« もうすぐ裁判員制度が始まる、、、 | トップページ | 普天間移設:アセス縦覧  »

2009.04.09

「文明の同盟」の第2回フォーラム

異なる文明・宗教間の対話と相互理解を目指す「文明の同盟」の第2回フォーラムが4月6,7日、トルコのイスタンブールで開かれました。
このフォーラムには6カ国の政府首脳、36カ国の外相など1500人以上が参加。

開会のあいさつに立ったパン・ギムン国連事務総長は、
世界的な経済危機のもとであまりにも多くの人が失職し、飢え、怒りに駆られて人種的憎悪の対象を求めているとし、「きわめて危険かつ致命的な問題だ」と警告したとのこと。

そして、
「異なるコミュニティー間、宗教間、グループ間の真の協力精神がなければ、どれほど多くの平和維持軍も停戦・人権監視団も永続的な平和をもたらさない」とのべ、「文明の同盟」の取り組みを激励。

「寛容と尊重の共通の家」
「野心を満たすためではなく、共存をもたらすことに役立つ」ものだと指摘したのはこのフォーラムの提唱者であるスペインのサパテロ首相。

オバマさんも
トルコ政府が主催した6日夜のレセプションに参加。

今回のフォーラムは、
「社会と宗教」
「異文化間の対話と協力」
「教育を通じた青年雇用の促進」
「多様性を学ぶ」など興味深いテーマで議論が交されたようです、、、、


この成果が実効有るものとして、多くの国に定着していくといいなぁ〜〜〜〜〜と願っています。

 文明の同盟 「異文明・文化間の共存」を掲げ、「西側世界とアラブ・イスラム世界の間にある相互否定的な認識を正す」ことを目的とした国連のプロジェクト。二〇〇四年九月の国連総会でスペインのサパテロ首相が提唱。その後、トルコのエルドアン首相が共同発起人となり、〇五年に国連プロジェクトとして公式に発足。これを支持・実行する「友好グループ」には日本を含む百十カ国・機関が参加しています。

|

« もうすぐ裁判員制度が始まる、、、 | トップページ | 普天間移設:アセス縦覧  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/44616161

この記事へのトラックバック一覧です: 「文明の同盟」の第2回フォーラム:

« もうすぐ裁判員制度が始まる、、、 | トップページ | 普天間移設:アセス縦覧  »