« 温室ガス:25%削減決定か? | トップページ | 八ッ場ダム建設、どうなるか? »

2009.09.25

オバマ大統領、安保理での演説

安保理:「核なき世界」決議、首脳会合が全会一致で採択と言うことで、
いよいよ世界は動き出しました!!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国連安全保障理事会は24日午前(日本時間同日夜)、核不拡散・核軍縮に関する初の首脳会合を開き、米国提案の「核兵器のない世界」を目指す決議を全会一致で採択した。議長のオバマ大統領は「この歴史的な決議は、核兵器のない世界を目標にした我々の共通の誓いだ」と述べ、核軍縮の理念を各国が共有し取り組むと宣言した。非常任理事国の日本の鳩山由紀夫首相も出席、「唯一の被爆国として果たすべき道義的責任」を掲げ、非核三原則を堅持し、世界の先頭に立って核廃絶に取り組む決意を表明した。
米大統領が安保理首脳会合を主宰したのは初。同首脳会合は92年からこれまでに計5回開催されたが、核不拡散と核軍縮に特化したものは前例がない。
決議はまず「核拡散防止条約(NPT)の目標に沿って、より安全で核兵器のない世界に向けた条件を構築する」との決意を示した。その上で、(パキスタン、イスラエルなど)NPT非加盟国に加盟を要請▽すべての国が核実験全面禁止条約(CTBT)を批准し条約が早期発効することを要請▽非核兵器地帯条約締結への動きに賛成--などとした。
また、北朝鮮やイランの核問題を念頭に、「核不拡散体制への重大な挑戦への懸念」を示し、来年4月、米国が主催する「核安全保障サミット」への支持も記した。オバマ大統領は会合で、北朝鮮とイランを名指しし今回のものを含む安保理決議の順守を求めた。
オバマ大統領は今年4月、チェコの首都プラハでの演説で、核兵器を使用した国としての「道義的責任」に米国大統領として初めて言及。「核のない世界」を目指すとして、今回の決議案を提出した。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

また、鳩山さんも被爆国としての日本の責任に触れ、積極的に国際社会の平和のために働きかけ「架け橋」となることを強調しました!!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
鳩山首相は会合で、「原爆投下から60年以上たった今日もなお、放射能の被害に苦しむ人々の姿がある」と発言。「指導者の皆さんにも、ぜひ広島・長崎を訪れて核兵器の悲惨さを心に刻んでほしい」と参加国に訴えた。
その上で首相は、オバマ大統領の取り組みが「世界中の人々を勇気づけた」と称賛。「日本は核兵器開発の潜在能力があるにもかかわらず、核軍拡の連鎖を断ち切る道を選んだ」と述べ、被爆国としての果たすべき道義的責任を強調した。また、北朝鮮の核問題にも触れ、「断固として認めるわけにはいかない」と述べた。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これまた大いなる前進を感じます!!!

イランや北朝鮮が、国際社会の取り決めと言うか、決議を尊重して、
廃絶への動きへと行くことを願います。

それにしてもオバマさん。
凄いですね。
国連について「戦争の痛苦の教訓を受け、分断ではなく共同によってこそわれわれの利益を増進できるとの知恵に基づいて設立された」機関であり、「全世界の共同の努力」の場だと指摘、国連の役割を強調。

これは素晴らしい。
国連が国連であることの意義を改めて思うものです。
アメリカが国連主導で国際社会の役割の担うということは、
これに続く多くの国々にとっても大きな力づけです。

また、オバマさん。
21世紀を「どの国も他国を支配できないし、そうしようとすべきでない」時代、
「世界が緊密に連結され、古い南北間の分断が意味をなさない」時代、
「冷戦時代に根を持つ国家間の連携関係が意味をなさない」時代だと指摘。

格調高いですね。
もう一度おさらい。
「どの国も他国を支配できないし、そうしようとすべきでない」時代、
「世界が緊密に連結され、古い南北間の分断が意味をなさない」時代、
「冷戦時代に根を持つ国家間の連携関係が意味をなさない」時代、
それが21世紀であるというのです!!!

