« 340億が11億」かんぽの宿問題 | トップページ | 相変わらずバタバタしています »

2009.03.22

漏電事件の顛末

3月19日の木曜日、午前、突然、電気がピチッ、と切れました。
うわっ、、、、
電気の使いすぎかぁ、、、と慌ててブレカーを上げにいくと、
漏電ブレカーが落ちていました。
つい先日もい、このブレカーは落ちていたので、「あっ、また上の振動か」とため息つきながら、ブレカーをあげようとしたのですが、あがりません。
ムムム。
月曜日は、すぐにあがったし、その次の火曜日には電力会社のひとに調べてもらったのに、、、
ううううう〜〜〜〜ん。
悩んでいる頭の上から、相変わらずドドドドド〜〜〜〜〜
ガンガン
とんとんとんだだだだ〜〜〜〜〜
きぃいいいいいいいん
と音が響きます。
実は、屋上の改修工事ということで、10日前から業者が入って、屋上をバンバンと直していたのです。
もう、その音の凄さと言ったら、ちょっと表わせないのですが、
地下鉄とか、飛行機とか、そんな感じでしょうか???
とにかく、体にまで響きます。


なにしろ、古い宿舎だから、雨漏りなんかして、大変だったのです。
あれ、今日って晴れているのに、なんで漏ってくるの???と不思議に思いながら天井を見上げていたのです。
そんなこんなの宿舎だから、少々煩くても我慢していたのですが、、、

内蔵まで揺れている感じの騒音にはまいっていたところ。
うわっ〜〜〜〜〜
どこかに避難しようと思った矢先、のプッツン。
人間が切れる前に電気が切れました。

と、言うことで漏電の顛末を書きます。
3月16日月曜日、午前、漏電ブレカー、落ちる。が、すぐに復帰。
業者に伝えると、「電気、使いすぎていませんか?」と言われる。

3月17日火曜日、電力会社、安全のためブレカー、チェック。「今は大丈夫」」と言われる。

3月18日木曜日、午前11時頃、突然、電気が切れて、漏電ブレカーの落ちている事を確認。
ブレカーが上がらない。そこで、家に配線されている4つのブレカーを上げたり、下げたりしながら、1つの配線がダメなことを発見。それは居間にきている電気でした。幸い、冷蔵庫やトイレ、風呂は大丈夫だったのですが、台所の電灯や換気扇は使えません。
電話もダメなので、管理協会にも私から連絡できない。
仕方がないので、仕事中の夫に携帯で連絡をとり、夫から電力会社と管理協会に連絡。

3月18日、木曜日午後12頃。電力会社の人がきて、漏電を確認。
問題の箇所を調べるため、電気がきていないところのコンセントをみんな抜いて、「犯人さがし」。
だが、見つからない。電力会社はここまでしかできないということで、サヨウナラと言って帰る。

3月18日、木曜日午後2頃、管理協会の人がきて、事情を話す。
管理協会の人が、この宿舎を建設した業者に電話。結局、今、屋根の改修工事で、屋根を洗浄したから、電気の回線の一つが濡れ、漏電しているのでは、、、と言われ、回線が乾くまで「待て」と言われる。

その日は、夕飯は作れず、家族で外食。
家に帰っても、居間はマックラ。

3月20日金曜日。
雨。
電気はこない。キャンプ生活突入。
朝はパン、昼と夜はお弁当。
居間は電気がこないので、使っていない、下の部屋を大掃除。
こちらは電気がくるので、私の仕事関係のものをみんな移動して、結局、部屋はスッキリと片づく。

