« ガルトゥング平和学 | トップページ | 女子差別撤廃条約実施状況の結果について »

2009.08.19

選挙に行こう♪

一人で選挙に行こう♪キャンペーンを行うことにしました。
この時期、個人的に何かと忙しいので、出来る時だけにしますが、なるべく毎日、エントリーを挙げることが出来るように努力します。
と、言うことで選挙に行きましょう〜〜〜〜

さて、今回の選挙。
今までと違ってやはり「政権交代」なるか、、、に焦点があたりそうですね。
JNN NEWSのまとめを見るならば、
「景気対策はまだまだ道半ば。われわれ自民党は、引き続き経済政策を継続します。景気最優先、これが今度の選挙にあたって、われわれが引き続きやらねばならない。大事なところは、景気は最優先だということです。民主党のように予算を組み替えて止めるみたいな愚かなことはしません」
と、主張したのは麻生さん。
それに加えて強調したのは、北朝鮮問題。
「守らなければならないのは暮らしだけでなく、一番守らなければならないのは日本だ」と主張。
先日ヒロシマで語った非核三原則についてや平和への訴えはありませんでした。


「日本の歴史を塗り替える日がやってまいりました。皆さんの力で、あなた方が主役になる新しい政治を、勇気を持って起こそうではありませんか。民主党に政権交代の力をお与え下さい」と言うのは鳩山さん。
「政権交代」や「官僚任せの政治」への批判で鏤められましたが、
問題になっている「財界中心」へのメスや先般も物議を醸した「日米軍事同盟中心」については述べませんでした。また「子ども手当」など素晴らしい未来(?)を保障する財源問題に一言もふれません。
これじゃ、自民党のPRのビデオに対してどのように対応するのか曖昧です。


「今回の選挙戦は政権選択の選挙と言われますが、大事なことは中身です。この選挙で生活を守り抜くのは公明党だ。そのためにもまず、その礎の景気・経済の回復に全力をあげてまいります」と太田さん。
ううううう〜〜〜〜ん。
今まで政権にいて何をしていたのか?
と思います。


 「(共産党は)自公政権と真正面から対決してきた政党です。どうかこの党を伸ばしていただいて、自公政権を終わらせる有権者の審判を下そうじゃありませんか」と訴えたのは志位さん。
いつもの主張のように「財界中心」「日米軍事同盟中心」の政治から、憲法に「主権在民」と書いてあるとおり「国民が主人公」の政治に踏み出していくと主張。財源問題は軍事費などムダ遣いの一掃と大企業・大資産家の応分の負担という「聖域」に踏み込むことを力説。
健全、建設的野党を目指すという事で、政権交代後は政権には入らないが歩むべきことはあゆみ、質すことは正すという方向。
が、野党だと政策に関与できないから、なんとも消極的な、とも思うのですが、、、

 「憲法を守る、平和を作っていく、それでとことん頑張る社民党が、どんなことがあっても新しい政治の中で議席を増やさなければなりません」は福島みずほさん。
憲法9条の意義を思うと、この党が健全な判断を失うことのないように期待しています。
時々の課題になんとなくブレを感じるのですが、平和については共産党とともにしっかりと堅持してもらいたいです。

 「郵政の改革こそ、あらゆる改革の本丸である、こう叫んで行われたその後の4年間はどうなったのか。未来への道を考える我が党の選挙だと考えております」と綿貫さん。
この党はその成り立ちから郵政への拘りは強いので、この路線堅持ですね。
これはこれで大切な要求なので見守りたいですが、、、

新しく出来た「みんなの党」の渡辺さんは、
「今の自民党では政治のゆがみを変えることはできない。政権交代プラス政界再編だ」。
まだなんとも言えません。

また、「改革クラブ」の渡辺さんは、「民主党に政権を取らせたら日本が駄目になる」とのこと。
民主党に政権を握らせたら日本がダメになるかもしれないが、自民党ではどうかな???
と思いますが、、、

|

« ガルトゥング平和学 | トップページ | 女子差別撤廃条約実施状況の結果について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙に行こう♪:

» いよいよ主権者の出番だ。 主権者の威力と力量が問われる 衆議選だ。 [ブログ blog で 情報交換]
選挙の時ほど、有権者が政治に関心を持ち、行動にも参加する時はありません。 国民の [続きを読む]

受信: 2009.08.19 14:11

« ガルトゥング平和学 | トップページ | 女子差別撤廃条約実施状況の結果について »