« 告示期間中のコメントについて | トップページ | 浦和戦 »

2009.08.22

選挙に行こうよ どこにいても♪

 頬   竹内 てるよ 

生れて何も知らぬ 吾子の頬に
母よ 絶望の涙をおとすな
その頬は赤く小さく
今はただ一つのはたんきやうにすぎなくとも
いつ人類のための戦ひに
燃えて輝かないといふことがあらう
生れて何もしらぬ 吾子の頬に
母よ 悲しみの涙をおとすな
ねむりの中に
静かなるまつげのかげをおとして
今はただ 白絹のやうにやはらかくとも
いつ正義のためのたたかひに
決然とゆがまないといふことがあらう
ただ 自らのよわさといくじなさのために
生れて何も知らぬわが子の頬に
母よ 絶望の涙をおとすな
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

竹内てるよさんのこの詩は、スイスのバーゼルで開かれた国際児童図書評議会創立50周年記念大会で、美智子皇后がスピーチの中に引用したことで一躍有名になったものです。
スピーチには「頬」の紹介として以下のように文言があります。
「子どもを育てていたころに読んだ、忘れられない詩があります。未来に羽ばたこうとしている子どもの上に、ただ不安で心弱い母の影を落としてはならない、その子どもの未来は、あらゆる可能性を含んでいるのだから、と遠くから語りかけてくれた詩人の言葉は、次のように始まっていました」と。
なお詩の中の「はたんきやう」とはスモモの一種です。

生まれてきた我が子。
我が子への並々ならぬ思いを詠んだ詩は数多くあり、
どれもが、愛し我が子への思いと成長を願うと共に、
子育てへの不安を思うものです、、、、、
願えば全てが思うようになるなんてことはない子育て。
「あああああ、、、こんな筈じゃないのに」と臍を噛むような毎日の子育て。
眠っているときが一番幸せな子育て、、、、
ひたすら闘いの中で、孤独と先が読めなくなり、小さく丸まってしまう子育て。
子育ては親育てとは言うが、
本当に、子育ては大変です。
オロオロとするばかり。
ため息とも涙ともつかぬグチャグチャの顔さえ鏡でみることがないくらいなりふり構わず子育て。
弱気になるとき、
詩人は以下のように母を励ます。
「ただ 自らのよわさといくじなさのために
生れて何も知らぬわが子の頬に
母よ 絶望の涙をおとすな」と、、、、、

何回もブログで紹介してきたのですがマリオン・B・ダーフィーの『祈り』の詩も大きな励ましになったりするのですが、、、

走馬灯のようにアレコレと思い出す私です。

さて、そんな子育て現役の若い世代に、今、政治の熱い視線があたっています。
総選挙のまっただなか。
争点の中心にドドド===ンとあるのが「子育て政策」。
各党は、それぞれの支援を打ち出しています。
[マニフェスト点検 子育て・教育]など特集記事も各新聞社を中心に発信しているので、
しっかりと見比べて、どこの政党がご自身の人生設計に一番いいか、、、と判断するのもいいかもしれません。
もう、子育て世代卒業と言う方でも、
孫世代があります。
なにしろ、未来へと続く次世代なのだから、、、

と、言うことで最後に締めはいつもどおり
「今日の一票、明日の政治」。
===選挙にいこうよ♪どこにいても♪===

|

« 告示期間中のコメントについて | トップページ | 浦和戦 »

コメント

感動の詩ですね‥親不孝者だった私には亡き母への悔恨の念で胸がいっぱいになります。
先の茨木のり子さんの詩も感動でしたが、若い頃から体育会系で詩に余り馴染みの無かった私も年齢を重ねて落ち着くと共に共感を覚えれるようになりました。感謝です‥
茨木のり子さんの代表作の一つに「自分の感受性くらい」というのがありますが、私自身は勿論ですが麻生首相にも是非贈りたいと思う詩ですね。しかし、詩がモッタイナイノデ私だけに贈ります。
50も半ば過ぎたオジサンが詩集というのも如何かと思いますが挑戦してみようと思います。

投稿: よ | 2009.08.22 17:30

よさん。
こんにちは。

「感動の詩ですね‥親不孝者だった私には亡き母への悔恨の念で胸がいっぱいになります。」

はい。
親って本当に有り難いです。
私は何年か前に父を亡くし、その喪失感は大きいものがありました、、、
「あれも、これも」と思うことばかりですね、、、
ただただ未熟者です。


さて、茨木さん。
大好きです。
何回も茨木さんにはここでも登場いただいています。

http://ts.way-nifty.com/makura/2008/06/post_cdc7.html
http://ts.way-nifty.com/makura/2006/02/post_7c3b.html
http://ts.way-nifty.com/makura/2006/02/post_3dd3.html

まだまだありますが、、、

瑞々しく、つよく、たおやかで厳しい。
本当にいいですね。
よさんにピッタリの詩、今度探しておきます(*^-^)

投稿: せとともこ | 2009.08.23 17:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/45995348

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙に行こうよ どこにいても♪:

» 過ちをおかし・・謝らなければひっぱたく、叩きのめす [逝きし世の面影]
自民党支部長のままで「完全無所属」を名乗って千葉県民を騙して知事に当選する。 反対が多いダム建設を曖昧にして選挙後は即賛成。剣道2段の免状は架空だった。 模擬子ども議会で子どもから『知事はウソをつかないで下さい』といわれた元タレント。 如何考えても森田健作本人の教育が一番問題である。この人物が『県教育委員』にとんでもない人を指名する。 とんでもない人物とは、日本教育再生機構代表委員である野口芳弘氏。 この日本教育再生機構なる団体の理事長は、Y染色体天皇男系皇嗣論者のお笑い八木秀次教授である。 この... [続きを読む]

受信: 2009.08.23 07:55

» 学校の授業に介入する 自民党道会議員、北海道教育委員会  [ブログ blog で 情報交換]
北海道新聞朝刊の卓上四季に次のような記事があります。-------------- [続きを読む]

受信: 2009.09.16 10:41

« 告示期間中のコメントについて | トップページ | 浦和戦 »