« なんとなくツラツラと | トップページ | 国内最古の石器か? »

2009.09.29

イラン:中距離ミサイル試射と言うニュース

イラン:中距離ミサイル試射 射程にイスラエルと言うニュース。
=============
イランの国営メディアは28日、同国革命防衛隊がイスラエルを射程に入れる中距離弾道ミサイル「シャハブ3」の発射実験を実施し、成功したと伝えた。同ミサイルの試射は08年7月以来。
革命防衛隊は27日にも短距離と中距離のミサイルをそれぞれ数発試射した。
イラン核問題を巡り10月1日にジュネーブで開かれる米欧など6カ国との協議を前に、軍事力を誇示することで、高まる対イラン制裁強化論議をけん制する狙いもあるとみられる。
シャハブ3の射程は1300~2000キロとされ、イスラエルはじめペルシャ湾岸諸国にある米軍基地も射程に収める。今回の実験で発射場所など詳細は明らかにされていない。
(上記ニュースより)
=============
ムムム、、、、、、

一体、何を考えているのか?

やはり誰でもが思うのは「ウラン濃縮施設などの核問題」。
国際社会の中で孤立を狙っているんだろうか?
と、思うくらいイランの今回のミサイル発射は不可解です。

ウウウウ〜〜〜〜ム。

米「また挑発的行動」と非難 イラン弾道ミサイル発射と言う報道にもあるように、
まるで「挑発」と解釈されても仕方がないような暴挙です。
アメリカもギブズ報道官は、
「イランが発射したのは中距離弾道ミサイルだったから、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を想定した東欧でのミサイル防衛(MD)施設建設を撤回して、イージス艦による短・中距離弾道ミサイル迎撃に主眼を置くよう方針転換したことが「(正しかったと)証明された」
と胸を張ったと上記ニュースは伝えていますが。
そんなことで胸を張るなよなぁ、、、って感じ。
胸を張るなら「積極的に国際社会の平和のために貢献する。ゆえに核兵器や通常兵器は廃止、廃絶の方向にいく」とか言って欲しいものですが、、、、、

この発言を見ながら、
それにしても、アメリカよ。
なんと「存在の耐えられない平和」であることかぁ、、、、、
とため息が出たりします、、、、、、、、

核兵器廃絶を謳って全世界を感動させたオバマ大統領のプラハ演説。
さらに、先頃の国連安保理での格調高い演説。
この素晴らしいリーダのもと、
アメリカには、あと一歩も二歩も前進して欲しいと思います。
イラク戦争のあやまちをしっかりと踏まえ、
国際社会、国連主導での粘り強い対話を求めます。

さて、ちょっと話は横道。
チェコの作家、ミラン・クンデラを思い出しました。
彼は「存在の耐えられない軽さ」でニーチェを出し、以下のように問う。

「永劫回帰の世界では、われわれの一つ一つの動きに耐えがたい責任の重さがある。
もし永劫回帰が最大の重荷であるとすれば、われわれの人生というものはその状況の下では素晴らしい軽さとしてあらわれうるのである」
と。

ウウウウウウ〜〜〜〜ム。

このニュース自体とはなんら然関係ないのですが、なんとなく思い出したクンデラ。
そして、そこから当然のようにニーチェ。
多分、チェコだからか、プラハだからか????

いずれにしても、
戦争と平和。
永劫回帰ではないが、綱引きではありそうです。
だからこそ、
それゆえ、
平和は眠りを許さない、という思いをいつも抱いて、
不断に声をあげていきたいと思う私です。


|

« なんとなくツラツラと | トップページ | 国内最古の石器か? »

コメント

 「かねに恨みは、かずかずござる」というせりふには、おそらく大多数の共感が得られると思う。しかし、だからといって、世の中からお札をなくしてしまえば問題が解決するというものではない。おなじように、核兵器をなくしてしまえば、問題は解決する…地球平和が将来するものだろうか?の疑問はある。核兵器の非人道性は否定しないが、非核兵器で殺されるのなら我慢するというものでもない。アウシュビッツや東京大空襲の被害者が広島や長崎より幸福な終末だったと考える平和主義者はいないのだ。平和の構築と核廃絶は別次元の話題になると思う。
 そう考えると、安全保障や自衛権の問題は、依然として残る。核に対する抑止力は核にしかないという前提にたてば、核廃絶は核保有国にとって自衛力を減退させて、不安定要素の拡大につながらないだろうか。黒人大統領が、そこのところをどう考えているのかは、知る由もないが、核強国の国民がもつ不安感は理解はできなくても考慮する必要はある。
 もうひとつ、核抑止力は核にしかないという妄信への疑問。広島長崎への運搬手段は航空機だった。いまではそれがミサイルに変わっている。いずれにしても、核は廃絶できなくても、運搬を阻止できれば抑止は成立するわけだ。核抑止は核ではなく、運搬を抑止する高性能のミサイルの開発でも達成できることになる。この分野では、わが国も競争に参加できる資格も可能性もある。非核三原則堅持の足元で、武器輸出三原則をなし崩しにしておいたほうがいいのかも…

投稿: 罵愚 | 2009.09.30 05:51

そうですね、、、、、
世界の情勢をみると、一筋縄ではいかないなぁ、、、と、思います。
経済や民族も考慮する必要がありますね。

国内外の今後の動きにも注意です。

投稿: せとともこ | 2009.09.30 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46344270

この記事へのトラックバック一覧です: イラン:中距離ミサイル試射と言うニュース:

« なんとなくツラツラと | トップページ | 国内最古の石器か? »