愚かで無明であった「戦争と分断」の時代はぬぎ去り、
新しい時代を迎えようと、、、言うのです。

そして、具体的に次のように述べます。
(1)核拡散を食い止め「核兵器のない世界」をめざす
(2)平和を追求する
(3)地球環境を守る
(4)すべての人々にチャンスを与える世界経済。
と。

「核兵器のない世界」を目指せば、それは「平和を追求する」ことになり、
「地球環境」を守ることにも繋がります。
平和で安心で安定な世界なら、今よりは格差や貧困は少なくなり、より多くの人々にチャンスが与えられる世界へと導くことができます。
つまり、
第一歩は、
「核兵器廃絶」です。
核不拡散問題では、「いまや核拡散の危険は増大している」と指摘し、核開発が問題となっている北朝鮮、イランに国際的義務に従うよう求めました。
北朝鮮。
イラン。
今後の動きに注目です!!!
さらに私個人は核兵器も勿論ですが、通常兵器も廃絶、縮小を訴えたいのだが、、、、、
 

オバマさん。
中東和平に対しても従来のアメリカでは考えることが出来なかったような素晴らしい決意を表明。
「米国がイスラエルの安全を保障してもイスラエルが主張通りにパレスチナ人の正当な要求と権利を尊重しないなら、われわれはイスラエルのために尽力はしない」と述べたのです。
会場は大きな拍手で包まれたとのこと。
ううう=====ん。
イスラエルも今まではアメリカというバックがいたので、思う存分暴れて(?)いたのですが、
アメリカ自身が、その言い分に疑問を投げ、場合によってはイスラエルの主張を尊重しないと言うことになれば、、、、
それは国際社会からの孤立でもあることですから、今までのようなやり方を改めていくものと思います。
と、言うか期待します。


そして、オバマ氏さん。
民主主義のあり方にも言及し、「民主主義をある国に外から押し付けることはできない」と主張。
「それぞれの社会は(民主主義の)自分自身の道を探求しなければならない。米国は(ある国がどの道をとるかによって)えり好みをしすぎた」と反省もまじえ述べました。

素晴らしい。
もう一度おさらい。
「民主主義をある国に外から押し付けることはできない」
「それぞれの社会は(民主主義の)自分自身の道を探求しなければならない。米国は(ある国がどの道をとるかによって)えり好みをしすぎた」


そうです。
卑近な例では「正義の押し付け」でもあったイラク戦争を思い出します。
が、
今、
オバマさんは、そのあり方が間違いであったことに気がつき、
その方向を改めようとしています。
それぞれの国、社会、民族の問題は、それぞれの国、社会、民族の構成の人々の願いで進むべきである」
と、言う民主主義の根幹に戻ろうとすることは、
なんと素晴らしいことか!!!!
と、
私はオバマさんの決意に大きな拍手を贈ります。
同時に、
今後の動きにしっかり注目していくことは言うまでもありません。

|

« 温室ガス:25%削減決定か? | トップページ | 八ッ場ダム建設、どうなるか? »

コメント

オバマさんに鳩山首相…すばらしい演説でしたね。ようやく一歩踏み出す足掛かりが出来たようですが、これからが大変です。
「民主主義をある国に外から押し付けることはできない」
「それぞれの社会は(民主主義の)自分自身の道を探求しなければならない。米国は(ある国がどの道をとるかによって)えり好みをしすぎた」
見事な反省と総括ですね。大国アメリカのエゴへの反発も少しは和らぐと思います。が、どうなりますか…

投稿: | 2009.09.25 11:08

よさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。


本当に歴史の大きな流れを感じています!!!

「見事な反省と総括ですね。大国アメリカのエゴへの反発も少しは和らぐと思います。が、どうなりますか…「」


はい。
本当に。

ただ、国内外の抵抗もあるだろうし、、、、、
今後の動きにも注目です。
しかし、
いつも思うのですが、
平和を願う運動と言うか声は絶えず絶えず、、、、
出していく必要を思います!!!

私の声は「ほんのかすりで、ウウウ===ンとちっちゃい」ですが、
出せる限り出していきたい。
そして、
あなたのような方たちと、親しくお話させていただく中で、確信にも似た確かさを感じていきたい、、、、
です。
これからも宜しくお願いいたします!!!

投稿: せとともこ | 2009.09.25 11:39

新聞に載っていました。オバマさんは国内に協力な「抵抗勢力」がありあやうい立場のなかあれだけいえるのはすごいかもしれません。
(多分広島にいくと引き摺り下ろされるかも)

鳩山さんも注目されたようですね。ジャパンナッシングで存在感うすかったけど、久々に日本が存在感でたかも?
日本の首相の演説で外国から多くの拍手受けるのは悪い気はしないです。

投稿: あゆ | 2009.09.25 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46307024

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領、安保理での演説:

» 日米は 既に対等だよ 安保条約第十条 [ブログ blog で 情報交換]
-------------------------第十条(条約の終了)2.もつと [続きを読む]

受信: 2009.09.25 22:09

« 温室ガス:25%削減決定か? | トップページ | 八ッ場ダム建設、どうなるか? »