で意味が違ったりと、なかなか興味はつきません。
アラマキガイは右巻きが大半です。突然変異で左巻きが出たら生殖に不都合なので、左巻き種は、一生懸命、左巻きを増やそうとします。
ある地域では左巻きが多いということで、
進化とか種の保存とか、、、とかとか、知れば知るほど面白いですね。
では、、、またね。ヽ(´▽`)/

投稿: せとともこ | 2009.03.10 14:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/44290110

この記事へのトラックバック一覧です: 瞬時に折りたためる幾何学立体 :

« 企業献金の是非 | トップページ | 九条科学者の会・4周年記念の集い »