« 終末医療 | トップページ | イラン:中距離ミサイル試射と言うニュース »

2009.09.28

なんとなくツラツラと

いや、、、、、、
ムカデ。
洗濯物にバッチリ、ついていました、、、、、
ウワァ、、、、ンです。
今、住んでいるところは緑がいっぱいの自然満載のところです。
朝、窓を開けると、緑がババ〜〜〜ンと目に入り、
すごく良い所でお気に入り。
ですが、
ですが、、、、
自然がいっぱいなので、ムカデやヤスデ、カメムシ、ナメクジ、、、、
も大手(?)いや、
百本分の足を広げて、壁やら洗濯物に。

あああああ、、、、、
以前カメムシの季節がきました、、、フッ〜〜〜とか、
カメムシ き たぁーーーとかとか書いたのですが。
今年もまた、こうした小動物とのお付き合いの季節が来ました。

そう言えば今日はニワトリの日。
まぁ、験直しに鶏頭の俳句でも書いておきましょう。

鶏頭の十四五本もありぬべし(子規)

この俳句、鶏頭を詠んだものとしては、とても有名で教科書にも出てくるのですが、
実は私。
あまり、この俳句の面白さが分からないのですが、
が、
こうした写実的で、何気ないところがいいんでしょうか?????
ううううう〜〜〜〜〜ん。

と、思いきや、実はこの俳句。
論争の種だったのです。
あまてるさんと言う方のブログに詳しくその経緯が書かれています。
なるほど。
私だけではなかったのだ、、、、
フムフム。
ところで、学校ではどんな風に教わったんだろうか????
覚えていないのですが。


いずれにしても、
分かんないことはわかんない。
知ったふりは、しなくてもいいということで。

|

« 終末医療 | トップページ | イラン:中距離ミサイル試射と言うニュース »

コメント

ムカデ、怖いですよねぇ。オレの今の住居も草深いところにあるので夏場になるとムカデが攻めてくるんですが、ムカデは見た目がキモいと謂うだけではなく、凶暴な肉食動物で毒を持っていると謂うところが危ないですね。ウチは世間知らずな猫が動くものに興味を持つので、寧ろそっちのほうが怖いです。

肉体構造が強靱で、スリッパで叩いたくらいではまず死なないと謂うのもおそろしいところです。なんか慣れている人に聞くと、頭部を切断するのが一番だと謂う話なんですが、どうやって咬まれずに頭部を切断するのか疑問に感じます(笑)。人間のように圧倒的に巨大な相手にも平気で向かってきますからねぇ。

ウチではスリッパで踏みつぶしておいて、動きが鈍ったところをターボライターで焼き殺すと謂う残虐な方法で殺していますが(笑)、そのくらいやらないと死なないのですよねぇ。生き返ってその辺を逃げ回られても困るので、確実に殺すようにしています。ネットで対処法を調べても、「危険なのでまず確実に殺せ」と書いてありますし。

今夏は一匹しか出なかったので幸いでしたが、スリッパの陰に隠れていたので、そのまま履いていたら結構危なかったです。ときどきムカデの毒でアナフィラキシーショックを起こして死ぬ人もいるみたいですし。

投稿: 黒猫亭 | 2009.09.29 06:07

お久しぶりです。
緑に囲まれた我が家でも、いろんな虫が多いですよ。
それに、今年はやたらとムカデに出会うことが多かったです。中には十数センチほどあるのではないかと思うほど、ぶっといものも。
玄関で愛猫が格闘していたこともありました。

なんで今年はこんなにムカデが多いの? と家人と話していたところ。

投稿: とむ丸 | 2009.09.29 11:03

黒猫亭さん。
とむ丸さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

このところ安定していた天気も、今日あたりから崩れそうで、どんよりと曇り、なんだか心淋しくなったりもします。
さて、お二人のコメント、拝見して「いずこも同じ」と思いました。
そうなんですかぁ。
私だけではないんですね。
フムフム。
安心と言うか、ホッ。
小動物との折り合いをつけて生活しなきゃいけませんよね。
人間の方が後から来たのですもんね。


