« 国内最古の石器か? | トップページ | 選択的夫婦別姓「法案」提出へ »

2009.09.30

アフガニスタン増兵???

アフガン増派に慎重論続出 EU国防相らと言うニュース。
==============
【ブリュッセル=共同】欧州連合(EU)加盟国の国防相らは28日、米政府が検討中のアフガニスタンへの兵力再増派について一様に慎重な姿勢を示した。非公式国防相理事会が開かれたスウェーデンのイエーテボリで記者団に語った。
ロイター通信によると、850人を派兵しているデンマークの国防相、約2000人を出しているオランダの国防相はそろって「これ以上の増派は難しい」と断言。欧州では最大規模の約3100人を派兵しているイタリアの国防次官も、増派に否定的な見方を示した。アフガンで17日にイタリア軍兵士6人が自爆攻撃で死亡して以降、イタリアでは撤退論、削減論が高まっている。
EUのソラナ共通外交・安全保障上級代表も「欧州各国は3万人以上派遣している」と述べ、欧州の貢献を強調した。
(上記ニュースより)
================

と、言うことで、
「アフガニスタンでの北大西洋条約機構主導の軍事部隊に増派すること」に懐疑的な意見が大勢を占めたようです。

これに先立ちNATO事務総長「アフガン支援、戦闘より訓練部隊の拡充を」と言う報道がありました。
==============
【ワシントン=弟子丸幸子】訪米中の北大西洋条約機構(NATO)のラスムセン事務総長は28日のワシントン市内での講演で、アフガニスタン情勢に絡んで、アフガン軍の訓練任務を拡充する必要があるという考えを表明した。欧州の加盟国にとっては戦闘部隊より訓練部隊の増派のほうが受け入れやすいとの判断を示した。主要メディアによると、情勢が悪化するアフガン対策で現地の米軍は増派を要請している。
講演でラスムセン事務総長は「欧州は戦闘部隊よりも訓練任務のほうが貢献しやすいと思う」と語った。欧州各国は訓練目的の要員派遣や資金援助ならば要請に応じやすいと説明した。「米国内にNATO(からの協力)への疑念があることは理解している」と述べながらも、米国以外のNATO加盟国もアフガンでは多大な犠牲を払っていると強調。そのうえでアフガン戦略全体の見直しが必要だと訴えた。
(上記ニュースより)
===============

と、言うことで、
もはや戦闘のために派兵することは各国にとっても大きな負担であるということです。

9月の初めの空爆も国際社会から批判を受けたものでした。
この時は、
スウェーデンのストックホルムで開かれたEU外相会議に出席したフランスのクシュネル外相は以下のように述べています。
〜〜〜空爆は「大きな誤り」であり、欧州のアフガン戦略は「アフガン人と協力することで、アフガン人を爆撃することではない」〜〜〜
スウェーデンのビルト外相も、
〜〜〜〜「一人の死であってもそれは悲劇であり、国民を殺すのでなく、なによりもまず保護しながらでないと、この戦争には勝利できない」〜〜〜

ただ、この時はドイツとイギリスは空爆を認める発言を行い世論に訴えましたが、
両国とも、
全面的な支持をすることは憚れ、それぞれに世論への配慮をみせています。

なにしろ、NATO攻撃による民間人の犠牲者が日々増え、今や国際的に問題になっているアフガニスタン問題。

国際治安支援部隊のマクリスタル司令官がアフガンへの増派が必要だとする内容の報告書をオバマ米大統領に提出したこともあり、
今後の動きに注目です!!!

|

« 国内最古の石器か? | トップページ | 選択的夫婦別姓「法案」提出へ »

コメント

 中東問題ってねぇ、根本的にはキリスト教徒ユダヤ教徒イスラム教の、もとはといえばおなじ宗教の仲間割れ、いいかえればご宗旨あらそいだと思う。無宗教国家のこの国がつきあう理由はない。しいて言えば、沿岸を通るシーレーンは国益と直結しているから警戒するのと、原油の確保もそれとおなじだから、入手ルートを確保するのと…両方ともビジネスライクに割り切った対応を、あらかじめ宣言しておく。
 道楽半分のNGOが出て行くのは勝手だが、自己責任はあらかじめ覚悟してもらいたいし、政府を道連れにするのだけはやめてほしいと思う。

投稿: 罵愚 | 2009.09.30 18:56

宗教の問題、難しいですね。

投稿: せとともこ | 2009.10.01 06:00

 先生も政治問題ではない、やっぱりこれは宗教問題だとお考えですか?

投稿: 罵愚 | 2009.10.01 08:01

いろんな側面があるんでは、、、、と思います。

投稿: せとともこ | 2009.10.01 10:43

 宗教以外には、石油の争奪戦と植民地時代の遺恨…これだって、結局は宗教と石油に収斂されてしまうのだろうから、つまるところ宗教と石油以外にはないとも言えるんじゃぁないでしょうか?

