« 何を教訓とするか? | トップページ | 百人一首の日 »

2009.05.26

北朝鮮の核実験

北朝鮮核実験、国会で「抗議決議」 全会一致で採択と言うニュース。
まったくです、、、
何を考えているのか???北朝鮮、
25日「地下核実験を成功させた」と発表。
それに先立って、北朝鮮国内で「人工的な地震」が起きたことを日本の気象庁や韓国政府、米国の機関が発表。
ニ度目です、2006年10月についで。

今、核兵器を開発するということは、世界中の世論に真っ向から挑戦するようなものです。
オバマ米大統領は4月にプラハで行った演説で、「核兵器のない世界」の実現を初めて米国の国家目標にする方針を発表したことは、記憶に新しい。
この演説を契機に、核兵器廃絶が国際政治の現実の課題にのぼり、具体的な目安が決まり、
もう手の届くところだったのです。
来年開かれる核不拡散条約(NPT)再検討会議で、「核兵器廃絶を達成する核保有国の明確な約束」を議題にすることも決まっています。

それなのに、、、
ですね、北朝鮮。
思えば、
この4月、ロケットを発射し、日本上空を飛行して太平洋に落下させました。
国連安全保障理事会は、これを「国連安保理決議違反」として非難する議長声明を全会一致で採択し、北朝鮮企業の資産凍結などの制裁を実施。
それを受けて、
北朝鮮はこの措置に反発。
そして、
朝鮮半島の非核化をめざす六カ国協議から離脱すると一方的に声明。
そして、そして、同じ4月29日には、北朝鮮外務省報道官声明の形で、安保理が謝罪しなければ「自衛的措置」として核実験とミサイル発射実験を行うと発表。
こうした経緯の中での今回の実験です。

北朝鮮の言い分は、
「自衛的核抑止力の強化の一環」だそうです。

自衛的核抑止力の強化の一環

手垢のついた言い分です。

核が抑止力にならないことは、今や国際社会の大方の見方です。
むしろ、核があるから、国際社会のバランスが崩れ、その隙間に紛争や戦争が入り込むという認識を強め、
国際間の関係は「対話と協調」へと動きつつあります。

時計を逆戻りするような、今回の北朝鮮の実験。
何も生の創造はなく、破壊だけへの道です。
核兵器を放棄して、
六カ国協議に戻ることを願ってやみません。

この問題、今後もしっかりと見ていきます。

|

« 何を教訓とするか? | トップページ | 百人一首の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/45135732

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の核実験:

« 何を教訓とするか? | トップページ | 百人一首の日 »