« 政権交代ですね、、、 | トップページ | 日米関係の行方は??? »

2009.09.03

教育行政はどうなるか???

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。されば天より人を生ずるには、万人は万人皆同じ位にして、生れながら貴賎上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの者を資り、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずしておのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。されども今広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるものあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥との相違あるに似たるは何ぞや。その次第甚だ明らかなり。「実語教」に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとに由って出来るものなり。、、、、、、、」
と、続く「学問のすすめ」。
明治4年、つまり維新直後、福沢諭吉が、おおいに学問をしようと人々を励ましベストセラーとなった名著のあまりに有名な書き出しから今日は、教育の問題について書きます。
小泉内閣以降の4年間で、教育の問題に大きな瑕疵を残したのは、やはり教育基本法の改正でしょうか。
私は当時、この問題にこだわり続け記事を書き続けていました。
================
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新自由主義と教育基本法
新自由主義と教育基本法 その2
新自由主義と教育基本法 その3

科学教育と教育基本法
科学教育と教育基本法 その2
科学教育と教育基本法 その3

教育基本法誕生59年

中教審答申
日本の公教育
ゆとり教育 その1
ゆとり教育 その2
教育基本法
学力低下問題
教育環境の低下
総合学習見直しを検討
関心、意欲、態度ってナ〜〜ニ?
関心 意欲を算数で測る?
全国学力テスト その1からその4まで
基本法より自民党を美しく
教育基本法改悪の時間割り
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
だがしかし、
2006年12月。
教育基本法は改正されました。
多くの矛盾を含みながら、、、、、
そして、その結果の一つが競争。
悪名高き全国テストへと繋がるものでした。
また、学校教育法、地方教育行政法、教員免許法の各改定案などの教育三法案などなど学校の現場に国が介入することがドド〜〜〜ンと多くなりました。
こうして子どもたちの学力だけでなく学校間にも格差が広がりました。
これについては、昨年の末、国際基準である国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「教員の地位に関する勧告」が守られていないとして日本政府に勧告されています。


また国立大学が消え、大学法人になったのは2004年。
あの時も私は大学環境の激変と授業料について書き込みました、、、、

そもそも憲法で保障されている「学ぶ権利」が次第に侵食されつつある今日。
民主党が掲げる子どもたちと世代と親世代への十分な手当てが、
学問への厚く広い層への浸透になることを願ってやみません!!!
今後に注目です。

|

« 政権交代ですね、、、 | トップページ | 日米関係の行方は??? »

コメント

悪夢が・・・。

安倍政権はコピーはとてもいいし、注目もとてもいいです。

うちとかなり一致します。

なのに恐怖政治でした。やめたとき思わずばんざい!しました。

教育改革必要が必要ですが、なぜか逆の方向に・・・。

投稿: あゆ | 2009.09.03 13:22

あゆさん。
本当に過去記事を見ながら、
暗澹たる思いでした、、、、
あの時、どんなに多くの方が声を挙げたか、と思い出しています。

「安倍政権はコピーはとてもいいし、注目もとてもいいです。
うちとかなり一致します。
なのに恐怖政治でした。やめたとき思わずばんざい!しました。
教育改革必要が必要ですが、なぜか逆の方向に・・・。」

そうです。
あの当時、というか多分過去も現在も未来もそれなりに子どもたちの「教育は荒れている」から、それを理由に結局、国家の統制をしたかったからなのでしょうか、、、ねぇ。
子どもが荒れることは、ある意味健全でもあるのですが、、、、

いずれにしても、
少しづつしのびよる「愛国心」は決して平和とは結びつかない物である気がしてなりません。
しっかり、注目ですね!!!

投稿: せとともこ | 2009.09.03 14:52

せとさん。今日は。
時宜を得た、せとさんの教育関連のエントリーの紹介、有難うございます。しっかり勉強させていただきます。 ドンドンドンで行きます。(^O^;
どさくさに紛れて、大事な大事な学校教育が改悪されて来ていると感じております。しかし、改悪の元凶の一つ、自公政権を退場させることに成功しました。明るい未来への確信が漲って来ます。これからですね、まともな学校教育を確立する仕事は。北極星のように、教育の憲法であった旧教育基本法が行く手の空に今なお輝いております。それにしても子ども達はメンコイです。身内の子はいうまでもありませんが、路上におる他所の子ども達もメンコイです。ほんとうに子どもは社会の宝です。つい激励の気持ちで、路上でも声を掛けてしまいます。【憲法で保障されている「学ぶ権利」】、何としてもこれらの可愛い子ども達のために守らなくてはと老骨に鞭を打っております。(`-´;

投稿: hamham | 2009.09.03 16:15

hamham さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

本当に教育の大切さを思うことしきりです。
以前、ここでも何回も討論があったのですがニセ科学の問題にしてもそうです。
科学的に考える、論理的に構築することができない、
感情だけが上すべる、
想像力がない、
耐性がない、、、、、
などなど。
そんな大人たちができ上がらないように、
しっかり、丁寧に育てていくことの大切さを思うものです。

と、言うことでこれからもお互いに励まし、刺激をしあって書いていきましょうね♪
では。

投稿: せとともこ | 2009.09.04 14:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46109300

この記事へのトラックバック一覧です: 教育行政はどうなるか???:

« 政権交代ですね、、、 | トップページ | 日米関係の行方は??? »