« 叙述トリック | トップページ | 中尊寺のハス »

2009.08.10

農業の行方

西日本豪雨「家水没、まるで海」 兵庫で避難指示・勧告と言うことで、被害が出ています、、、
心配です。
被災地のかたがたにはお見舞い申し上げます。

私は気象庁ではないのだけれど、今後の気象情報にご注意ください、と言いたくなります。
時はお盆。
今の時期、帰省なさる方や夏休みをとってお出かけの方も多いと思います。
とにかく、無理なさらないでください。
それにしても、今年は冷夏ですね、、、
まず、実感として洗濯物。
乾きません。
なんだかジメジメ。
気温は高くないが蒸しているので、ジワリと汗をかきます、、、

そして、一番気になるのは農作物。
どうなるか気掛かりです。

いつも書いていますが食料自給率。
日本の食料自給率は今や40%。
実は、20年前にすでに50%(カロリーベース)を割り、2007年は40%。
食用と飼料用を合わせた穀物自給率はわずか28%。
理由、原因はもちろん、自民党の政策。
減反につぐ減反。
背景はアメリカのアグリビジネスへの市場開放。
それと先に問題になったミニマムアクセス米。

さて、そんな中、民主党が7月27日に発表した農業に対してのマニフェストは、多くの農業従事者と関係者をがっかりさせたものでした。
「米国との間で自由貿易協定(FTA)を締結」すると明記したことがそれです。
農林水産省の試算によると、経済連携協定(EPA)やFTAで関税などの国境措置が撤廃された場合、日本の農業総生産額の42%に相当する3兆5959億円が失われ、食料自給率が12%に低下するとのこと。
アメリカとのFTAが、日本の農業に大打撃を与えることは目に見えているにも関わらず、このような政策を出し、
各界からの猛反発で、今大慌て。
そして、7日には、
米国との自由貿易協定(FTA)の「締結」を、「(FTA)の交渉を促進し」と修正。
あらあら、、、
です。
しかし、この修正も「FTA交渉の推進は従来からの基本方針の中に入っている。基本方針が変わったということではまったくない」と主張。
つまり、
今回の「修正」が「公約の修正」でなく「文言の修正」にすぎないことを認めるものです。
内容は変わらないんだよ、アメリカ言いなりだよ。
でも、それじゃ都合悪いから言葉は変えるよ。
と、言うことです。
まさに朝三暮四ですねぁ、、、
ううううう====ん。
これが本当なら自民党と変わらないなぁ〜〜〜〜
国民への態度が。

誠実じゃないよね。


いずれにしても、
30日の総選挙はしっかりと政策をみて投票をしていきたいものです。


|

« 叙述トリック | トップページ | 中尊寺のハス »

コメント

農政の堕落は戦後食糧難にツケ込んで食糧戦略を仕掛けたアメリカの圧力に屈した時点から始まっていると思いますが、食管法が無くなっても残る米麦協会と農協の既得権益の保持が食糧自給率の向上をも阻害していると思います。
事故米の処理にしても米麦協会の関与は書類上明らかなのに政府はじめメディアも一切追及しません。
農政の闇は深く、自給率の向上は困難を極めると思います。
今度の選挙は騙されて来た実績と、未知なるものへの不安と期待との、選択選挙になると思います。
今までで一番国民が責任を負う選挙になるでしょうね。

投稿: よ | 2009.08.10 14:28

せとさん。今日は。
民主党の政策、マニフェスト、言動は肝心なところで国民の願いとは逆になっているところが多いですね。まだ時間はありますから、他党の政策も勉強し、比較して考えたいと思います。先入観に囚われず、科学の裏づけのある、真に国民の願いに応えられるような政策、マニフェスト、政治家、政党を探しております。それが主権者の一人として責任を果たす事になると思っております。
また、台風が来ます。今年は早いですね。被害を受けた方にはご同情するばかりです。せめていい政治を実現し、これらの問題も乗り越えることが出来るようにしたいものだと思っております。

投稿: hamham | 2009.08.10 15:05

常識で考えるという教授がいうには日本は100%にするのは不可能だそうです。

 そこで考えてみました。今の農業に可能面積と1億3千万の人口考えたら・・・。う~ん・・・。

 でも里山保全お願いしたいです。農林業なんてもうからんし、パソコン操作してお金転がしたほうがはるかに儲かる!なんてバカな話はもうそろそろ見直してほしいです。

投稿: あゆ | 2009.08.11 09:55

よさん。
hamham さん。
あゆさん。
こんにちは。
みなさんのお住まいは地震や台風、いかがでしょうか?

