« 早速ですが、小沢さん | トップページ | 憲法解釈の変遷 »

2009.05.12

宇宙基本計画案について

政府の宇宙開発戦略本部がこの4月末に発表した、宇宙基本計画案
上記コラムのタイトルのように「平和原則」を忘れないように、、、、と、強く思います。

有人宇宙活動、
天文衛星や惑星探査機
そして、
その裏での自衛隊による軍事衛星の活用。
また、これまで軍事とは無関係だった研究の分野にまで防衛省との連携を迫り、軍事機密の網が張り巡らされ、
自由な研究活動が大巾に制限されそうな事への危惧。


1969年、参院特別委員会で、
 「我が国における宇宙の開発及び利用に係る諸活動は、平和の目的に限り、かつ、自主、民主、公開、国際協力の原則の下にこれを行うこと」と、日本の宇宙開発利用の原点であるような決議がなされました。
あれから40年以上が経ち、
「平和の目的に限り」がすっぽり抜け落ちました。
代わって「自主、民主、公開、国際協力の原則を尊重しつつ推進する」と明記。
陸域・海域観測や気象、通信、有人宇宙活動といった9つの分野のうち、天文衛星などの「宇宙科学」分野のみ。しかもあくまで「尊重」という位置づけです。他の8分野には、原則は一切明記されていません。

こうした中、
日本の宇宙開発を担う宇宙航空研究開発機構(JAXA)の軍事研究を引き受ける可能性が大きく浮上。
「事案ごとに具体的な話があれば政府と相談して確定したい」と当局は述べています。
さらに、
JAXAの所管を学術研究中心の文部科学省から切り離し、内閣府に移管することも狙っているとのこと。

JAXAで働く研究者にとって、それは学問の探求から大きくはずれていくことではないかと不安です。
軍事技術が優先されることは、
研究の自由が損なわれていくものであるから、、、
研究は軍事とは一切無縁です。


なおこの法案に対して、
「宇宙基本計画(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)についてと言うことで、広く国民の意見を募っています。
締めきりは5月18日までです。

私も送ろうと思っています。
興味のある方は是非お送りください。

|

« 早速ですが、小沢さん | トップページ | 憲法解釈の変遷 »

コメント

なんでもいいけど宇宙に「ゴミ」はすてないでくださいね。公園のゴミ箱撤去とかせこい?ことするより宇宙にごみつくらないほうが大切とおもうんですけど。

投稿: あゆ | 2009.05.14 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/44990112

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙基本計画案について:

« 早速ですが、小沢さん | トップページ | 憲法解釈の変遷 »