黒猫亭さん>
まやちゃん。
如何ですか?
黒猫さんのまやちゃんに対する思い、伝わりました。
後からコメントをいただいているとむ丸さんも、
本当に華麗な方で、とむ丸ちゃんを抱くと絵になるのですが、猫ちゃんって、とっても魅惑的なのでしょうね。
私は宿舎なので、人間だけのギュギュー生活です(^-^;
あっ、あと「招きもしない小動物」かぁ、、、、、
夢がない。
ははは。

とむ丸さん>
ご無沙汰しています。
お元気でしょうか?
集中豪雨のさいは大変でしたね。
記事を読み、気にしていました。
その後、皆様、お変わりありませんか???
でも、
とむ丸さんちの愛猫ちゃんも、お茶目ですねo(*^▽^*)o
上に書いてくださった黒猫さんちのマヤちゃんは先日、病気で大変でした。
とむ丸さんも、どうぞお大事にしてくださいね。
では、またお声おきかせくださいね。
楽しみにしています!!!

投稿: せとともこ | 2009.09.29 15:13

>せとともこさん

お気遣い戴いて有り難うございます。摩耶のほうはもうすっかり好くなって、いつものように妹苛めに励んでおります(笑)。

摩耶の具合が悪かった頃、とりあえず月夜のほうは後回しにして摩耶にばかり優しくしていたせいで月夜が不満そうにしておりまして、摩耶の体調に心配がなくなってから月夜に優しくしてやると、「病気のときに両親が優しくなる効果」ですっかり我儘になった摩耶が気に入らなくて暴れると謂う、そんなような状況になっております(笑)。

元々世間並みの基準から言ってもこの連中は極端に仲が悪くて、女同士の陰湿な姉妹喧嘩が日常的に横行しているのですが(笑)、まあ飼い主が両方にいい顔をして精々機嫌をとっております。今回のように一旦バランスが崩れると面倒なんですが、元々仲が悪いんだからしょうがないと謂うところですね(笑)。

本題のほうのムカデなんですが(本題なのか?(笑))、大概猫が床の一点をじっと見ているので気附くと謂うパターンなので、ちょっと本気で心配しております。以前poohさんのところでもそんな話をしたんですが、皆さんに過保護だと思われてしまいました。

いや、猫は犬と違って我儘でも飼い主が困るだけなので、過保護でも好いかな、と思うんですが(笑)、オレに何かあって誰かに引き取ってもらわなければならないと謂うことになると、ここまで我儘放題に育てた責任を問われますね(笑)。

投稿: 黒猫亭 | 2009.09.29 23:29

黒猫亭さん。
こんにちは。

そうですか。
よかった!!!

私も安心いたしました(o^-^o)

黒猫さんのすごくきめ細かい愛情があふれるエントリーを拝見するとホッとしていました。
それで、その後のまやちゃんを気にしていたりと、、、、、

それにしても、医療費。
高いですね。
もうちょっとなんとかならんか、、、、
と、思ったりして。

月夜ちゃんも、これでおおっぴらに甘えることができて、さぞや賑やかであろうと想像しています。
いっぱい、いっぱい過保護に育ったまやちゃんと月夜ちゃんによろしく!!!

では、またね♪

投稿: せとともこ | 2009.09.30 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46337215

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなくツラツラと:

» 2009年第141回直木賞受賞作品『鷺と雪』に連なるベッキーさんシリーズ第二弾 『玻璃の天』 [なんでんかんでん]
ウチの馬鹿猫には困ったもんだ…私が読書に耽ると馬鹿猫は暇を持て余してチョッカイを [続きを読む]

受信: 2009.09.28 23:48

« 終末医療 | トップページ | イラン:中距離ミサイル試射と言うニュース »