私は地震は揺れましたが、まぁ、なんとか、大丈夫でした。
今、夫の実家に帰って、そのあと折角だからというので、アチコチと観光しています。
急に決めたので、なかなかスリルある旅です。
と、言うことで、出先から書いているので、お返事遅くなりごめんなさい。


よさん>
先に書いた叙述のエントリーはあなたに読んでいただけたら嬉しいな、、、と思い書きました。
まだご覧になっていなくて、もしミステリファンだったら是非。
さて、
「農政の堕落は戦後食糧難にツケ込んで食糧戦略を仕掛けたアメリカの圧力に屈した時点から始まっていると思いますが、食管法が無くなっても残る米麦協会と農協の既得権益の保持が食糧自給率の向上をも阻害していると思います。
事故米の処理にしても米麦協会の関与は書類上明らかなのに政府はじめメディアも一切追及しません。」と書かれていますが、
まったくそうです。
この問題、なぜか不問に付す、というか、
闇に葬られ、まさにお蔵入りです(;ω;)
以前から食の問題、かなり拘り続けて追求してエントリーを挙げましたが、今後も追っていきたいものです。


hamhamさん>
民主党のマニフェストは本当にぶれていますね、、、、
ふっ〜〜〜〜
農業に限らず、いろんなところで叩かれています、関係者に。
うううう、、、ん。
です。

しっかりとみていきたいですね。


あゆさん>
「里山保全お願いしたいです。農林業なんてもうからんし、パソコン操作してお金転がしたほうがはるかに儲かる!なんてバカな話はもうそろそろ見直してほしいです。」

本当にそうですね、、、
環境への配慮等々も考える、コストも考えると、
確かに一朝一夕ではできませんが、
それでも考え意識することは大切ですよね、、、
それから、ヒロシマの記事、家に帰ってからゆっくり拝見します。
ではまたね、、、

投稿: せとともこ | 2009.08.12 17:02

せとさん。今晩は。
出先からですか。凄いですね。いろんなアクセス方法があるんですね。台風、地震など、当方は襲われておりません。被害を受けた方がた、本当にお気の毒です。明日はわが身かもしれないのですが。天災地変は、人力では、不可抗力かもしれませんが人間の科学の力、政治の力で被害を最小限にしたり、復興を迅速にしたいものだと思ってしまいます。健康などに気をつけて良き旅であることを祈っております。

投稿: hamham | 2009.08.12 19:06

貴女に諭されて世事に係わるのを控えてきました、しかし今は転機だと判断して敢えてコメントを書きます。
今回の国政選挙では国の浮沈を掛けた重大な選択を迫られると覚悟しています、こんな時期に自らの選択を明らかにしないで批判を繰り返す知識人には違和感を覚えます、当事者感覚が欠けています。
痩せ細って弱くなっていく我が国は800兆円もの借金を抱えてしまったまさに多重債務者です、これを解消するの選良に頼るんですか切りつめてその上増税したって困難です、公共経費をつめる最強の手立ては奉仕活動だと考えます、借金は元もとわたしたちが作ったですから、今こそ積極的な態度が必要です。

投稿: U_taiki | 2009.08.14 22:37

hamhamさん。
U_taikiさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
今年の夏は冷夏か、、、と思っていましたが、台風が去ったあとは、やはり暑いですね。
本格的な夏を思わせ、嬉しく感じています。
やはり季節は「それらしい」ことがいいですよね。

hamhamさん>
今回は岩手や青森、秋田と東北に参りました。
以前、あなたから光太郎の記事でコメントを頂きましたが、東北ってなんだか本当にホッとする優しさがありますね。
お陰様でとても楽しく素敵な思い出をつくることができました(*^-^)

U_taikiさん>
お元気でいらっしゃいましたか?
自治会の方はその後、いかがでしょうか???
地域で精力的にご活躍のお姿が目に浮かびます。
さて、頂いたコメント、嬉しく拝見いたしました。

「痩せ細って弱くなっていく我が国は800兆円もの借金を抱えてしまったまさに多重債務者です、これを解消するの選良に頼るんですか切りつめてその上増税したって困難です、公共経費をつめる最強の手立ては奉仕活動だと考えます、借金は元もとわたしたちが作ったですから、今こそ積極的な態度が必要です。」

