« 栗本薫さん | トップページ | 原爆症救済 »

2009.05.29

敵基地攻撃論より対話を

敵基地攻撃論の扱いも論点にと言うことで、
またまた浮上した「敵基地攻撃論」。
これは、ついこの前の4月にも出てきたのですが、
あの時は、
敵基地攻撃論 「専守防衛」を捨てる気かと言う西日本新聞のコラムでは、以下のように結んでいました。
「戦後、日本は他国を攻撃できる軍備を持たないことで、国際社会の信を得てきたのではないか。敵基地攻撃などの強硬論を声高に叫ぶ前に、その歴史の重みをあらためて考える時でもある。
脅威に対する抑止力は、何も軍事力を強化することだけではないはずだ。」と。

私も全くそうだと思います。
あれから、一ヶ月あまり、
北朝鮮は核実験を行うという暴挙に出たのは事実です。
これは絶対、認めるわけにはいきません。
断乎、糾弾すべきと思います。
思います。
が、
が、、、
だからといって「敵基地攻撃論」については、いかがなものかと思います。
ここでも何回も何回も書いていますが、
今、すべきことは北朝鮮に対話のテーブルに着かせることではと考えます。
求められること、
求めることは、
北朝鮮に核兵器開発を放棄させること。
六カ国協議に即時無条件に復帰させること。
では、ないでしょうか???

本当に北朝鮮に核兵器の愚を改めさせようと考えるならば、
それは「力」ではなく「対話」であると私は思います。

|

« 栗本薫さん | トップページ | 原爆症救済 »

コメント

 北鮮が核の矛をもてば、日本は先制攻撃の盾をもつ議論は、矛盾そのものなんだが、だからといって非武装が正しいとは思えない。現実に使用した場合の危険性はあるとしても、同時に武力は抑止力ももっている。抑止の論理を視野の外に押しやった議論は現実的とはいえない。

投稿: 罵愚 | 2009.05.29 19:24

北朝鮮みたいにミサイルとばす(脅しでなくほんとうに打ち込んでるそうな)ガザのハマス。

○○の脅威叫んで対抗して軍事侵攻するイスラエル。

人権侵害?の連続で(ガザはそれと関係なく侵害してるらしいですが)
憎しみと不信の塊で・・・。

反面教師にしたほうがよさそうな・・・。

投稿: あゆ | 2009.05.30 12:36

罵愚さん。
あゆさん。
こんにちは。
此方は曇り。
いよいよ梅雨入りか???
と、うっとしい中、北朝鮮の暴挙、本当に許し難いものがありますね、、、
お二人のご意見拝見しながら、
ますます北朝鮮の核実験、なんとか早々に軌道修正の方向へと、願っています。
ご存じのように私は「対話」派です。
六カ国協議の健全化を一日も早くと、思います。

この問題、今後も注目!!!

また記事にしますので、ご意見お聞かせください。

投稿: せとともこ | 2009.05.31 11:45

 対話で北鮮の非核化が実現できれば、それが一番ですね。でも、日本の説得を聞き入れてくれる可能性はほとんどない。わずかに、中国の共産党政権か、アメリカに期待する以外には、ほぼ絶望的です。日本としては、間接的になってしまいますが、二国が真剣に北鮮を説得しなければいられないような状況をつくる方策が必要です。
 北鮮に対する敵地攻撃能力は、そのまま中国やアメリカを標的にすることも可能ですから、日本がそれを開発するのを嫌がるのは、北鮮だけではなく、米中もおなじかもしれない。祈る平和主義から、実現する平和主義への脱皮が求められていると思う。

投稿: 罵愚 | 2009.06.02 14:54

罵愚さん。
こんにちは、、、
あなたからは、いつも言われていますね。
「祈る平和主義から、実現する平和主義への脱皮が求められていると思う。」と、、、

実現と言う意味で、私も「書くこと」「呼びかけること」そして「署名すること」と、考えられることは現実にもやりながら、
とにかく「力の行使」だけは避けたいと思っています。
「一方的に力を行使しようとしている」北朝鮮には、勿論、
怒っています!!!
いずれにしても北朝鮮の今後には、しっかり注意をはらっていきたいですね。

投稿: せとともこ | 2009.06.02 15:04

 ちょっと現実的な話をすると、北鮮をコントロールできるのは支那の共産党政権しかないとおもう。日本やアメリカは、武力行使を除外して、対話や経済や政治的圧力による直接的な説得は、非現実的な議論にすぎない。日本→中国→北鮮という、リモコンによるコントロールです。靴の底から足を掻くような、もどかしいけど、あなたが主張する対話を実現しようとすれば、もっとも現実的な方法ではありませんか。
 しかも、あなたたち社会主義にシンパシーをもつグループが活躍しやすいフィールドであるはずなのに、実際にそれができる日本人としては、野中広務努、古賀誠の名前が浮上してくる現実に、あなたたち戦後平和主義の限界のようなものを感じます。

投稿: 罵愚 | 2009.06.03 06:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/45164659

この記事へのトラックバック一覧です: 敵基地攻撃論より対話を:

» 「敵基地先制攻撃」…流されるままの既成事実にまた流され [dr.stoneflyの戯れ言]
 まったくマンガである。と、言うとマンガに失礼だな。マンガに教えられることは多いが、マンガ総理に教えられることは皆無である。ブレブレ発言のうえの前言撤回さらに妄想披露の連続でストーリーさえなければ反面マンガにもなりやしない。マンガ総理なんて上等すぎる。マンガに謝れ!! と言いたい。そのマンガに遠く及ばぬニポンの総理が言ったとさ。... [続きを読む]

受信: 2009.05.29 11:44

« 栗本薫さん | トップページ | 原爆症救済 »