« 鹿島戦 | トップページ | 人工脳、10年以内に完成か? »

2009.08.03

もうすぐです、ヒロシマとナガサキの日が

日本の核武装は可能か?と言う内田さんのブログの記事を読んで納得しています。
内田さんはご自身が言われるところ、目の前の問題を討論、議論するにあたり、
それを行うことの利益、不利益を吟味、考慮するスタンスということです。
ご自身の言葉では、以下の通り。
「あらゆる政策的選択肢は先入観ぬきで、そのメリット、デメリットについて考量的に吟味する必要があるというのは、私の変わらぬ信念である。」

これは、なかなか見習うべきものがありますね、、、
「議論、討論することでの時間と労力と得るものとから払うべきコストパフォーマンス」を考えると、
私自身に照らせば、あまりネットでの討論や議論に熱くなるタイプではありません。
ネットでの討論・議論も2〜3回行う事で、相手から学ぶべき事、多くの事を学べば、
後は、それを実践することにエネルギーは向けられます。

そういえば、以前内田さんは、読者と書籍購入者と言うエントリーで次のように書かれていました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私は論争ということをしない。
自分に対する批判には一切反論しないことにしているから、論争にならないのである。
どうして反論しないかというと、私に対する批判はつねに「正しい」か「間違っている」かいずれかだからである。
批判が「正しい」ならむろん私には反論できないし、すべきでもない。
私が無知であるとか、態度が悪いとか、非人情であるとかいうご批判はすべて事実であるので、私に反論の余地はない。粛々とご叱正の前に頭を垂れるばかりである。
また、批判が「間違っている」なら、この場合はさらに反論を要さない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

実は、内田さんのこのエントリー、私は後半部分には否定的な見方をしていて、
著作権と言う記事を挙げたことがあります。
が、
あの折りも前半の部分は、「えええこと書くなぁ」と賛同していました。

と、言うことで、
今日は内田さんのスタンスに多いに学びつつ、
そもそものエントリーの内容について、書きます。
内田さんは、核武装のメリットとデメリットについて詳細に検討した内容を書いてくださいました。
私の独断と偏見で瀬戸風味にちょっとまとめますが、詳しくは原文にあたってください。
=============
核武装することのメリットは何か?
「核攻撃に対する報復力が向上する」ということである。
とりあえずは、これだけ。


デメリットはどうか。
これはあまりに多いとしています。
まず外交的な点から。
アジアとアメリカの対応について。
アジアは、、、

核武装の意図を明らかにした段階で、中国と韓国と北朝鮮とロシアとASEAN諸国が猛然とこれに反対する。
その結果、
大使館の引き上げや外交関係の断絶にまでは行かないにしても、経済活動や投資や人的交流などに深刻な支障が出ることは間違いない。
中国やASEAN諸国との通商経済関係が長期的に滞った場合に、それがわが国のGDPや日経平均株価や雇用環境や賃金にどれほどの影響を与えることになるのか、これはクールな頭で試算してみる必要があるだろう。

次にアメリカ。
アメリカ市民のうちで日本が核武装することに賛成する人はほとんどいない。
日本の報復力が向上することが、同時に自国の国益増大につながると思っている国がいくつあるか。
とりわけアメリカは日本の核武装によって失うものが多い。

アメリカ軍の日本列島におけるプレザンスは「米軍には核兵器があり、日本の自衛隊には核兵器がない」という兵力の非対称性でもっている。
核兵器があれば、日本はイーブンパートナーである。
もう軍事的属国ではなくなる。
これまで「命令」で済ませていた行動について日本側の「同意」や「承認」が必要だと言い出したらアメリカの将軍たちは露骨に不快な顔をするだろう。
アメリカの産軍複合体も反対する。
核武装は通常兵器の削減を可能にするからである(だから貧しい国ほど核武装したがる)。
そして、日本は通常兵器のほとんどをアメリカから言い値で購入している。
兵器市場のシュリンクをアメリカの産軍複合体はまったく喜ばないであろう。
だから、最終的には、アメリカが日米安保条約廃棄、在日米軍基地撤去というカードを切ってくることは覚悟しておいた方がいい。
その場合には「米軍の空白」を埋めなければならないことになる。
防衛予算に国家予算の相当部分を充当しなければならない。
医療も福祉も教育も地方分権もすべてあとまわしで、とにかく持ち金をあらいざらい投じて兵器を買い集めるしかない。
むろんそれだけの数の兵士の補充が必要である。
徴兵制についても当然その導入を検討することになるだろう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、言うのが内田さんの主張です。
ううううう〜〜〜〜む。

つまり、
ここまでの「覚悟」と「見通し」はあるか、、、と言うことです。
この問題をしっかりと論議せずに、
いたずらに「持つ、持たない」で討論していても、なんら生産的ではないということです。

ただ、私は、核兵器そのものについても、反対の立場なので、
日本が持つ、持たない、と同時に、
世界の各国についても言及していくことが大切では、、と思うものです。

もうすぐ8月6日。
ヒロシマのあの日です。
そして3日後の8月9日。
ナガサキのあの日です。
私たちは過去を振り返らず、前向きに生きていかなければならないのですが、
同時に、それは過去から学ぶべきことを学んで、ということです。
核兵器反対、
戦争反対。
これが私が過去から学び、未来に引き継ぎたいと願ってやまない思いです!!!


