« 標榜するもの その2 | トップページ | 小さな娘が思ったこと »

2009.06.04

脳と芸術

今、RNAiについての論文を読む学習会から帰ったところなのですが、
相変わらず、難しくて落ち込んでいます、、、、
ううううう〜〜〜ん。
です。
落ち込んでばかりもいられないので、もっと調べてまた、ここに書きます。

それにしても生物って不思議というか、すごいというか、唸ることばかり。
そんなうなりの中、
こんなニュースを読んでまたまたビックリ。
Man who couldn't even draw stickmen wakes from brain surgery... as a talented artist
また、その関連記事と言うことで、
脳卒中で芸術に目覚めると言う記事があって、それも読んでみたのですが、
が、
事の真偽や、医学・生理学的な意味はおいといて。
おいといて。
なんだか、このお二人の絵、似ているような気がしてなりません。
色使いや、バランス、そしてテーマ、人に与える雰囲気、とかとか、、、

ムムム。
気になります。

脳のある部分を刺激すると、こうした絵を描くようになるのだろうか???
どうなんだろう???
これはなかなか興味のわく話題です。
ちょっと調べてみて、(調べて分かるくらい解明されていないかもしれないが)また、記事にできたら書きます。
それにしても、
生物って、本当に神秘で謎だらけで、面白い!!!
ワクワクします。

|

« 標榜するもの その2 | トップページ | 小さな娘が思ったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/45232557

この記事へのトラックバック一覧です: 脳と芸術:

« 標榜するもの その2 | トップページ | 小さな娘が思ったこと »