« 悪妻の日 | トップページ | 名古屋戦 »

2009.04.28

今年度予算規模100兆円超

今年度予算規模100兆円超に 補正予算案を国会提出と言うニュース。
麻生自民・公明内閣昨日28日、「経済危機対策」の財政的裏付けとなる2009年度補正予算案を閣議決定。
国会に提出。
総額13兆9256億円。
追加経済対策の財政支出総額は15兆4000億円、事業規模は56兆8000億円。
過去最大の補正です。
中身は、
雇用対策費は、一般会計と労働保険特別会計の総額1兆8698億円。
金融対策に2兆9659億円、
「低炭素革命」に1兆75775億円。
公共事業費は2兆3468億円。
 
今回の補正により、当初予算と合わせた一般会計総額は初めて100兆円台を突破。
そして財源確保へ10兆8000億円の国債を発行。
このため歳入に占める税収の比率は過去最低の45%に低下。
そして、
そして、
でました。
消費税。
与謝野経済財政担当大臣曰く。
「中期の財政責任も必要」と強調。
麻生さんは、繰り返し2011年度からの消費税増税の実施を明言。

上記ニュースにもあるように、
借金頼みと消費税あてこみ予算ということでしょうか、、、

まずは散蒔いて、ツケは国民という構図です。

ううううう〜〜〜〜ん。
今、本当にすべきことに「住宅取得に使われた生前贈与を対象に2年間限定で贈与税を軽減」なんてアリなのか???
公共事業も中身を見れば、
三大都市環状道路の整備とか、スーパー中枢港湾の機能強化とか、羽田空港の拡大とか、整備新幹線の整備とかとか、、、ですが、
これも借金や消費税で当て込もうというのでしょうか?

ううううう=====ん。
家計を温かくするというよりは、大企業とかお金持ち優遇路線変らずという感がします。

与謝野さんは財政演説で、日本は「経済危機と言える状況にある」と強調。
そして、その策として、「外需依存から内需主導の成長に体質転換を進める」と言う与謝野さんだが、内需主導と言っても、本腰でないことは「外需の落ち込みは「一時的」で、いずれ外需が「戻って来る」と言う発言にも見られるとおり。
外需にしがみつき、外需頼み。
内需拡大や雇用を守るとか、そうした方針政策は小手先。

本当に景気対策をするのなら、
大企業の懐、内部留保を切り崩し、
雇用を守り、
リストラをやめ、
働く私たちが安心できる経済政策を行うことでは、、、と思います。

少なくとも。
2011年消費税率アップなんてことはとんでもないと、思うのですが。

|

« 悪妻の日 | トップページ | 名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/44820469

この記事へのトラックバック一覧です: 今年度予算規模100兆円超:

» 続、北野誠の無期限追放と北九州市選挙違反事件 [逝きし世の面影]
北九州市議選の偽投票:容疑者、候補に応援申し出 次点落選者「断った」   北九州市議選(2月1日投開票)で偽の投票用紙66枚が見つかった事件で、詐欺容疑で逮捕された同市小倉北区井堀2、建設業、山村速人容疑者(33)が選挙前、特定の候補者(当時)に「応援したい」と持ちかけていたことが、候補者本人への取材で分かった。 候補者は「申し出は断った」としているが、県警は山村容疑者が選挙運動に積極的にかかわっていたとみて追及する。 この候補者は建設会社を経営する山田国義氏(73)で、今回は小倉北選挙区(定数... [続きを読む]

受信: 2009.04.30 13:46

» バラマキ 選挙目当て 09年度補正予算案 [ブログ blog で 情報交換]
国民を愚弄した驚くべき政府の09年度補正予算案です。 提案権を利用したバラマキ、 [続きを読む]

受信: 2009.04.30 18:03

« 悪妻の日 | トップページ | 名古屋戦 »