投稿: 罵愚 | 2009.10.02 06:17

 だとしたらですよ、石油は多少高値でも安全な港で買うことができるでしょうから、油井の争奪戦に参入することはないわけだ。あんなぶざまな戦争は欧米や共産支那にまかせておけばいい。そして、それ以上に宗教紛争には巻き込まれたくない。
 つまり日本は、中東戦争から手を引くべきだと思う。イスラム原理主義の活動が宗教紛争か平和破壊なのかの判断なんて、日本がやる必要もなければ、できるものでもない。日本からみれば、ビンラディンとダライラマが別人か同一人物かなんてことはわかりはしないのだ。

投稿: 罵愚 | 2009.10.03 16:53

>つまり日本は、中東戦争から手を引くべきだと思う。

賛成です!!!
私もそう思います。

投稿: せとともこ | 2009.10.03 17:26

 『道楽半分のNGOが出て行くのは勝手だが、自己責任はあらかじめ覚悟してもらいたいし、政府を道連れにするのだけはやめてほしいと思う』についても賛成していただけますか?

投稿: 罵愚 | 2009.10.04 05:53

あなたと私が全て同じ意見である必要はありません

投稿: せとともこ | 2009.10.04 13:19

税金を大量につぎ込んだ割には大して役にも立たず、対費用効率がなってない自衛隊派遣して、せっかくNGOが築いた現地での信頼を壊し、彼らの活動を危険に晒して邪魔するようなことだけは止めて欲しい。そんな金があるなら、遥かに現地での実績があるペシャワール会などのNGOをもっと支援した方が、はるかに対費用効果が期待できる。

と、私は思いますね。

投稿: Looper | 2009.10.05 11:17

 「あなたと私が全て同じ意見である必要はありません」が、どこがちがっているのか、その理由ぐらいは教えてもらえませんか?

投稿: 罵愚 | 2009.10.05 13:12

Looperさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

私もLooperさんの言われる事に賛成です。
自衛隊が血税を投入して現地で行ったことは何か?
派遣当時から注目していましたが、
現地への難民救援の物資は何ももっていかないと指摘されていたことを思い出します。
比較して、
アフガン難民支援のペシャワール会。
持ち出し、手弁当で難民のために活動していることは周知の事実です。
伊藤医師のことを思い出しますが、こうした素晴らしい方々の活動は現地で深く支援されていると聞くと、日本人としてはとても嬉しいものがあります。
また、地雷撤去もNGOの活動です。

NGOの方がったの活動には本当に頭がさがり、敬意を表します。
Looperさんが言われるように、こうした活動こそ国としても支援を贈ることができたらと、私も思います。

また、アドバイスなどありましたっら、よろしくお願いいたします。
では、、またね!

投稿: せとともこ | 2009.10.05 13:16

この問題については、私はLooperさんと同じような立場です。

投稿: せとともこ | 2009.10.05 13:29

 そりゃぁ先生、また矛盾していませんか?あなたは「日本は、中東戦争から手を引くべきだ」というわたしに「賛成です!!!私もそう思います」といって、賛成してくれているのです。それと同時に「こうした活動こそ国としても支援を贈ることができたらと、私も思います」は、ダブルスタンダードになりませんか?

投稿: 罵愚 | 2009.10.05 15:54

今朝の読売新聞7面
「タリバンは住民と同化すすむ」でした。爆弾仕掛けるの手伝うやタリバンかくまうなのだそうです。

見えない敵との戦いとあります。

この状況では、記事から考えると戦いをさらにアップするとますます住民に犠牲者増えて反感かいそうです。

記事では住民とタリバンの引き離しは困難とあります。

投稿: あゆ | 2009.10.08 08:57

追伸

民間支援団体は住民に溶け込み、日本の伝統技術をいかして寄付や給付でなく、住民の自立支援してますよね。

心配なのは政府介入?です。いいかどうか別にして、テロリストがどうみるのかです。
政府と関係ならいくら当人が無関係にすすめてもタリバンが手先とみなしたら大変!

投稿: あゆ | 2009.10.08 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46351761

この記事へのトラックバック一覧です: アフガニスタン増兵???:

» 歴史の真実は磐石 沖縄県民の人間の尊厳をかけたたたかい 沖縄戦「集団自決」の記述から「軍命」を削除した教科書検定意見を撤回せよ 文科省は小細工を弄すな [ブログ blog で 情報交換]
11万6千人の沖縄県民が怒りを結集した「教科書検定意見の撤回を求める9・29県民 [続きを読む]

受信: 2009.09.30 13:54

« 国内最古の石器か? | トップページ | 選択的夫婦別姓「法案」提出へ »