« 改正農地法が成立  | トップページ | 母子加算全廃問題について »

2009.06.18

自立支援法最優先と言うことで郵便不正をはたらいた者たちは誰?

何度読んでもこのニュースは酷いですね。
「国会対策大事」と強調=村木容疑者、障害者団体側に−自立支援法最優先・郵便不正
ふっ〜〜〜〜

関連ニュースも読みながら、その背景が浮かび上がってきます。

この問題、テレビ・マスコミでも詳しく図入りで報道されていましたが、
世の中には、「とんでもない悪いやつ」がいる、と思っていたところ、さらにその上の食わせ者がいたのですね、、、
ふっっ〜〜〜〜〜
です。

障害者福祉のための割引制度が悪用された「郵便割引不正事件」。
凛の会と「健康フォーラム」などなど、、、
その裏に見え隠れする政治家。
そして法案成立を急ぐ官僚。
その慌ただしく駆け回る隙間に見過ごされて来ているのは、勿論 、当事者である障がい者。
あの法案が提出された頃のことは、良く覚えています。
私も消費税の問題や福祉の問題と絡めて記事にしました。
随分、冷たく厳しい中身でした。
当事者の多くの方々を泣かせ、連日、国会に嘆願があったことを思い出します。

そんな中の突破だったのですが、
が、
その後ろでこんな「悪事」があったのですね、、、
ううううう〜〜〜〜〜ん。
です。
障害者には重い、重い、重い『応益負担』を押し付ける法案作成をしながら、
一方で障害者向け施策を悪用して暴利をむさぼるような団体の手助けをしていたのですね、村木さんを筆頭にして。
そして、名前の挙がっている民主党の先生方も。

この問題、福祉の根本に関わることです。
しっかりと全容を解明していくことを切に願うものです。

 

|

« 改正農地法が成立  | トップページ | 母子加算全廃問題について »

コメント

こんにちは、せとさん。

以前、私がいろんな技術相談を受けるときに、「分け隔てなく」対応したという事を書いたのを覚えていますか?実はね、少しだけ不親切にした場合があるんです。それは、政治家が間に入って相談に来た人の時ね(笑)。不親切って言っても、そんなに歴然としたものじゃないんです。いろいろと相談に乗って「何々という装置で測れば分かるかも」で「残念ながらうちにはその装置がないですね」という時に、「ちょっと知り合いに聞いてみますね」と電話して、「県の試験所とか分析相談出来る所で何々持っている所を知らないか」と聞いてあげる(良くやっていた)のをやらない程度の不親切ね(県の試験所からそうやって私の所に相談来る人も結構居たからね)。
 分け隔てには違いないんですけどね。私としては嫌だったのは、間に政治家を挟むような人が、私が誰にでもやっている親切を「やはり、間に政治家をはさんだから親切にしてくれたんだろう」なんて思うんじゃないかというのが、どうにもがまんできなかったんですよ(笑)。

 役人の仕事に政治家が口挟むってのはいろいろと難しい部分があったのね。許認可にたずさわる奴が「議員が『早く検査しろ』なんて口利きした場合は、早くはするけど徹底的に厳しく検査してできるだけ不許可にしてやる」なんて話もあるのね(「早くしろ」があったのは知っているけどあら探しして不許可にしたかどうかは知らない:笑)。

なんていうかな、「役人が政治家に抵抗する」のがスゴイ罪悪みたいに言われ始めて結構長いから、こんな事も許されなく成って居るんだろうと思いますけどね。

投稿: 技術開発者 | 2009.06.18 12:18

技術開発者さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
梅雨ですね、はっきりしない天気です。
でも土いじりには良いのではないでしょうか?
奥様も張り切られているのでは???

さて、いただいたコメント。
そうですか、、、
そうのようなご経験がおありですか。
フムフム。
政治家とか、官僚とか、そうした方々って、
研究なさっている方々の思惑とは別にして、いろいろ注文をつけてくるんですね、、、
なるほど。
珍しいことではないのでしょうか?今回のようなことは???
いや、やっぱり、それにしても、今回のはひどすぎですね、、、
ああああ、、、、です。
マッタク。
と、言うことで、ため息をつきながら、書いています。
ではまたね(*^-^)

投稿: せとともこ | 2009.06.18 16:41

こんにちは、せとさん。

>珍しいことではないのでしょうか?今回のようなことは???

私は許認可に関係しないただの相談相手だけど、それでも「議員の紹介で行ったら普通より親切なんじゃ無かろうか」と思う人が居る訳で、許認可に関係した部署では、政治家から「よろしく」という様なことは有ります。

>いや、やっぱり、それにしても、今回のはひどすぎですね、、、

というか、私には理解出来ないんですよ。なんであんな一番無茶なやり方をしたかがね。政治家の圧力で許可証を出さざるを得ないハメになったとしたとき、やりようは幾らでもあるんです。あくまで、空想と思って読んでね。

1.許認可の申請者に嘘を出させて調査をサボる。
 申請者に許可が下りるだけの嘘を書いた申請書を出させるのね。そして普通ならやる裏付け調査をしないわけ。少なくともこうやれば、バレた時に「調査をサボった」ということで「服務規程違反」にはなるけど、お金とか貰っていなければ、戒告程度の処罰で済むよね。少なくとも公文書偽造なんて刑事罰にはならない。虚偽書類を出した申請者は私文書偽造同行使になるけどね。

2.許認可の申請者に根拠を出させて基準を間違える。
 申請者に会員数とか活動とか必要要件を出させて、許可基準の方を間違えて解釈して許可証を出すのね。これは、能力を疑われるし、下手すると減給くらいは貰うかもしれないけど、お金とか貰っていなければ公文書偽造なんて刑事罰にはならない。申請者も申請に関しては罪に問われないよね。

まあ、あとどうしても偽造するなら気の弱そうな部下に全て口頭で指示して、全てそいつがやったことにするとか、酷い話はいくらでも考え付くんだけどね。

なんていうかな、公務員というのは欠格事項というのがあって、禁固刑以上の刑を受けたら執行猶予に関係なく失職なのね。だから、私が霞ヶ関にいた頃の公務員というのは、とにかく刑事事件になるような事だけはひたすら避けるという習性が有ったわけです。私は不思議でしょうがないんですよ。

投稿: 技術開発者 | 2009.06.18 17:37

技術開発者さん。
こんにちは。


「公務員というのは欠格事項というのがあって、禁固刑以上の刑を受けたら執行猶予に関係なく失職なのね。だから、私が霞ヶ関にいた頃の公務員というのは、とにかく刑事事件になるような事だけはひたすら避けるという習性が有ったわけです。私は不思議でしょうがないんですよ。」


ふぅむ。
何というか、政治の頽廃が官僚にまで、と言うことでしょうか???
上(議員)が体たらくだったら、下(公務員)も、ということで腐敗が連鎖していくのでしょうね、、、
元を断ち切るためには、
やはり政治をもう一度見直すことなのでしょうか???
どうなのでしょう。

投稿: せとともこ | 2009.06.19 12:44

技術開発者さんの1・2説得力ありますねえ!

うちの「被害者はいるけど」を連想します。誰かを責めてもなんかちょい気の毒な・・・。
一人一人は立場かんがえるとそういうほど問題ない・しょうがないけど、結果おかしなことになるんですねえ・・・。

投稿: あゆ | 2009.06.21 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/45376367

この記事へのトラックバック一覧です: 自立支援法最優先と言うことで郵便不正をはたらいた者たちは誰?:

« 改正農地法が成立  | トップページ | 母子加算全廃問題について »