« エンデバー打ち上げ(追記あり) | トップページ | 自立支援法最優先と言うことで郵便不正をはたらいた者たちは誰? »

2009.06.17

改正農地法が成立 

改正農地法が成立 企業参入へ規制緩和と言うことで、
いよいよ、農業にも大企業や外資系企業が進出するのでしょうか???

参院農林水産委員会で昨日16日、農地の利用権を自由化する農地法改悪案が可決。

現行の農地耕作者主義は崩れ、
農地は、ひたすら投機のためにフル回転していくのでしょうか???

企業参入により、多様な農業の担い手が生産されるというのが今回の法案成立の理由ですが、
果たしてそうだろうか???
小さい農家や、劣悪な環境の農地は取り残されていくのではないだろうか???
そして、気がつけば、
農業生産は大企業に依存するようになり、
商品価値のあるものだけが生産され、
しかも安全は無視され、
価格は企業の論理で取り決められ、
などなど、、、、
と、悪の連鎖が始まるのでは、と私は危惧します。
農地法改正案
さらに農業問題
と、この5月にエントリーを挙げたのですが、
あの時同様、私は言いたい。
「農業と農地を株式会社に開放して一気に大規模化しようという主張は、確かにリスクは少なくなり、
農業は企業化、サラリーマン化していき、一定のラインは食の確保と、農業の保障は得られるかもしれません、、、
が、
が、
行政の中身は、
「生産性の低い農地」で大幅減産。
「生産性の高い農地」の減産を不要。
そして、
「生産割当量の取引市場」創設。
つまり、
減反をすべて小規模経営の農家に押し付け、
割のいいところは企業が経営するというもの。

また、
「経営主体を問わず」効率利用をするものに農地を委ねるべきだと言う主張から見えてくるものは、
農地保有の株式会社にたいする規制の早期撤廃。
今までが自民党政府が行ったことは、
輸入依存と画一的な規模拡大。
本来やるべき、
価格保障や経営安定の対策は放棄。」
と。

この法案の先に待つものを考えるとき、
私は何度も大きな声で呼びかけたいと思うのです。
「日本の農業を守るために、本当にすべきことは何か???
中小・零細の農家を守るために何ができるのか」と!!!

|

« エンデバー打ち上げ(追記あり) | トップページ | 自立支援法最優先と言うことで郵便不正をはたらいた者たちは誰? »

コメント

とりあえず、ゴミのポイ捨てはやめましょう。特に農地には!

投稿: あゆ | 2009.06.18 08:22

あゆさん。
こんにちは。
ほんとだね。
ゴミはどこに捨ててもダメですが、
まずは大切にするという意味で、休みの田んぼには絶対捨ててはいけませんね!!!
ゴミのぽい捨て禁止!!!

投稿: せとともこ | 2009.06.18 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/45367373

この記事へのトラックバック一覧です: 改正農地法が成立 :

» スペンスマルク効果(資料) [逝きし世の面影]
地球温暖化物質としては大気中381ppm(0・038%)ほどの濃度の二酸化炭素(CO2)よりも水蒸気(H20)の方が、より影響が大きいのですが、どれ程温室効果があるかの計算が難しい。 炭酸ガスの様に単純に『多ければ温暖化』とは成らず、大気中の気体である水蒸気が、上空で水や氷の結晶(雲)に相変異すれば『温暖化』ではなく反対に太陽の輻射熱を遮り(太陽光を反射して)地球は『寒冷化』する。 カール・セーガンの『核の冬』論も地球規模の核戦争で出来た大量の塵が成層圏上空まで高く舞い上がり太陽からの輻射熱を遮り結... [続きを読む]

受信: 2009.06.18 09:02

« エンデバー打ち上げ(追記あり) | トップページ | 自立支援法最優先と言うことで郵便不正をはたらいた者たちは誰? »