« 農業の行方 | トップページ | 雨の奥入瀬 »

2009.08.13

中尊寺のハス

3814629072_6715dab601

写真は中尊寺ハスです。
撮影は夫です。
このハスは800年前の種から育ったハス。
しかもその種は秀衡の棺と共に納められていた「首桶」から見つかったものです。
時代を超えて今、咲いているハス。
ハスは極楽浄土の花とされていますが、さてさて如何でしょうか?
空に向かい凛と気品高く咲く様を、カメラはとらえることができました。
この記事はまた時間があるときゆっくりと書きますので、
今日はここまで。

|

« 農業の行方 | トップページ | 雨の奥入瀬 »

コメント

中尊寺ハスですか‥とても綺麗ですね!空に向かうハスの花というアングルが好いですね。岩手県は私の思い出の土地です。
集中豪雨で岡城址近くの国道で土砂崩れがあり5~6台の車が押し流されましたが幸い軽い怪我程度で済み安堵しましたが、神戸の佐用町は大変ですね…一刻も早い行方不明者の発見を祈ります。
叙述のエントリーは何度も見て悩み、考えが纏まりませんでした。叙述の定義?は映像では表せない文章のトリックと聞きますが、映像化した作品は数多く在りますので???
ミステリーは大好きで色々読みますが、宮部みゆきの超能力を取り混ぜた作品に一時期嵌まり、今でも新刊が出る度読んでいますが…今は芥川賞・直木賞作品と好きな時代小説をアマゾンに注文し到着待ちです。
意外とというか、其れなりにというか、ミーハーで浪花節タイプの読書好きです。
夜は短し歩けよ乙女も注文しようと思ったのですが、次回に延期です。(購読予算一ヶ月1万円)

投稿: よ | 2009.08.13 11:34

よさん。
こんにちは。
お返事遅くなりごめんなさい。


「集中豪雨で岡城址近くの国道で土砂崩れがあり5~6台の車が押し流されましたが幸い軽い怪我程度で済み安堵しました」とのことですが、これはこの記事ですね↓
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/114559

よさんのお近くだったのでしょうか?
心配です。
後片付けが、これまた大変なんですよね。
どうぞ、ご無理なさらないでください。


ところでよさんは岩手に素敵な思い出がおありなのですか(o^-^o)
中尊寺、素晴らしかったです。
そのあと八戸、十和田、田沢と参りましたが、東北は本当に優しい。
と、改めて思いました。


それから、よさんって、本当に小説がお好きなのですねヽ(´▽`)/
宮部みゆきは社会派で、私も火車や理由、長い長い殺人などを読みました。
目のつけどころがドキリとしますね。
またお時間のあるときでも、ご感想などお聞かせくださいね。
ではまた。

投稿: せとともこ | 2009.08.15 16:13

せとさん。今日は。

美しく捉えられた蓮の空に、絢爛豪華な平泉文化が浮かんで来るようです。ご夫君のカメラの腕は名人の域ですね。
あの平泉の田畑に義経、弁慶も含めて、軍勢の鬨の声が聞こえてくるようです。弁慶の死闘も目前にする思いです。

800年の、封建社会から資本主義社会までの、長い眠りから覚めた蓮は、当時のつわものどもに代わって現代の市民どもが行っているたたかいをどのように見ているのでしょうか。鬨の声と選挙カーの呼び声を比べ。願わくばこれからも発展する歴史の証人になってもらいたいものだと思いました。(^o^;

#旅の後は何かと慌しいものですね。ご自愛のほどを。


投稿: hamham | 2009.08.18 11:56

hamham さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
お盆は如何お過ごしでしたか?
お孫さんにお会いになりましたか???

今年は冷夏のようで、なかなか暑くはなりませんが、
それでも、自然は夏。蝉が一生懸命泣いています。
そして、
蝉とともにガンガンと選挙カーも大声で走り抜けています。
「願わくばこれからも発展する歴史の証人になってもらいたいものだと思いました。(^o^;」


はい。
私も、そうです!!!
ミィイイイン、ミィイインと平和と生活の向上を訴えていきたいですね、、、

お互い、頑張りましょうね♪
ではまた。

投稿: せとともこ | 2009.08.18 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/45913569

この記事へのトラックバック一覧です: 中尊寺のハス:

» 差別用語としての『共産党』 [逝きし世の面影]
『マスコミの差別語狩り』 今の新聞などの主要マスコミやテレビなどの映像メディアでは『差別は悪である』との名目で様々な『言葉狩り』が行われ、『めくら蛇に怖じず』など元々の日本語の多くが使えない(強性的な自主規制)由々しき状態で、これに怒った作家の筒井康隆が断筆宣言までする騒ぎも起きている。 村野瀬玲奈の秘書課広報室の2009-08-08記事『共産党差別』や愚樵空論の2009-08-10記事『Re:共産党差別』で共産党差別を論じている。 総選挙直前のこの時期に、今回、村野瀬さんや愚樵さんは本当に... [続きを読む]

受信: 2009.08.15 09:43

« 農業の行方 | トップページ | 雨の奥入瀬 »