« 応用哲学会には行けませんでした、、、 | トップページ | 農地法改正案 »

2009.05.03

今年も憲法記念日に

今日は憲法記念日。
各地でいろいろの催しがあった事と思います。
憲法を変えるか、守るか?
憲法記念日に考える 変えたらどんな国になるのかと言うコラムを読みながら、
改めて憲法について思いをはせました。

そう、来年の5月18日からは憲法改正原案の審査や国会発議がいつでも可能になるということを思えば、
今から、しっかりと憲法について、とくに9条について考える事の必要を思います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「時の国際情勢や日米同盟の「現実」に流されるのでなく、30年-50年先を見据えた安全保障論としての憲法規定でなければ、将来に禍根を残すことになりかねません。

「いま九条によってどういう恩恵があるかは見えにくくても、なくなったらどうなるのかを想像すれば、その性質がはっきりする」

先述の後藤田さんとの対談で加藤周一さんが遺(のこ)した言葉を、憲法記念日にかみしめたい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と、コラムは結びます。


9条の残したもの、守ったもの、これからも守るものを考えた時、
とてもではないが、
手放す気にはなれない私です。

恒久派兵法と憲法
憲法記念日
国家と憲法と、その都度、
私は日本国憲法について考えてきたのですが、
今もって、その考えは変わりません。

と、言うことで、
今日は憲法記念日。

|

« 応用哲学会には行けませんでした、、、 | トップページ | 農地法改正案 »

コメント

憲法というと9条ばかり目立つような・・・。うちの関心は9条ではありません。
改憲?のほうがいいかなあとも思うんですけど、昨年自民党案みて恐怖を感じました。うちの思うのと正反対です。あれは99条違反だと思いました。

投稿: あゆ | 2009.05.04 08:47

あゆさん。
こんばんは。

そうか、、、
99条ですか。
これまた物議を醸しましたね、、、

いずれにしても、
自民党の案は、私たちの願いからほど遠いものであることは、確かです。
24条についても、以前考察したのですが、
女性は、家庭に縛り付けられるようなものでした、、、

私は、憲法は理念であると考えているので、
そうそう変えるもの、変えられるものでは無いと思うのですよね、、、
現実にあわせるのは憲法ではないと考えます。
この問題も今後、しっかり見ていく必要を感じますね。では、、、またね!

投稿: せとともこ | 2009.05.04 18:22

以前の日記に書いています。
草案は画期的な今の24条より踏み込んだものでした。


 憲法の「思想」が押し付けだとすると改憲思想も押し付けだという考察がありました。
アメリカは以前からお金?を輸入して思想を輸出とか(笑い)
まあ一考察ですけど。

投稿: あゆ | 2009.05.05 09:54

あゆさん。
こんにちは。

そうですね、、、
この「押し付け論争」。
押しつけは、このごろは「制度疲労」と言う言葉にとって変わったようですが、、
いずれにしても、
私は現憲法の理念は、今の所支持していますが、
さてさて、、、
今後の成り行きに注目です。

投稿: せとともこ | 2009.05.05 17:27

こんにちは、せとさん。

>この「押し付け論争」。
>押しつけは、このごろは「制度疲労」と言う言葉にとって変わったようですが、、

なんていうかな、「押し付け」と言うときに、押し付けた方がどういう状態で何を考えていたかくらいは想像しても良いんじゃないかななんて思うんですね。

第二次世界大戦が終わったとき、ヨーロッパもアジアもその戦争の傷跡の大きさに戦慄した面はあるのね。米国は大きな傷はなかったけど、「苦しい戦いだった」という思いはしっかりあったのね。でもって、「戦争なんてもう二度とごめんだ」みたいな雰囲気は、その時世界中に確かに有ったわけです。戦争に勝った連合国だって、浮かれて憲法の草案作って押し付けた訳じゃないんですよ。「なんで、こんな戦争が起きたんだろう」みたいな解析はしっかりやったというか、やらざるを得ないくらいの「傷跡の戦慄」はあったのね。そのなかで、「国民が最低限の文化的生活を保障され」「基本的人権が保証された」民主主義国家なら、戦争をもたらす「国家的閉塞感」に陥ってしまうのをふせげるのじゃないか、という意識が、この理想主義的とも言える憲法に結びついた訳です。

投稿: 技術開発者 | 2009.05.07 16:39

技術開発者さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

連休は如何お過ごしでしたか?
私は連休をはずして帰省していました。
普段はなかなかゆっくりとできないので、今回は夫の両親とじっくりと話すことができました。


さて、憲法。
頂いたコメント、本当によくわかりました。
押し付けという言葉が、じつはなんであるか、、、
その背景を知れば、
如何に先輩たちが再びこの誤りを繰りかえさない、という強い思いで憲法を作ったか、、、
思いが及びます。
大切にしていきたいと、さらに思うものです。

投稿: せとともこ | 2009.05.12 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/44886123

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も憲法記念日に:

» 官僚制度は日本の最大の問題点か? [逝きし世の面影]
『官僚制度の問題点』 今の日本のキャリア官僚に問題が有るのは事実ですが、ただこの事に対する全てのマスコミの主張が余りにも横並びすぎる。 官僚の不祥事が、これでもかこれでもかと全てのマスコミから色々と指摘されて、今では日本の官僚に問題が有るのは誰でもが知っている。 みんなが知っている同じ事実が繰り返し繰り返し報道される。 この事実から、考えられる事は『本当に官僚が最大の問題である』場合ですね。 それが事実であるなら、日本のマスコミは至って健全で、最大の問題点を探し出して報道する事を使命とす... [続きを読む]

受信: 2009.05.04 10:18

« 応用哲学会には行けませんでした、、、 | トップページ | 農地法改正案 »