と書かれるU_taiki さん。
本当にそうですね。
その作った責任を思えば思うほど、
今度の選挙には慎重に考えて、投票しなければと思うものです。
ますます暑くなるであろう選挙のアレコレ。
しっかりと見ていきたいです。
またアドバイスやご意見を頂けることを期待しています。
では、季節柄、どうぞご自愛くださいね。

投稿: せとともこ | 2009.08.15 16:01

せとさん、ご無沙汰しています。がんです。

今回の台風は、少なくとも私の四国地方に関して言えば風が少なく、雨台風でありましたので、直接的な被害は少なかったのです。
ですが、心配なのはむしろこれからで、冠水や予定外の湛水により野菜類は根の活力が失われ、根腐れ性の病害などによる目に見えにくい被害がじわじわとボディーブローのように効いてくると思われます。

また、長雨のために軟弱徒長気味に生長したため、見た目の生長は早く、ネギなどは出荷がかなり前進し、梅雨の間に予定より早く出荷されてしまったため今は出荷物が不足しており、野菜価格が上昇してきたにもかかわらず、農家は出荷するものがないという状況でもあります。

食糧自給率に関する考え方については、自分のブログに以前書きましたので、ここでは触れませんが、今の農業が徐々に衰退していっているのはアメリカの豊かさの真似をして大量消費社会へ邁進してきた結果だろうと思っています。
かの国のように大量消費に即した工業的大量生産農業ができるのならともかく、日本の立地的、民族的、歴史的条件からしてそれは(少なくとも現時点では)不可能だと思います。
つまり、消費者も意識を転換する必要があり、そのためにはやはり政治の主導も必要であると思うんですが、そこまで踏み込んで考えてくれる政治家は今のところ日本にはいないようです・・・。

日本には日本の豊かさがあり、そこのところをきちんと理解できていないと、それに即した政策は打ち出せないと思っています。
まぁ、政治だけに頼ることなく、消費者ももっと勉強して自分の頭でものを考えて物事を選ぶ努力をするべきなんでしょうね。

投稿: がん | 2009.08.16 00:13

がんさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
お久しぶりですね、、、お元気でしたか?

御地は夏の暑さは如何でしょうか?
ようやく夏らしくなりましたが、災害が多いですね。
がんさんも、これから、いよいよお忙しい時期をお迎えと思います。
どうぞご無理なさらないように。


さて、実はこのエントリーを書いたときは、あなたの事を思い出していてトラックバックをお送りしようと思いつつ、出掛ける間際でバタバタしていました。
あなたからは農業のことでは意見交換の中で学ぶことばかりで、私は本当に刺激を受けています。

「日本には日本の豊かさがあり、そこのところをきちんと理解できていないと、それに即した政策は打ち出せないと思っています。
まぁ、政治だけに頼ることなく、消費者ももっと勉強して自分の頭でものを考えて物事を選ぶ努力をするべきなんでしょうね。」
との結び。

本当にそうだと思います。
そのためにも正しい情報を得ることの必要を切に感じます。
以前、リスク管理について考えました。
この問題についても、また記事にしますので、その折はご意見お聞かせくださいね。
では、、、
季節がらくれぐれもご自愛を。

投稿: せとともこ | 2009.08.16 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/45885411

この記事へのトラックバック一覧です: 農業の行方:

» 拉致問題を金で買ったのか? [逝きし世の面影]
『小泉政権が北朝鮮に100億ドルを支払う約束』産経新聞(2008.12.12 ) 日本人拉致問題をテーマに、東京都内で12日に開かれたシンポジウム「北朝鮮の現状と拉致被害者の救出」(家族会、救う会、拉致議連主催)に、北朝鮮の朝鮮労働党の対南工作機関「統一戦線部」出身で現在、韓国の情報機関、国家情報院傘下の研究機関で北朝鮮分析を担当する張哲賢氏が参加した。 張氏は、金正日総書記が日本人拉致を認めた「理由」や金正日体制の政策決定のシステムなどについて証言。 「韓国も日本も金正日独裁体制について誤解があ... [続きを読む]

受信: 2009.08.12 08:57

« 叙述トリック | トップページ | 中尊寺のハス »