3月21日、土曜日。電気はこない。
業者に電話すると、午後に来るということで、午前中に買い物。
午後1時過ぎ、業者が来る。
漏電を確認。
問題の居間の電灯の配線をチェック。
「すぐにみつかるといいですね」と言いながら、一番めの電灯をはずす。
「あっ、これですね」と見つけ、おおお、、、よかった。
すぐにブレカーに確認に行ったのですが、上にあがってくるなり、
「おかしいですね、、、これはべつにところに続いています」
と、言って、二番目、三番目、と電気をはずしてチェック。
もう一つ予備の配線もチェック。インターホーンもチェック。
結局、
結局、
「こんな漏電、見たことないのですが、ひょっとしたら上の工事と関係あるかもしれません。」
と、言うことで説明。
電気の配線は屋上にある配管を通って、家にやってくるのだが、
今回の屋上洗浄のさいに、その配管のどこか(多分、うちに居間にくる電気の配線のどこか)にアンカーをあててしまったのではないか、、、ということ。
「非常に珍しい、、、あてようとしてもあたらない」とのこと、、、

「雨漏り工事をしていて、代わりに電気が漏れた」のですぅううう。
うわつ〜〜〜〜〜

うわっ=====
です。

それで、その後は工事の人がくるは、建設業者がくるは、、、、、で、大変。
結局、原因は分からなかったの、月曜日に、この宿舎の管理者と、協会と、業者で、今後を決めるとのことで落ち着く。
「きっちり、緊急対策しましたので、もう大丈夫」と言って、
対策を施してくれ、
居間に電気が通じるようになったのは4時頃。
それからまたまた大掃除。

こうして、
やっと普通の生活に戻る、、、、
ことができました。
よかった!!!


尤も、月曜日に、またいろんな業者がくるんだろうが、、、
まだまだ続く、、、、
ふぅううう。
それにしても、こんなことってあるんですね。

夜「黒部の太陽」を見ながら、電気の大切さが身に浸みました。

|

« 340億が11億」かんぽの宿問題 | トップページ | 相変わらずバタバタしています »

コメント

せとさん。お早うございます。
いやー大変な災難でしたね。一先ず原因も分ったようで何よりです。ご家族の皆様もお疲れのことと思います。特に健康にはご留意ください。ほんとうに、人生何が起こるか分らないですね。偶然のハプニングなんでしょうけど、必然も働いているんだろうかと思ってしまいました。暖かくなり始めたのが、不幸中の幸いだと思います。春の生気をバックに復興を祈っております。躍動するようなせとさんの顚末記で、こちらがかえって元気をつけられております。(^o^;

投稿: hamham | 2009.03.22 10:31

hamham さん。
こんにちは。
コメントありがとうございました。
やっと、、落ち着いてパソコンにも向かうことができるようになりました。

まぁ、厄落としと思って、積極的に考えています。

それにつけても、いつも思うのですが、公務員って、なにかとマスコミで言われますが、
そんなの一部の高級官僚。
普通は古くて、狭くて、の官舎住まいです、、、
以前の京大宿舎は、畳がボロボロで歩くとズクズクとしてきました、、、みんな、仕方がないので民間に移っていたのです。

と、言うことで、官舎住まいも大変なんですが、、、

まぁ、いずれにしても今回の件は一件落着。
お騒がせしました。
では、、、またね!!!

投稿: せとともこ | 2009.03.23 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/44427002

この記事へのトラックバック一覧です: 漏電事件の顛末:

» 引越しします [愚樵空論]
ブログで「引越しします」とすると、普通はブログを引越しすることになるのでしょうけど、そうではなくて、ここでいう引越しはリアルの方。... [続きを読む]

受信: 2009.03.23 05:48

» ローマ法王『コンドームが問題を広げた』と発言 [逝きし世の面影]
『WHOなど世界が批判』 世界のエイズウイルス(HIV)感染者の67%がアフリカ大陸に集中し、特にサハラ以南のアフリカは、世界で最もエイズに苦しんでいる地域で、07年の世界全体の新たな感染者の35%、エイズに起因する死者数の38%が、アフリカ南部に集中している。 アフリカ各国に対しては現在、国連やNGOが『有効なエイズ対策』としてコンドームの無料配布を続けている。 3月17日、エイズ禍に苦しんでいるサハラ以南のアフリカ最初の訪問国カメルーンに向かう機中で『コンドーム配布はエイズ(AIDS)対策の... [続きを読む]

受信: 2009.03.23 08:49

« 340億が11億」かんぽの宿問題 | トップページ | 相変わらずバタバタしています »