« 浦和戦 | トップページ | 選挙に行きましょう!!! »

2009.08.23

選挙に行こう♪♪

宮本百合子は現実の必要——総選挙に際して——で以下のように語る。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
選挙が迫って来ている。人の気質によっては、こういうことに大して心をひかれないたちのものもある。そういう人は、これまで余り選挙などに熱中しないで、時には棄権もして来たかもしれない。信用出来もしない候補者に投票なんかしたくないと思って、良心的に棄権した場合もあったかもしれない。
 しかし、四月十日にきめられている今度の選挙は、私たちに、どんな心もちを抱かせているだろうか。少くとも、これについて無関心ではいられないものが、私たちの生活全体の事情から湧き上って来ている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これは1946年4月に書かれたもので、
前の年1945年には女性にも参政権を与えられ、いよいよ政界に女性が進出していくとき、その置かれた状況の斬新で嬉しくも有ながら、しかも戸惑うさまを描いています。

現実に立って——婦人が政治をどう見るか——には詳しく当時の状況が描かれています。
==============
新聞に、ぽつぽつと婦人代議士として立候補を予測される人々の写真などがのりはじめた。自分ではっきり立候補の計画をもっている婦人たちは、ふさわしいと判断した政党に入党手続をしたと報道されているし、立候補を予測されている人の中で、自分は絶対に立候補しないと明言している婦人たちもある。
 選挙という私たちの新しい仕事につれて、婦人は政治をどう考えるかという問題が、目前の事実として段々はっきりして来た。婦人有権者の総数は二千百六十八万人あって、その数は男子有権者よりも四十五万名多い。婦人は自覚、向上して、棄権しないように、という忠言もあちらこちらで聞かれる。けれども、率直にそれら二千百六十八万人の婦人の感想を求めたら、彼女たちの何割が果して今日における日本の女性の責任として、自分たちが急に与えられた権利を理解しているだろうか。
================
そして、
初めて得た権利行使は不安ばかりが先立つことを描きます。
「自分がまだ十分の経験や常識をもっていない、という不安ばかりでなく、もっと広く、もっと深く、日本の女性全般が本当には何も分ってはいないのだ、という普遍的な頼りないこわさを感じているのではないだろうか。何も判らないという感じは在りながら、一方にはっきりと、もう騙されて生きたくはないという気持がある。言葉をかえて云えば、もう騙されて生きていきたくはないからこそ、自身の一票の処置について、判らなさを痛感しているのである。」
と。


今、2009年。
女性が参政権を得て、64年。
私たちは当たりまえのように、その権利を受け、
その権利が意味することを深く考えもせず、
ただ一枚の紙のようにさえ思うことがあります。
が、
改めて、先輩たちの当時の様子を文学を通して触れると、
その権利の大きさに震えるものです。


あれから私たちは何をしてきたのだろうか?
そして何を次代に渡すのか???
そんな責任を感じながら、
今日は婦人参政権獲得のために人生を賭した先輩たちへの思いとともに。
やはり、
「選挙に行こう」

|

« 浦和戦 | トップページ | 選挙に行きましょう!!! »

コメント

せとさん。今晩は。

>その権利の大きさに震えるものです。

戦前は、女性は選挙権も被選挙権も保証されていなかったのですね。戦後のこれらの権利保障には、実に戦前からの先輩達の死闘の結果も大きく貢献していると思います。これらの歴史認識は現代の、特に若い女性の方々には、必須ですね。史実に基づいた学校での、主権者教育としての、正しい歴史教育が望まれます。政権交代も近いですから、新政権には是非とも期待したいものです。 (`o´;

投稿: hamham | 2009.08.24 21:38

hamham さん。
こんにちは。

「史実に基づいた学校での、主権者教育としての、正しい歴史教育が望まれます。政権交代も近いですから、新政権には是非とも期待したいものです。」

はい。
私も同感です。
総選挙に踊っている中、教科書問題、原潜寄港などなど危惧すべき問題は山と有ります。
いろんなことをしっかりと見ていきたものですね、、、

投稿: せとともこ | 2009.08.25 13:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46006975

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙に行こう♪♪:

« 浦和戦 | トップページ | 選挙に行きましょう!!! »