« 京都戦 | トップページ | 2010年度予算の概算要求基準 »

2009.06.29

京都智積院

京都の夏は暑い。
とにかく暑い。
うだるような暑さのなか,涼を求めて,お寺巡り。
智積院に行っていきました。
急に決めたので拝観終了に間に合うか,大慌て。
京阪で7条まで行って,そのあとバスに乗って5分,
熱いあつい,,,と言いながらようやく着いたのは
3時半過ぎ。
まず桔梗がいっぱい植わっている庭を歩いて,楽しみました。
IMGP1045


そのあとは宝物殿にある長谷川等伯の襖絵をじかに見たのですが,
さすが本物は迫力が違います。
そして利休好みといわれる庭にいくころには,もう喧噪やら暑さはどこかに吹き飛び,
そこはただただ静寂で勇壮な世界でした,,,


IMGP1017

IMGP1033

|

« 京都戦 | トップページ | 2010年度予算の概算要求基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/45489336

この記事へのトラックバック一覧です: 京都智積院:

» 移植医療と患者の延命効果、お玉さんの勘違い [逝きし世の面影]
本当に移植医療は患者を救うのか? と題して当部ブログに晴耕雨読の早雲さんから下記の趣旨の資料をいだたきました。 『移植の延命効果は限定的』 脳死者から臓器の呈供を受けて移植してもらった人は、かなり長く、巧く行けば健康な人と同等に長生きできる、と思い込んでいる者が多いが、 実は、被移植者の平均余命は健康人に比べてかなり短いことを、全米臓器移植機構2003年8月公表の統計が示している。 移植された臓器の種類により大きな差があるが、10年生きえた人の割合は、心臓45.6%、肝臓45.5%、膵臓2... [続きを読む]

受信: 2009.07.01 10:44

» 本当のイスラエル問題 [逝きし世の面影]
『志村建世のブログ』で連載されていた『新書「イスラエル」を読んで刺激され、自分でもイスラエル問題を書いていたら、これ以上簡潔に、しかも核心を突いた『現在のイスラエル問題』を論じたモノはないと思える短い記事を見つけた。 自分が書いた文章の何十分の一以下で、日本人には判り難いイスラエル問題の本質を完全に突いている。 世の中には核心部分を見抜き、一言で言い表すすごい人がいるものだ。今回は自分の記事はボツにしてこれを紹介します。 東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆ ペンが剣に負けても、まだまだ、... [続きを読む]

受信: 2009.07.03 09:03

« 京都戦 | トップページ | 2010年度予算の概算要求基準 »