« しそ味ペプシ | トップページ | 京都智積院 »

2009.06.28

京都戦

Jリーグ第15節,京都パープルサンガとの試合は残念ながら0-2で負けました,,,
私も家族と西京極まで応援にいったのですが,,,
残念無念。

それにしても熱い日でした。
朝からガンガンと太陽が照りつけるなか,まず高島屋でお弁当を買って,それから阪急に乗って,
と,スタジアムに着いたときは汗だくでした。

京都学生祭りというイベントがすぐそこで行われていたので,食べ物屋さんが大勢出ていました。
あらあら,これなら,ここで買ってもよかったかな,と思いながら,いよいよスタジアム入り。
広島からのサポータやファンが大勢応援にきていて,
京都の方もサポータやファンでスタンドは埋まり,
紫一色。
そう,京都も紫だから。
「紫ダービー」ということです。
京都には入れ替え戦での思い出があるので,なんとしても勝ちたい,かちたいと思ったのですが,
個人的には京都のファンやサポータの友人がいっぱいいるのですが,
こればっかりは,やっぱり譲れません。
「勝ちたい」と願いを込めたのですが,,,
残念ながら
試合は0-2で負けました。
広島は攻めていたのですが,,,,ねぇ。
うううう,,,ん。
重ね重ね,残念。
選手は熱い中,頑張っていたのですが,,,

さて,
最後に選手がサポータ席に挨拶にきたとき,
選手もサポータもしばらくは,どう対応していいか,と戸惑いがありました。
選手のみなさんが頑張っていたことはわかる。
だからブーイングというわけにはいかない。
が,
だからといって,拍手ということにもならない。
と,いう戸惑いで,半分拍手に半分ブーイングで,選手を迎えました。
と,
突然,ストヤンがサポータに向かってどなりだしたのですが,,,
いったい,何があったのだろう???
どうして怒ったのだろうか???
サポータ席は一瞬静まり,その後は大きく拍手して選手を送りました。

一番悔しいのは選手です。
私たちも悔しいが,,,
くやしいが,,,

ああああ,,,
それにしても,我が家は今年もアゥエイばかりなので,負け試合を多く観ています。
広島から来た友人が「あああ,久しぶりに負けた」というのを聞きながら,
「おいおい,うちはいつも負けているのばかり。ホーム戦,見に行きたいよ,,,,」と嘆いていました。
と,いうことで次節はホーム。
スタジアムにはいくことは出来ませんが,
テレビの前で力一杯応援しています,,,,

|

« しそ味ペプシ | トップページ | 京都智積院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/45474438

この記事へのトラックバック一覧です: 京都戦:

» 脳死と臓器移植は別問題か [逝きし世の面影]
脳死とは人体という生命の『死』と言えるのか 脳死者が『不可逆的に死につつある』との認識では、移植A法案に賛成反対にかかわらず日本人の全ての皆さんの意見は一致している。 一致していないのは脳死者の臓器移植問題です。 『脳死』移植実施のための『生死の線引き』が無くては全ては動かない。 今回、脳死者の臓器移植問題が無ければ、何ら問題は起きていません。 死の判定問題は別問題ではなく話の根幹部分です。 脳死者の臓器移植を考えないなら、今までの『心臓死』(死の三兆候)で医療関係者も含めて日本人の全員が、ま... [続きを読む]

受信: 2009.06.28 10:29

» 一澤帆布 [一澤帆布]
現時点では、以前の職人が在籍している、「信三郎帆布」の製品が旧製品に近いといわれていますね。 [続きを読む]

受信: 2009.06.28 22:25

« しそ味ペプシ | トップページ | 京都智積院 »