|

« 鹿島戦 | トップページ | 人工脳、10年以内に完成か? »

コメント

 核保有の魅力は抑止力につきる。これを攻撃兵器として使用しようなんて日本人はいない。広島、長崎の経験から「みたびゆるすまじ」のところでは、国民的合意はくずれることはない。
 つまり、意見が分かれるのは、そこから先だ。それでもなお核は持ちたくない日本人と、北鮮、共産支那、ロシアの脅威に対して、核保有もやむおえないと考える日本人の対立だ。核を抑止できる手段が、核しかないという前提では、ふたつの意見は永久に平行線だったが、均衡を破ったのはMDだった。飛来する核を空中で迎撃、破壊すれば日本に核は無用だ。
 しかし、そのMDの欠点は、信頼性の低さだ。空中での撃破はピストルの弾をピストルで打ち落とすほど難しい技術だといわれている。そこで、考えられているのがCSM兵器だ。それは核ミサイルが空中に発射されるまえに…地上での準備段階で破壊してしまおうというものだ。これなら何も核である必要もなければ、もっと言えば爆薬を搭載する必要もない。高速の飛翔体が、それ自体が地上の核ミサイルのごく近くに落下するだけで目的は達成される。命中率はほぼ100%だ。
【参考】
http://www.njd.com/artview.cgi?id=kokusai&mode=view&page=0&num=167&sort=&back=go

投稿: 罵愚 | 2009.08.03 16:33

せとさん。今晩は。
現代の人類にとって最大の問題、課題は、核兵器を一日でも早く廃絶することではないかと思います。とにかく核兵器は命を奪い、全人類を破滅させる悪逆非道の兵器です。自分が作った核兵器で全人類が自殺するような愚行は、人間として絶対避けなければなりません。人間の尊厳が泣きます。人間である以上、これはだれしも思っていることだと思います。
あの核兵器固執の元凶、アメリカにおいてさえ、オバマ大統領が歴代の大統領の中では初めて、核兵器廃絶の決意を世界に示し、廃絶を訴えました。世界の核兵器廃絶へのアクションの強化、核廃絶への可能性、現実性は、今や一段と高まっています。オバマ大統領に核兵器廃絶のために頑張りましょうとメールをおくったら、ホワイトハウスから丁重な返書をいただきました。21世紀の世界は平和を志向して大きく前進を始めているのを強く感じる今日この頃です。 (^。^;

#それにしても原爆の悲惨さ、苦しみを体験している日本国民を代表する政府の与党、自民党のマニフェストには、核兵器廃絶の公約が無いのはどうしたのでしょう。今が出発点として一番大事な時にです。人間としても信頼が出来ません。(私が耄碌して見落としたのでしょうか?)

投稿: hamham | 2009.08.03 19:33

 擦り切れたSPレコードのような平和念仏を、ことしも聞かされるのだろうか。

投稿: 罵愚 | 2009.08.04 06:06

罵愚さん。
hamham さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。


罵愚さん。
「擦り切れたSPレコードのような平和念仏を、ことしも聞かされるのだろうか。」

ははは。
そうですよ。
あなたがいやになるまで、お聞かせします。
まぁ、あなたとのおつき合いも、ネットの初めからで長いから、お互いに言いたいことは分かるので、
もし、聞くのがおいやなら「きんさんな(広島弁)」
ここに来て、対話するなら、我慢がまん。
と、言うことですよ。


hamham さん。
罵愚さんは、
「擦り切れたSPレコードのような平和念仏」と悪態をつくのですが、そんな罵愚さんですが、かわいらしいところもあります。
私たちとは意見は違いますが、
悪態はともかくとして、罵愚さんにも伝わるように、語っていく必要を感じますね。
今年も私はめげずに書きます!!!

ではまたね。

投稿: せとともこ | 2009.08.04 11:56


外交は取引である。 カードをいいのをいくら持つか!(自衛隊Tさんの時にもでました)

これと関連して某研究者がいうには
(名前忘れました)

核も外交カードである。
(使わずに保有するだけのカード)

 以前佐藤総理が核ちらつかせてやめる見返りに宇宙開発の協力をもらったとう仮説?がありました。
(過去の日記にもあります)

 使いたい!てマジに願う人は少数なのに無くせない事情があるんでしょうかねえ?

宇宙人?がきてせーので全部無力化しなきゃおさまらないんでしょうか?????

投稿: あゆ | 2009.08.05 11:22

あゆさん。
こんにちは。
コメントありがとうございました。

そうですね、、、
「 使いたい!てマジに願う人は少数なのに無くせない事情があるんでしょうかねえ?」と私も思います。
ここにはなにか深い事情が隠されているのかしらん???
どうなんでしょう。

投稿: せとともこ | 2009.08.05 13:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/45822557

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐです、ヒロシマとナガサキの日が:

« 鹿島戦 | トップページ | 人工脳、10年以内に完成か? »